4315 Movies

トランスフォーマー/ロストエイジ Transformers: Age of Extinction (2014)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ハリウッド最強のヒットメイカー、スティーヴン・スピルバーグマイケル・ベイのコンビによる、メガヒット・シリーズ第4作。
オートボットを利用してトランスフォーマーを開発しよとする組織の陰謀に巻き込まれる親子と手を組むオートボットの戦いを描く、製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、監督マイケル・ベイ、主演マーク・ウォールバーグスタンリー・トゥッチケルシー・グラマーニコラ・ペルツ他共演のSFアクション。


アクション/アドベンチャー

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:マイケル・ベイ

製作
ドン・マーフィ
トム・デサント
ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
イアン・ブライス
製作総指揮
スティーヴン・スピルバーグ
マーク・ヴァーラディアン
ブライアン・ゴールドナー
原作:ハズブロトランスフォーマー
脚本:アーレン・クルーガー
撮影:アミール・モクリ
編集:ウィリアム・ゴールデンバーグ
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー

出演
ケイド・イェーガー:マーク・ウォールバーグ
ジョシュア・ジョイス:スタンリー・トゥッチ
ハロルド・アティンジャー:ケルシー・グラマー
テッサ・イェーガー:ニコラ・ペルツ
シェーン・ダイソン:ジャック・レイナー
ルーカス・フラナリー:T・J・ミラー
ジェームズ・サヴォイ:タイタス・ウェリヴァー
ギル・ウェンブリー:ジェームズ・バックマン
ダーシー・トリル:ソフィア・マイルズ
大統領首席補佐官トーマス・レノン
スー・ユエミン:李冰冰

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2014年製作 165分
公開
北米:2014年6月27日
日本:2014年8月8日
製作費 $210,000,000
北米興行収入 $245,439,080
世界 $1,091,405,100


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
北極
地質学の専門家ダーシー・トリル(ソフィア・マイルズ)は、金属化した恐竜の死骸が発見されたことを知る。

テキサス
調査と開発を兼ねる解体業者のケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)は、相棒のルーカス・フラナリー(T・J・ミラー)と共に廃業した映画館の廃品を回収する。

ケイドは、その場にあったトラックを引き取る。

5年前の戦いで世界は激変し、トランスフォーマーの時代は終わったと考えられた。

トラックを家に運んだケイドは、高校生の娘テッサ(ニコラ・ペルツ)から無駄な物を買ってきたと言われるが、解体してエンジンを売り、プロムのドレスを買ってあげたいことを伝える。

その後ケイドは、土地を買おうとする不動産業者を追い払う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「トランスフォーマー」(2007)
・「トランスフォーマー:リベンジ」(2009)
・「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」(2011)
・「トランスフォーマー/ロストエイジ」(2014)
・「トランスフォーマー/最後の騎士王」(2017)

*(簡略ストー リー)
テキサス
解体業者である発明家のケイド・イェーガーは、妻を亡くし、高校生の娘テッサと暮らしていた。
ある日、廃業する映画館からトラックを引き取ったケイドは、それが、傷ついたトランスフォーマーのオプティマスだったことを知り修理しようとする。
人間を助けたにも拘らずある組織”KSI”に狙われていることで警告を発したオプティマスだったが、仲間達は次々と襲われていた。
KSIの社長ジョナスは、オートボットを捕らえて利用し、開発した可変金属“トランスフォーミウム”で試作機を造ることに成功していた。
政府も絡むこの計画を指揮する元CIAのアティンジャーは、オプティマスを見つけたケイドの元に向かうのだが・・・。
__________

メガヒット「トランスフォーマー」シリーズの第4作で、トランスフォーマーの戦いの物語は前作から継承されてているものの、主人公他、登場人物が一新している。

トランスフォーマーを排除して利用しようとする、政府が絡む組織の陰謀が描かれている。

主人公は、それに巻き込まれる民間人である廃品業者の発明家で、娘を守ろうとする父親の親心なども含めた、人間味を感じさせるドラマも展開する。

そんな親子関係などと異次元のテクノロジーの描写とのマッチングをどう受け止めるか、また、中国資本に配慮し過ぎた内容を受け入れられるかで評価は決まる。

第一作目では衝撃的でもあった映像も見慣れてきてしまったというのが正直なところで、画面全体がドタバタしている印象しか残らない。

北米興行収入は、前作より1億ドル以上減となるが、それでも約2億4500万ドルで、全世界では前作とほぼ同じ10億ドルを超すメガヒットとなった。

うだつが上がらない廃品業者である発明家として登場するマーク・ウォールバーグは、妻を亡くし、年頃の娘(ニコラ・ペルツ)の行動を気にしながら、危険を回避するために奮闘する父親を熱演している。

後半は主人公に協力する悪人ではない人物であるところがポイントで、独自の技術でトランスフォーマーを開発しようとする企業家のスタンリー・トゥッチ、彼と手を組みオートボットの捕獲計画を進めるケルシー・グラマー、主人公の娘のボーイフレンド、ジャック・レイナー、主人公の仕事仲間T・J・ミラー、オートボットを追う組織の実働部隊指揮官タイタス・ウェリヴァー、KSIの研究員ジェームズ・バックマン、地質学の専門家ソフィア・マイルズ大統領首席補佐官トーマス・レノン、KSI中国研究所の責任者李冰冰などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020