4236 Movies

トラフィック Traffic (2000)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1989年にイギリスで放映されたテレビ・シリーズ”Traffik”を基に脚色し製作された作品。
麻薬に絡む事件が三箇所で同時進行して関係していく様を描く、監督、撮影スティーブン・ソダーバーグ、出演ベニチオ・デル・トロトーマス・ミリアンマイケル・ダグラスエイミー・アーヴィングキャサリン・ゼタ=ジョーンズスティーヴン・バウワードン・チードルルイス・ガスマンミゲル・フェラー他によるドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

スティーヴン・ソダーバーグ / Steven Soderbergh 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:スティーブン・ソダーバーグ
製作総指揮
キャメロン・ジョーンズ

グレアム・キング
アンドレアス・クライン
リチャード・ソロモン
マイク・ニューウェル
製作
ローラ・ビックフォード

マーシャル・ハースコヴィッツ
エドワード・ズウィック
原作:サイモン・ムーア
脚本:スティーヴン・ギャガン
撮影:ピーター・アンドリュース
編集:スティーヴン・ミリオン
音楽:クリフ・マルティネス

出演
・メキシコ
ハビエール・ロドリゲス=ロドリゲス:ベニチオ・デル・トロ

マノーロ・サンチェス:ジェイコブ・ヴァルガス
アナ・サンチェス:マリオ・パディラ・サンチェス
アルトゥーロ・サラザール将軍:トーマス・ミリアン
ロザリオ:サルマ・ハエック

・ウェイクフィールド
ロバート・ウェイクフィールド:マイケル・ダグラス

バーバラ・ウェイクフィールド:エイミー・アーヴィング
キャロライン・ウェイクフィールド:エリカ・クリステンセン
セス・エイブラハムズ:トファー・グレイス
ラルフ・ランドリー将軍:ジェームズ・ブローリン
大統領首席補佐官アルバート・フィニー

・アヤラ/DEA
カール・アヤラ:スティーヴン・バウワー

ヘレナ・アヤラ:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
アーニー・メトガー:デニス・クエイド
フランシスコ・フローレス:クリフトン・コリンズJr.
モンテル・ゴードン:ドン・チードル
レイ・カストロ:ルイス・ガスマン
エデュアルド・ルイス:ミゲル・フェラー
ホアン・オブレゴン:ベンジャミン・ブラット

アメリカ 映画
配給 USA Films

2000年製作 147分
公開
北米:2000年12月27日
日本:2001年4月28日
製作費 $48,000,000
北米興行収入 $124,107,480
世界 $207,515,730


アカデミー賞 ■
第73回アカデミー賞
・受賞
監督
助演男優(ベニチオ・デル・トロ)
脚色・編集賞
・ノミネート
作品賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
メキシコティファナ南東32キロ。
警察官ハビエール・ロドリゲス=ロドリゲス(ベニチオ・デル・トロ)と相棒のマノーロ・サンチェス(ジェイコブ・ヴァルガス)は、麻薬の運び屋を逮捕する。

その後、二人は連邦捜査局長官アルトゥーロ・サラザール将軍(トーマス・ミリアン)に車を止められ、後を任せるよう説明受け、彼は容疑者を連行し麻薬を持ち去る。

オハイオ州、コロンバス
ロバート・ウェイクフィールド判事(マイケル・ダグラス)は、麻薬取締対策の最高責任者に任命され、ワシントンD.C.に向かう。

カリフォルニア州、サンディエゴ
麻薬取締局(DEA)の捜査官モンテル・ゴードン(ドン・チードル)とレイ・カストロ(ルイス・ガスマン)は、麻薬の売人に扮し、漁師を装う売人エデュアルド・ルイス(ミゲル・フェラー)に接触する。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
メキシコの警察官ハビエールとマノーロは、邦捜査局長官サラザール将軍に呼び出され、麻薬組織壊滅に協力するよう命ぜられる。
オハイオ州のウェイクフィールド判事は、麻薬取締対策の最高責任者に任命されワシントンD.C.に向かう。
しかし、こともあろうに、父の立場を知りながら、ウェイクフィールドの娘キャロラインは、ドラッグに手を染めていく。
麻薬取締局(DEA)の捜査官ゴードンとカストロは、麻薬の売人に成りすまし、密売人のルイスに近づき逮捕して、組織の情報を聞き出そうとする。
サンディエゴの実力者の妻ヘレナは、夫カールが、DEAに連行されたことで困惑し、夫の仕事が、麻薬の密売だと顧問弁護士アーニーから知らされ驚いてしまう。
ハビエールとマノーロは、殺し屋フランシスコを難なく捕らえてサラザールに気に入られ、組織壊滅に貢献するのだが・・・。
__________

アメリカとメキシコの国境地帯の、巨大な麻薬カルテルの勢力争いに巻き込まれる者達を描く、三つのストーリーが複雑に絡み合うドラマを見事な構成で映し出し、社会問題としての奥深さも感じさせる作品。

物語事態は単純明快で分かり易く、映像から感じられる緊迫感とスリリングな展開など、スティーブン・ソダーバーグの演出手腕は冴え渡る。

また、自ら担当した撮影(ピーター・アンドリュース名)では、三つのストーリーを区別し易くするために、場所ごとに画面に色をつける工夫も凝らされている。

各映画賞で絶賛され、第73回アカデミー賞では、監督、助演男優(ベニチオ・デル・トロ)、脚色、編集賞を受賞した。
・ノミネート
作品賞

興行収入も、北米で約1億2400万ドル、全世界では2億ドルを超すヒットとなった。

・メキシコ
権力の罠にはまり、人生を諦めかけながら自分自身との闘いを続けるメキシコ人警官を好演するベニチオ・デル・トロ、その相棒ジェイコブ・ヴァルガス、その妻マリオ・パディラ・サンチェス、彼ら警官を利用して麻薬組織と手を組み、対立組織壊滅を企む連邦捜査局長官トーマス・ミリアン、組織のボスの愛人サルマ・ハエック

・ウェイクフィールド
麻薬戦争に身を投じようとする麻薬取締対策の最高責任者でありながら、犠牲にしてきた家族の問題も抱える、難しい立場の判事マイケル・ダグラス、その妻エイミー・アーヴィング、麻薬に手を染める娘役を熱演するエリカ・クリステンセン、ボーイフレンドのトファー・グレイス麻薬取締対策の前任者役ジェームズ・ブローリン大統領首席補佐官アルバート・フィニー

・アヤラ/DEA
アメリカ側の麻薬密輸入者スティーヴン・バウワー、逞しいその妻を演ずるキャサリン・ゼタ=ジョーンズは、公開前にマイケル・ダグラスと結婚し、彼の子供を身篭りながら、そのままの役柄を演じた。
その顧問弁護士デニス・クエイドDEA捜査官ドン・チードルルイス・ガスマン、組織の殺し屋クリフトン・コリンズJr.、密売人のミゲル・フェラー、麻薬組織のボス、ベンジャミン・ブラットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020