4218 Movies

ザ・ウォード The Ward (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

自身の作風を貫く、鬼才ジョン・カーペンターの9年ぶりの作品
精神科病院に入れられた女性の身に起きる不可解な事件、そしてその恐怖を描く、アンバー・ハードメイミー・ガマーダニエル・パナベイカー他共演のサスペンス・ホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・カーペンター
製作総指揮
デヴィッド・ロジャース

アダム・ベタリッジ
リッチ・コーワン
製作
ダグ・マンコフ

ピーター・ブロック
マイク・マーカス
アンドリュー・スポールディング
脚本
マイケル・ラスムッセン

ショーン・ラスムッセン
撮影:ヤーロン・オーバック
編集:パトリック・マクマーン
音楽:マーク・キリアン

出演
クリステン:アンバー・ハード

エミリー:メイミー・ガマー
サラ:ダニエル・パナベイカー

ゾーイ:ローラ=リー
アイリス:リンジー・フォンセカ
アリス・ハドソン:ミカ・ブーレム
タミー:サリー・セイラー
ストリンガー医師:ジャレッド・ハリス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2011年製作 88分
公開
北米:2011年7月8日
日本:2011年9月17日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $7,760


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1966年、ノース・ベンド精神科病院。
女性患者タミー(サリー・セイラー)が何者かに殺される。

8月8日、オレゴン州、ノース・ベンド
放火犯として逮捕されたクリステン(アンバー・ハード)は、精神科病院に入れられ、”ウォード”(監禁病棟)に収容される。

翌日、様子を見に来たストリンガー医師(ジャレッド・ハリス)に、クリステンは、夜中に誰かが来たことを伝える。

ストリンガーは、部屋には鍵がかけられていたかを確認する。

同じ病棟の、エミリー(メイミー・ガマー)やサラ(ダニエル・パナベイカー)、アイリス(リンジー・フォンセカ)、ゾーイ(ローラ=リー)らと顔を合わせたクリステンは、その後、ストリンガーの診察を受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1966年、オレゴン州、ノース・ベンド
若い女性クリステンは放火をして逮捕され、精神科病院に入れられて、”ウォード”(監禁病棟)に収容される。
その日からクリステンは、誰かが部屋に現れたような感じがしたため、それを医師ストリンガーに確認する。
同じ病棟には4人の女性患者がいて、クリステンは彼女らと親交を深めるでもなく、解放されることだけを考える。
その後、クリステンはシャワー室で、人とは思えないものに襲われ怯えてしまい、電気ショック療法を受ける。
ストリンガーのグループ・セラピーで”タミー”という患者の存在を知り、そして患者のアイリスが姿を消してしまう。
アイリスが描いていた絵の中の、恐ろしい姿で描かれた”アリス・ハドソン”が気になったクリステンは、自分の部屋にあったアリスのブレスレットのキューブの文字が、”ALICE”だと気づく。
そしてクリステンは、アイリスを捜して病棟から逃げることを考えるのだが・・・。
__________

ジョン・カーペンターの演出は、可もなく不可もなしといったところだろうか、オーソドックスな恐怖描写に終始ししている。
健在ぶりを見せてくれたということで、ファンを喜ばせてくれた。

恐怖シーンも控えめで、内容にそれほど新鮮味もなく、主人公が、多重人格者だろうということも途中で分かってしまい、ラストも想像ができる。
しかし、ファンにとっては、ジョン・カーペンターがメガフォンを握ってくれるだけで嬉しいはずで、まだ老け込む年でもない、彼の今後の活躍を期待したい。

撮影当時63歳。

アメリカ本土では、公開されたとは言えない程度の扱いで、全く収益の上がらなかった作品。

どこか不可解な行動が、その正体の決め手となるアンバー・ハード、いつまでたってもメリル・ストリープの娘と言われてしまう、患者?メイミー・ガマーダニエル・パナベイカー、ローラ=リー、リンジー・フォンセカ、サリー・セイラー、患者本人ミカ・ブーレム、医師ジャレッド・ハリスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020