4214 Movies

逃走車 Vehicle 19 (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

南アフリカで手違いで手配されたレンタカーに乗ったアメリカ人が、地元警察が絡む陰謀に巻き込まれる姿を描く、ポール・ウォーカー主演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ムクンダ・マイケル・デュウィル
製作総指揮:ポール・ウォーカー
製作
ライアン・ヘイダリアン

ピーター・サフラン
脚本:ムクンダ・マイケル・デュウィル
撮影:マイルズ・グッドール
編集:ミーガン・ギル
音楽
ジェームズ・マッテス

ダニエル・マッティ

出演
マイケル・ウッズ:ポール・ウォーカー

レイチェル・シャバング:ナイマ・マクリーン
スミス刑事:ジス・ドゥ・ヴィリエ
警部補:ツェポ・マセコ

アメリカ/南アフリカ 映画
配給 VVS Films

2013年製作 85分
公開
北米:2013年6月14日
南アフリカ:2013年2月7日
日本:2013年2月23日
北米興行収入 $2,145,230


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2011年、南アフリカ共和国ヨハネスブルグ
アメリカ人のマイケル・ウッズ(ポール・ウォーカー)は、パトカーに追われて逃走する。
__________

暫く前。
現地に到着したマイケルは、別れた妻アンジーに連絡を入れてレンタカーの元に向かう。

手配した車と違うことに気づいたマイケルは、担当者に連絡するものの、ターミナルに戻る必要があると言われたためそのまま走り去る。

マイケルは、右ハンドルと左側通行に戸惑いながら市内に入る。

渋滞にはまったマイケルは、アンジーに連絡して遅れることを伝える。

苛立つマイケルは、グローブボックスの携帯電話に届いた、”誰にも知られるな”というメールに気づく。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
南アフリカ共和国ヨハネスブルグ
アメリカ人のマイケル・ウッズは、出所したばかりで釈放条件を破り、別れた妻アンジーが勤務するアメリカ大使館に向かう予定だった。
レンタカーが手配されたものと違うことに気づいたマイケルだったが、急いでいる彼はそのまま走り去る。
市内に入り、車内にあった携帯電話に気づいたマイケルは、”誰にも知られるな”という不審なメールを確認する。
その後、拳銃があることに気づいたマイケルは、かかってきた電話の相手に車を間違えたことを伝えるが切られてしまう。
マイケルは再び電話を受け、相手のスミス刑事から、捜査に使う車だったことを知らされ、指定された場所に向かおうとする。
ところがマイケルは、拘束された女性レイチェルが車内に監禁されていたことに気づく。
レイチェルは、マイケルも犯人一味と思い込むのだが、彼女は、警察上層部が絡む犯罪の証拠を掴んでいた検察局の検事だった。
半信半疑のままマイケルは、スミスに指示された場所に向かうのだが・・・。
__________

ワイルド・スピード・シリーズ」などで活躍する人気スター、ポール・ウォーカーが主演ではあるが、北米でも限定で公開されただけの作品。

製作にも参加したポール・ウォーカーの出演がなければ、B級映画として見過ごしてしまったかもしれない。
しかし、ほぼ全編がレンタカーの車内で展開されるワン・シチュエーション的なストーリーと、派手過ぎず現実味のあるカーアクション、主人公の焦りや勇気を捉えるショットなどを生かす描写など、なかなか興味深い。

出所したばかりで別れた妻を追う、アル中気味のダメ男を演ずるポール・ウォーカーが、雑念を捨てて、勇気を示すクライマックスは見応えある。

40歳の若さで交通事故死した、彼のことを想いながら観ると、感慨もひとしおだ。

警察権力の犯罪を暴こうとして、殺害の危機に遭う検事ナイマ・マクリーン、陰謀を指揮する刑事ジス・ドゥ・ヴィリエ、刑事の暴挙を阻止する警部補ツェポ・マセコなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020