4707 Movies

マイレージ、マイライフ Up in the Air (2009)

2001年に発表された、ウォルター・カーン同名小説の映画化。
合理主義者の”リストラ宣告人”が様々な人間関係を経て人生を考え直す姿を描く、製作アイヴァン・ライトマン、製作、監督、脚本ジェイソン・ライトマン、主演ジョージ・クルーニーヴェラ・ファーミガアナ・ケンドリック他共演のヒューマン・ドラマ。
★★★★

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(ヒューマン)

ジョージ・クルーニー / George Clooney 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ジェイソン・ライトマン

製作総指揮
トム・ポロック

ジョー・メジャック
テッド・グリフィン
マイケル・ビューグ
製作
ジェイソン・ライトマン

アイヴァン・ライトマン
ダニエル・タビッキ
ジェフリー・クリフォード
原作:ウォルター・カーン
脚本
ジェイソン・ライトマン

シェルドン・ターナー
撮影:エリック・スティールバーグ
編集:デナ・E・グローバーマン
音楽:ロルフ・ケント

出演
ライアン・ビンガム:ジョージ・クルーニー

アレックス・ゴーラン:ヴェラ・ファーミガ
ナタリー・キーナー:アナ・ケンドリック
クレイグ・グレゴリー:ジェイソン・ベイトマン
カーラ・ビンガム:エイミー・モートン
ジュリー・ビンガム:メラニー・リンスキー
ジム・ミラー:ダニー・マクブライド
メイナード・フィンチ:サム・エリオット
ボブ:J・K・シモンズ
スティーヴ:ザック・ガリフィアナキス

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

2009年製作 108分
公開
北米:2009年12月23日
日本:2010年3月20日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $83,813,500
世界 $163,227,070


アカデミー賞 ■
第82回アカデミー賞

・ノミネート
作品・監督
主演男優(ジョージ・クルーニー
助演女優(ヴェラ・ファーミガ/アナ・ケンドリック
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
企業の”リストラ宣告人”として、昨年、出張322日をこなしたライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)は、依頼された講演で”バックパックに入らない人生は背負わない”を持論に話を進める。

ダラス
空港のバーで、ライアンは同じく出張で国内を飛び回る女性アレックス・ゴーラン(ヴェラ・ファーミガ)と出会い、レンタカー会社の話をきっかけに意気投合する。

二人は自然の成り行きで愛し合うが、互いの詮索は止め、出張先で割り切った関係になることを約束する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
”リストラ宣告人”のライアン・ビンガムは、独身主義者で、何よりも”フリークエント・フライヤー”(マイレージ・サービス)で1000万マイル貯めることを人生の目標にしていた。
そのため、ライアンは、時間を無駄にすることや不利益な人間関係を嫌っていた。
そんなライアンは、同じく出張で国中を飛び回る女性アレックスと、割り切った関係で付き合い始める。
そんなライアンは、インターネットを使い、人と接しない解雇通達プログラムを考案した新入社員ナタリーを、出張に同行研修させることになる。
ライアンは、その後も続くアレックスとの関係やナタリーとの出張、そして、疎遠気味の家族との再会などがきっかけとなり、自分の人生を見つめ直すのだが・・・。
__________

2年前の「JUNO/ジュノ」(2007)で脚光を浴びたアイヴァン・ライトマンの息子であるジェイソン・ライトマンが製作、監督、脚本を担当し、ほぼ同作のスタッフで作製された作品。

コンピューターによる合理化に対する、人間性との闘いという、作品テーマの一つの部分などは、それほど新鮮味があるとは言えないが、いつの時代でも付きまとう問題として、再確認する意味では面白い内容だ。

JUNO/ジュノ」(2007)と同じく、”やわらかいタッチ”と、淡々と進むテンポの良いドラマ展開の中で、繊細な人間描写と社会問題を鋭く描く、若きジェイソン・ライトマンの感性が光る

第82回アカデミー賞では、受賞は逃すものの、作品、監督、主演男優(ジョージ・クルーニー)、助演女優(ヴェラ・ファーミガ/アナ・ケンドリック)、脚色賞にノミネートされた。

各都市に到着する際の、空撮シーンが非常に美しく印象的で、ロルフ・ケントの軽快な音楽も実に心地よい

落ち着いたやや庶民的なケーリー・グラントという感じのジョージ・クルーニーは、人間味はあるが、効率を重視し過ぎる”普通”の男性を、抑えた演技で好演している。

ケーリー・グラントなら、演じそうにない役柄ではあるが・・・。

私生活の見えない、謎めいた雰囲気の女性を演ずるヴェラ・ファーミガの、演技には思えない、つぶやく様な語り口にはうっとりしてしまう。

清潔感のある、溌剌とした野心家新入社員から、女として、そして人間としても成長していくアナ・ケンドリック、上司ジェイソン・ベイトマン、疎遠に近い主人公の姉役のアイミー・モートン、妹役のメラニー・リンスキー、その婚約者ダニー・マクブライド、主人公憧れの、航空会社チーフ・パイロットのサム・エリオット、解雇される社員J・K・シモンズザック・ガリフィアナキスなどが共演している。

出来の悪いお涙頂戴映画のような邦題は何とかならないものだろうか??


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022