4296 Movies

ウォッチメン Watchmen (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1986-87年にDCコミックから出版された、アラン・ムーアの原作を、デイヴ・ギボンズの作画で出版されたグラフィックノベルを基に製作された作品。
自警団として活躍したヒーロー・チームの世代が変わり、非合法化された元メンバー殺害事件を発端に展開する、監督ザック・スナイダー、出演マリン・アッカーマンビリー・クラダップマシュー・グードジャッキー・アール・ヘイリージェフリー・ディーン・モーガンパトリック・ウィルソンカーラ・グギノ他共演のサスペンス・ミステリーSFアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ザック・スナイダー
製作
ローレンス・ゴードン

ロイド・レヴィン
製作総指揮
ハーバート・W・ゲインズ
トーマス・タル

デボラ・スナイダー
原作:アラン・ムーア
作画:デイヴ・ギボンズ
脚本
デヴィッド・ヘイター

アレックス・ツェー
撮影:ラリー・フォン
編集:ウィリアム・ホイ
音楽:タイラー・ベイツ

出演
マリン・アッカーマン:ローリー・ジュスペクツィク(シルク・スペクター)
ビリー・クラダップ:ジョン・オスターマン(Dr.マンハッタン)
マシュー・グード:エイドリアン・ヴェイト(オジマンディアス)
ジャッキー・アール・ヘイリー:ウォルター・コバックス(ロールシャッハ)
ジェフリー・ディーン・モーガン:エドワード・ブレイク(コメディアン)
パトリック・ウィルソン:ダニエル・ドライバーグ(ナイトオウル)
カーラ・グギノ:サリー・ジュピター(初代シルク・スペクター)
スティーヴン・マクハティ:ホリス・メイソン(初代ナイトオウル)
ロバート・ウィズデンニクソン大統領
ダニー・ウッドバーン:ビッグ・フィギュア
マット・フルーワー:エドガー・ジャコビ(モーロック)
ローラ・メネル:ジェイニー・スレイター
ロブ・ラベル:ウォリー・ウィーヴァー
ゲイリー・ヒューストン:ジョン・マクラフリン

ジェームズ・マイケル・コナーパット・ブキャナン

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(北米)
パラマウント・ピクチャーズ(世界)
2009年製作 162分
公開
北米:2009年3月6日
日本:2009年3月28日
製作費 $130,000,000
北米興行収入 $107,509,800
世界 $185,258,980


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1930-40年代にかけて、コスチュームとマスクを付けた自警団チームが、アメリカの犯罪と戦った。

世代が変わり、”ウォッチマン”と呼ばれるようになった彼らは、様々な歴史的事件や戦争(ケネディ大統領暗殺ベトナム戦争アポロ計画他)に関わりながら、スーパーヒーローとして活躍していた。

そしてアメリカは、任期制限を撤廃したニクソン大統領の3期目の時代を迎え、ソ連との冷戦が拡大し、核戦争の危険をはらんだ緊張状態が続いていた。
__________

ニクソン大統領とも面識がある謎の人物、エドワード・ブレイク(ジェフリー・ディーン・モーガン)67歳が、ビルの強化ガラスを突き破り、転落死させられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1930-40年代にかけて、ある自警団チームがアメリカの犯罪と戦い、その世代が変わり、”ウォッチマン”と呼ばれるようになった。
彼らは、歴史的事件や戦争に関わりながら、スーパー・ヒーローとして活躍していた。
そして、アメリカとソ連との冷戦が拡大し、核戦争の危険が迫る緊張状態が続いていた。
任期制限を撤廃した、3期目のニクソン大統領とも面識がある、謎の人物エドワード・ブレイク67歳が、転落死させられる。
1985年、非合法化されていた”ウォッチマン”として、今も活動を続けるロールシャッハは、政府特務機関員だったブレイク殺害事件を調査をしていた。
ロールシャッハは、殺害現場に落ちていた、”ウォッチマン”のトレードマーク、”スマイル・バッジ”を見つける。
そしてブロールシャッハは、ブレイクが、不法に活動を続けていた”ウォッチマン”のメンバー”コメディアン”だということを知るのだが・・・。
__________

話題作として期待され3611館で全米公開されるものの、北米興行収入はようやく1億ドル程度に終わり、全世界でも、1億8500万ドルに留まり、予想を下回ってしまったのは残念だ。

1億3000万ドルをかけた、ビジュアル効果に工夫を凝らした映像は部分的には目を見張るところもあるが、監督ザック・スナイダーが「300」(2007)で見せたような、大胆且つ斬新さもなく宣伝・広告で期待させた程の驚きも感じない。

残虐なシーンも多く、ストーリーそのものよりも、登場人物や歴史的事実、当時(半架空)の社会情勢などを理解する予備知識がないと、面白味も半減してしまう。

序盤の、アメリカが体験する様々な歴史的事件に”ウォッチマン”が絡み、当時の懐かしい音楽がバックに流れる各シーンは、実に興味深い。

主演が誰なのかあまり明確でない中で、登場場面の多いローリー役マリン・アッカーマンと、恋人になるパトリック・ウィルソンが、中盤から物語の中心人物として活躍する。

リトル・チルドレン」(2006)で、アカデミー助演賞候補にもなり復活した、ジャッキー・アール・ヘイリーの、殆ど顔を見せない、心に傷を持つヒーロー”ロールシャッハ”の怪演を、個人的に最も高く評価したい。

歴史を変えた世界唯一の超人ヒーローであるDr.マンハッタンのビリー・クラダップ、黒幕のオジマンディアス/ヴェイトのマシュー・グード、初代シルク・スペクター役のカーラ・グギノ、彼女との過去が暴露される、粗暴なヒーロー、コメディアンのジェフリー・ディーン・モーガン、初代ナイトオウルのスティーヴン・マクハティニクソン大統領のロバート・ウィズデン、囚人の大物ボス、ダニー・ウッドバーン、かつての悪党マット・フルーワー、Dr.マンハッタンの元恋人のローラ・メネル、元同僚のロブ・ラベルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020