4214 Movies

人生の特等席 Trouble with the Curve (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アメリカ、そして世界映画界の至宝クリント・イーストウッドが、自らの直感だけに頼るメジャーリーグのベテラン・スカウトを演じ父娘の絆などを描く、製作、監督ロバート・ロレンツ、 エイミー・アダムスジャスティン・ティンバーレイクジョン・グッドマンマシュー・リラードロバート・パトリック他共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧
クリント・イーストウッド / Clint Eastwood / Pinterest

エイミー・アダムス / Amy Adams / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・ロレンツ
製作総指揮:ティム・ムーア
製作
クリント・イーストウッド

ロバート・ロレンツ
ミシェル・ワイズラー
脚本:ランディ・ブラウン
撮影:トム・スターン
編集
ジョエル・コックス

ゲイリー・D・ローチ
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
ガス・ロベル:クリント・イーストウッド

ミッキー・ロベル:エイミー・アダムス
ジョニー・フラナガン:ジャスティン・ティンバーレイク
フィリップ・サンダーソン:マシュー・リラード
ピート・クライン:ジョン・グッドマン
ヴィンス:ロバート・パトリック
ビリー・クラーク:スコット・イーストウッド
マックス:エド・ローター
スミッティ:チェルシー・ロス
ワトソン:ボブ・ガントン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2012年製作 111分
公開
北米:2012年9月21日
日本:2012年11月23日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $35,754,560
世界 $48,963,140


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アトランタ
メジャーリーグアトランタ・ブレーブス”で長年スカウトを務めるガス・ロベル(クリント・イーストウッド)は、急激な目の衰えを感じる。

法律事務所に勤める、弁護士であるガスの娘ミッキー(エイミー・アダムス)は、7年間精力的に働き、最年少の共同経営者を目指していた。

若くして妻に先立たれ、頑固で無骨な父ガスとは、なかなか打ち解けることのできないミッキーだったが、心の中では老いた彼を気遣っていた。

アトランタ・ブレーブス”GM室。
ガスの親友である上司ピート・クライン(ジョン・グッドマン)は、フィリップ・サンダーソン(マシュー・リラード)から、衰えを隠せないガスを切るべきだと指摘される。

ピートは、有名選手達を発掘したガスの功績を考慮すべきだと反論するが、ジェネラル・マネージャーのヴィンス(ロバート・パトリック)もフィリップの意見を検討する。

その頃ガスは、マイナーでスランプに陥っている、自分が世話をするビリー・クラーク(スコット・イーストウッド)を励ます。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
メジャーリーグアトランタ・ブレーブス”のベテラン・スカウト、ガス・ロベルは、急激な目をの衰えを感じる。
長年の経験と直感を信じ、ハイテク・データなどを信じない頑固なガスは、優秀な弁護士である娘ミッキーとの関係もうまくいっていなかった。
ミッキーは、ガスの上司で親友のピートから、父が解雇される可能性を知らされ彼の身を案ずる。
ある若手強打者のスカウトの件で”ボストン・レッドソックス”と指名争いをすることになったガスは、彼の実力を確認するためノース・カロライナに旅立つ。
医師からガスが失明するかもしれないことを聞いたミッキーは、父の元に向かう。
ミッキーが現れたことを迷惑に思うガスは、自分が発掘したものの故障で選手を諦めた”レッドソックス”のスカウト、ジョニーと再会する。
そしてガスは、ギクシャクしながらも、自分を気遣うミッキーと、選手の評価を始めるのだが・・・。
__________

日本では、「グラン・トリノ」(2008)公開の際、”さらばイーストウッド”と、彼の引退を印象づける、馬鹿げた宣伝をしたことを思い出す。

その後の、クリント・イーストウッドの精力的な活動は、全世界の人々が認めるものであり、彼の映画に対する情熱は、永遠に衰えることはないと感じさせるような作品だ。

共演者であるジョン・グッドマンが、実際にはイーストウッドの息子の年齢(22歳差)なのだから驚きだ。

作品を観る前、ドラマの設定年齢は60代だろうが、80歳を過ぎたイーストウッドが演じなくても良いだろうと思った役柄でと感じた。
しかし、外見は年齢相応だが、彼は、堂々たる風格で見事に演じ切り、製作者も担当した意欲作でもある。

長年、イーストウッド作品で製作を担当していたロバート・ロレンツの、監督としてのデビュー作であり、師弟関係のような二人の、お互いへの気遣いなども感じられる。

やや「グラン・トリノ」(2008)の主人公風でもあり、イーストウッドらしい役柄で、タイプが似ている父娘が、お互いを前にしては考えを伝えられないまま、実は心の中で相手を思い、常に気遣っている様子を伝える、押しつけがましくない描写もいい。

しかし、作品としてはそれほど高い評価も受けることなく、魅力的なキャスティングにも拘わらず、興行的には、全世界でも製作費を回収することができなかった。

製作費 $60,000,000
北米興行収入 $35,754,560
世界 $48,963,140

確執ではないが、自分の生きる道を、他人に干渉されることを嫌う父と打ち解けることができない主人公の娘を、実力派らしく好演するエイミー・アダムス、彼女と惹かれ合うことになる、元野球選手のスカウトを地味に演ずるジャスティン・ティンバーレイク、出世を狙う傲慢なスカウト、マシュー・リラード、主人公を支える親友であり上司のジョン・グッドマン、GM役のロバート・パトリック、主人公が世話をするマイナー・リーガーで、イーストウッドの実の息子スコット・イーストウッド、スカウト仲間のエド・ローターチェルシー・ロス、法律事務所社長ボブ・ガントンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020