4219 Movies

ウルフマン The Wolfman (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1941年公開の傑作ホラー映画「狼男」のカート・シオドマクの脚本を基に製作されたリメイク作品。
満月の夜、殺人鬼、狼男”ウルフマン”に変貌する男の苦悩を描く、監督、撮影ジョー・ジョンストン、製作、主演ベニチオ・デル・トロアンソニー・ホプキンスエミリー・ブラントヒューゴ・ウィーヴィングジェラルディン・チャップリンマックス・フォン・シドー他共演のサスペンス・ホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:ジョー・ジョンストン
製作総指揮
ビル・カラッロ
ライアン・カヴァノー

製作
スコット・ステューバー

ベニチオ・デル・トロ
リック・ヨーン
ショーン・ダニエル

原案:カート・シオドマク
脚本
アンドリュー・ケビン・ウォーカー

デビッド・セルフ
撮影:シェリー・ジョンソン
編集
デニス・ヴァークラー

ウォルター・マーチ
マーク・ゴールドブラット
メイクアップ
リック・ベイカー

デイヴ・エルシー
音楽:ダニー・エルフマン

出演
ローレンス・タルボット/ウルフマン:ベニチオ・デル・トロ
ジョン・タルボット卿:アンソニー・ホプキンス

グエン・コンリフ:エミリー・ブラント
フランシス・アバライン警部:ヒューゴ・ウィーヴィング
マレーヴァ:ジェラルディン・チャップリン
シン:アート・マリック
ベン・タルボット:サイモン・メレル
ソラーナ・タルボット:クリスティーナ・コンテス
ローレンス・タルボット(幼少期):マリオ・マリン=ボルケス
ベン・タルボット(幼少期):エイサ・バターフィールド

汽車の乗客:マックス・フォン・シドー(DC版)
ジプシーの男:リック・ベイカー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2010年製作 103分(DC:119分)
公開
北米:2010年2月12日
日本:2010年4月23日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $61,937,500
世界 $139,789,770


アカデミー賞 ■
第83回アカデミー賞
・受賞
メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1891年、イングランドブラックムーア
ベン・タルボット(サイモン・メレル)が、森の中で獣のような男に襲われ殺されてしまう。

1ヵ月後、ロンドン
ベンの婚約者グエン・コンリフ(エミリー・ブラント)は、彼の兄で舞台俳優のローレンス・タルボット(ベニチオ・デル・トロ)を訪ねる。

グエンは、ベンが行方不明だということをローレンスに伝えるが、公演があるという理由で、彼はその相談に乗ろうとしない。

しかし、グエンの話を気にしたローレンスは、25年ぶりに故郷ブラックムーアに向かおうとする。

途中、汽車の車内で、老人(マックス・フォン・シドー)に語り掛けられたローレンスは、彼からステッキを贈られるが、それを断り眠ってしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
舞台俳優ローレンス・タルボットは、弟が行方不明になったことを婚約者グエンから知らされる。
長年、家族と疎遠だったローレンスは、グエンへの協力を拒むが、その後それが気になり故郷に向かう。
しかし、弟は無残な死体で見つかり、その犯人が満月の夜に犯行を繰り返す、獣、狼男ではないかと言う噂が流れる。
迷信を信じローレンスをよそ者として扱う村人達は、必要以上に彼を警戒する。
母親の自殺以後、ローレンスは父親ジョンと疎遠だったのだが、弟の形見からジプシーとの関係を知る。
そしてローレンスは、ジョンの忠告も聞かずにジプシーの集落を訪ね、そこで狼男/ウルフマンに襲われてしまう・・・。
__________

VFXアーティストのジョー・ジョンストンが、最新の視覚効果技術を駆使した意欲作で、1億5000万ドルの巨費を投じた超大作。

魅力的な出演者など話題も多い作品ではあったが、北米興行収入は約6200万ドル、全世界でも1億4000万ドル弱に留まり、結局は製作費を回収することが出来なかった。

第83回アカデミー賞では、メイクアップ賞を受賞した。
リック・ベイカーデイヴ・エルシーの、くど過ぎない特殊メイクが見所の一つであり、ミステリアスなムードで迫るダニー・エルフマンの音楽も印象に残る。

恐ろしい殺人鬼に変身しながら、人間の心を失わない主人公ベニチオ・デル・トロの、エキゾチックな雰囲気が役柄にマッチした熱演が光る。

近年のホラー作品で、彼を凌ぐスターはいないと言っていいほど、その圧倒的存在感で作品を引き締めているアンソニー・ホプキンス、あらゆる役柄をこなし芸幅の広さを示す実力派、美しきヒロインのエミリー・ブラント、ウルフマンを追い詰め勇敢に立ち向かう警部ヒューゴ・ウィーヴィング、ジプシーの老女役のジェラルディン・チャップリン、タルボット城の使用人役アート・マリック、主人公の弟役のサイモン・メレル、母親クリスティーナ・コンテス、ディレクターズ・カット版で登場する、汽車の乗客マックス・フォン・シドー、ベン・タルボットの幼少期役でエイサ・バターフィールドそして特殊メイクのリック・ベイカーもジプシー役て登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020