4214 Movies

トゥルー・クライム True Crime (1999)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

長年の勘を信じて殺人事件の真相を解明しようとするベテラン記者の執念を描く、製作、監督、主演クリント・イーストウッドイザイア・ワシントンリサ・ゲイ・ハミルトンジェームズ・ウッズ他共演の社会派サスペンス・ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧
クリント・イーストウッド / Clint Eastwood / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:クリント・イーストウッド
製作総指揮:トム・ルーカー
製作
クリント・イーストウッド

リチャード・D・ザナック
リリ・フィニー・ザナック
原作:アンドリュー・クラヴァン
脚本
ラリー・グロス

ポール・ブリックマン
スティーヴン・シフ
撮影:ジャック・N・グリーン
編集:ジョエル・コックス
音楽:レニー・ニーハウス

出演
スティーブ・エヴェレット:クリント・イーストウッド

フランク・ルイス・ビーチャム:イザイア・ワシントン
ボニー・ビーチャム:リサ・ゲイ・ハミルトン
アラン・マン:ジェームズ・ウッズ
ボブ・フィンドレイ:デニス・リアリー
ルーサー・プランキット:バーナード・ヒル
バーバラ・エヴェレット:ダイアン・ヴェノーラ
シラーマン牧師:マイケル・マッキーン
ヘンリー・ローウェンスティン:アンソニー・ザーブ
デイル・ポーターハウス:マイケル・ジェッター
セシリア・ナッスバウム:フランシス・フィッシャー
ジェーン・マーチ:シドニー・ターミア・ポワチエ
エイミー・ウィルソン:マリッサ・リビシ
ミシェル・ジーグラー:メアリー・マコーマック
ケイト・エヴェレット:フランチェスカ・フィッシャー=イーストウッド
ゲイル・ビーチャム:ペニー・ベア・ブリッジス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1999年製作 127分
公開
北米:1999年3月19日
日本:1999年12月25日
製作費 $55,000,000
北米興行収入 $ 16,649,770


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カリフォルニア州、”サン・クエンティン州立刑務所”。
死刑囚フランク・ルイス・ビーチャム(イザイア・ワシントン)の、刑執行が近づく。

地元新聞社”オークランド・トリビューン”のベテラン記者であるスティーブ・エヴェレット(クリント・イーストウッド)は、バーで、若手記者ミシェル・ジーグラー(メアリー・マコーマック)の愚痴を聞いていた。

ミシェルは、編集長のアラン・マン(ジェームズ・ウッズ)に、ビーチャムの記事を没にされて苛立っていた。

エヴェレットに口説かれたミッシェルは、それを断り帰宅しようとするが、その途中、自動車事故を起して死亡する。

ミシェルが、ビーチャムと面会をする予定だったため、マンはエヴェレットに代わりに取材させようとするが、デスクのボブ・フィンドレイ(デニス・リアリー)は、それに難色を示す。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1995年に発表された、アンドリュー・クラヴァンの同名小説の映画化。

*(簡略ストー リー)
ベテラン新聞記者スティーブ・エヴェレットは、同僚の若手記者の死で、急遽死刑囚ビーチャムの取材をすることになる。
ビーチャムの犯行に疑問を持ち、長年の勘を信じた得ヴェレットは、彼の無実を確信して検証を始める。
しかし、死刑執行までの、残された時間はわずかだった。
捜し当てた、真犯人らしき若者も死亡したことを知り、エヴェレットの期待はは絶望的となる・・・。
__________

70歳を目前にして、精力的に活動を続けるクリント・イーストウッドが、製作、監督、主演を兼ねた意欲作であり、 ひ孫のような実の娘フランチェスカ・フィッシャーや、
既に関係を解消していた彼女の母親であるフランシス・フィッシャー、さらに妻ダイナ・イーストウッドなども起用している。

酒に溺れて女癖の悪いダメな男ながら、その執念で正義感を貫く人物を、イーストウッドは熱演し、娘とのやり取りなどは演技とは思えない、実際の家族そのままの雰囲気が漂う描写が興味深い。

魅力的なキャスティング、クライマックスに向けた緊張感、イーストウッドらしい、皮肉やジョークなども楽しめる作品とはなっているが、5500万ドルかけた製作費を回収することが出来ず、商業的には失敗に終わってしまった作品でもある。

絶望の中で、死を受けとめるしか方法がない死刑囚イザイア・ワシントン、妻リサ・ゲイ・ハミルトン、主人公を厳しい目で見ながらもサポートを続ける編集長のジェームズ・ウッズ、主人公に妻を寝取られ彼を嫌うデスク、デニス・リアリー、死刑囚に同情的な刑務所長バーナード・ヒル、主人公の妻ダイアン・ヴェノーラ、思慮深さの足りない牧師マイケル・マッキーン、判事アンソニー・ザーブ、犯行の目撃者マイケル・ジェッター、検事フランシス・フィッシャーシドニー・ポワチエの娘で、記者仲間シドニー・ターミア・ポワチエ、被害者マリッサ・リビシ、死亡する同僚記者メアリー・マコーマック、そして主人公の娘フランチェスカ・フィッシャー=イーストウッド、死刑囚の娘ペニー・ベア・ブリッジス等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020