4216 Movies

トランジット Transit (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大金を奪った者達の逃走劇に巻き込まれながら犯人に立ち向かう家族の戦いを描く、ジム・カヴィーゼルジェームズ・フレイン他共演の犯罪アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:アントニオ・ネグレ
製作:コートニー・ソロモン
脚本:マイケル・ギルヴァリー
撮影:ヤロン・レヴィ
編集:ウィリアム・イェー
音楽:クリス・ウェストレイク

出演
ネイト・シドウェル:ジム・カヴィーゼル

マレック:ジェームズ・フレイン
アリエル:ディオラ・ベアード
ロビン・シドウェル:エリザベス・ローム
シェーン・シドウェル:スターリング・ナイト
エヴァース:ライアン・ドノフー
ロサダ:ハロルド・ペリノー
ケニー・シドウェル:ジェイク・チェリー

アメリカ 映画
配給 After Dark Films

2012年製作 88分
公開
北米:2012年5月11日
日本:未公開
製作費 $5,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
武装した4人が現金輸送車を襲い、400万ドルが奪われる。

直ちに非常線が張られ、犯人のリーダー、マレック(ジェームズ・フレイン)は、警察の検問に気づき給油所で車を止める。

不動産詐欺で受刑し、仮釈放中のネイト・シドウェル(ジム・カヴィーゼル)は、妻のロビン(エリザベス・ローム)と息子達シェーン(スターリング・ナイト)、ケニー(ジェイク・チェリー)とでキャンプに向かう途中、給油所に立ち寄る。

マレックと恋人アリエル(ディオラ・ベアード)、ロサダ(ハロルド・ペリノー)、ドライバーのエヴァース(ライアン・ドノフー)は、ネイトの車を見て近づく。

その場に警官も現れ、マレックは銃をゴミ箱に捨て、アリエルの考え通り、ネイトらがトイレなどに行っている間に、彼らの荷物に現金を隠して立ち去る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
現金輸送車から400万ドルを奪ったマレックら4人は、非常線が張られた検問を通過する方法を考える。
不動産詐欺で服役して、仮釈放の身のネイト・シドウェルは、家族関係を修復するために、
妻ロビンとシェーンとケニーの二人の息子達と共にキャンプに出掛けようとしていた。
ネイトに目を付けたマレックは、恋人アリエルの提案で、彼らの荷物に現金を隠し、検問を通過しようとする。
それに成功したマレックらは、ネイトの車を追い威嚇する。
現れたパトカーにネイトが止められたため、マレックは走り去る。
仮釈放中のネイトは、違反行為として扱われることを恐れて抵抗しようとしたため、警察署に連行されてしまう・・・。
__________

ノンストップ・アクション的なスリリングな展開、単純に現金を追う犯人達と、家族との関係修復に戸惑いながら行動する夫、そして父親としての切実な思いが描かれている。
そのために命を懸ける、主人公の痛ましい姿が、家族への思いとして伝わるラストは爽やかだ。

暴力犯罪の実刑犯ではないため、それほど威圧感もなく強さも感じない主人公が、普通の男性であるところがいい。
しかし、いざ家族に危険が迫った妻と子が、銃を手に勇ましく犯人達に立ち向かうところも興味深い演出だ。

弱さも感じるものの、家族を守るために死力を尽くす主人公を熱演するジム・カヴィーゼル、恋人(ディオラ・ベアード)を容赦なく殺す、非情でもある冷静な強盗犯のリーダー、ジェームズ・フレイン、主人公の妻役エリザベス・ローム、息子スターリング・ナイトジェイク・チェリー、犯人ライアン・ドノフーハロルド・ペリノーが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020