4236 Movies

蘭の女 Wild Orchid (1990)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ミステリアスな謎の男に翻弄されながら変貌していく女性を描く、主演ミッキー・ローク、キャリー・オーティス、ジャクリーン・ビセット、ブルース・グリーンウッド他共演、監督ザルマン・キングによるラブ・ロマンス。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ザルマン・キング
製作総指揮
ジェームズ・R・ダイアー

デイヴィッド・ソーンダース
製作
トニー・アンソニー

マーク・ダモン
脚本
ザルマン・キング

パトリシア・ルイジアナ・ノップ
撮影:ゲイル・タッターサル
編集
マーク・グロッスマン

グレン・A・モーガン
音楽
サイモン・ゴールデンバーグ

ジェフ・マコーミック

出演
ジェームズ・ウィラー:ミッキー・ローク

エミリー・リード:キャリー・オーティス
クラウディア・デニス:ジャクリーン・ビセット
ジェローム・マクファーランド:ブルース・グリーンウッド
ハンナ・ミュンヒ:アサンプタ・セルナ
オットー・ミュンヒ:オレグ・ヴィドフ
フラヴィオ:ミルトン・ゴンサルヴェス
ロベルト:ベルナルド・ヤブロンスキー

アメリカ 映画
配給 Entertainment Film Distributors

1989年製作 105分
公開
北米:1990年4月27日
日本:1990年5月
北米興行収入 $11,060,490


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
故郷のアメリカ中西部を離れ、弁護士としてニューヨークの会社に採用されたエミリー・リード(キャリー・オーティス)は、社長のクラウディア・デニス(ジャクリーン・ビセット)のアシスタントとなる。

クラウディアは、破産寸前のビーチ・ホテルを買収するためブラジルリオデジャネイロへ飛ぶことになり、エミリーもそれに同行する。

リオに到着した二人は、地元の情報源フラヴィオ(ミウトン・ゴンサウヴェス)の出迎えを受ける。

早速ビーチ・ホテルに向かった三人だったが、交渉相手がブエノスアイレスだと知ったクラウディアは、エミリーにその場を任せ旅立つ。

エミリーは、クラウディアの代わりにある男と会うことになるが、廃墟と化したホテルで激しく愛し合う男女を目撃し動揺してしまう。

クラウディアに言われた男ジェームズ・ウィラー(ミッキー・ローク)に会ったエミリーは、怪しげな彼のペースに巻き込まれそうになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
弁護士でもあるエミリーは、社長クラウディアのアシスタントに採用される。
その後エミリーは、出張先のリオデジャネイロで、クラウディアの代役で、謎の男ジェームズ・ウィラーに接触する。
次第にウィラーに魅了されていくエミリーは、現地の開放的な雰囲気や人々に影響される。
エミリーはウィラーに惹かれ求めるようになる。
しかしウィラーは、なぜかエミリーに関心を示さない・・・。
__________

極め付けのプレイボーイ風のミッキー・ロークが、彼を求める女性を弄ぶように接する姿が、歪んだ愛の表現として、独特の雰囲気を醸し出している。

リオデジャネイロ他の現地ロケで映し出す、開放的な南国のイメージもよく伝わってくる。

ザルマン・キングの独特の性描写も、嫌味なく美しく表現されている。

スマートな顔立ちだった、前年の「ジョニー・ハンサム」(1989)とは違い、ボクシングの影響か、顔がややむくんでいるようにも見えるミッキー・ロークは、性の衝動にかられることのない男という、見かけとは対照的な役柄をクールに演じている。

1992年に彼と結婚するスーパーモデルのキャリー・オーティスは、知的な女性弁護士を演じ、体を張った演技も見せてくれる。

辣腕女社長を貫禄で演ずるジャクリーン・ビセット、そして弁護士役で、まだキャリアの浅いブルース・グリーンウッドも共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020