4234 Movies

マクベス The Tragedy of Macbeth (1971)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1606年頃に書かれたと言われているウィリアム・シェイクスピアの戯曲”マクベス”を基に、世界中で何度も映画化されている中で、鬼才ロマン・ポランスキーが監督、脚本による注目の問題作。
三人の魔女から、領主となり国王になると予言された、スコットランドの武将、マクベスの運命を描く、主演ジョン・フィンチフランセスカ・アニスマーティン・ショウニコラス・セルビー共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ロマン・ポランスキー
製作総指揮:ヒュー・ヘフナー
製作:アンドリュー・ブラウンズバーグ
原作:ウィリアム・シェイクスピアマクベス
脚本
ロマン・ポランスキー

ケネス・タイナン
撮影:ギルバート・テイラー
編集:アラステア・マッキンタイア
音楽:ザ・サード・イアー・バンド

出演
マクベスジョン・フィンチ

マクベス夫人:フランセスカ・アニス
バンクォーマーティン・ショウ
ダンカン王ニコラス・セルビー
ロス:ジョン・ストライド
マルコムステファン・チェイス
ドナルベインポール・シェリー
マクダフ:テレンス・ベイラー
マクダフ夫人:ダイアン・フレッチャー
フリーアンス:キース・チェグウィン

イギリス/アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1971年製作 140分
公開
イギリス:1972年2月2日
北米:1971年10月13日
日本:1973年7月7日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
11世紀。
激しい戦いを終えたスコットランド軍は、国王ダンカン(ニコラス・セルビー)に勝利の報告をする。

戦いの勝利に大きく貢献した将軍マクベス(ジョン・フィンチ)は、共に戦ったバンクォー(マーティン・ショウ)と共に、雨の中、三人の魔女に出会う。

マクベスは、コーダーの領主、そして王になると魔女に予言され、バンクォーは王にはなれないが、子孫が王になると言われる。

魔女達は地下に姿を消し、二人は、半信半疑で笑いながらその場を去る。

野営地に着き夜を明かしたマクベスは、ダンカン王の使者ロス(ジョン・ストライド)から、武勲により、コーダーの領主となることを言い渡される。

マクベスは驚き、バンクォーは、考えを発展させ過ぎると、王になることを期待してしまうと言って忠告する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
11世紀。
激しい戦いの勝利に貢献したスコットランドの武将マクベスは、盟友バンクォーと共に三人の魔女に出会う。
マクベスは、コーダーの領主、そして王になると魔女に予言され、バンクォーは、王にはなれないが子孫が王になると言われる。
半信半疑の二人だったが、翌日マクベスは、予言通りにコーダーの領主となることを言い渡されて驚いてしまう。
王になる期待も脳裏を過るマクベスは、それを冷静に受け止め、ダンカン王に謁見して妻の元に戻る。
強かなマクベス夫人は、野心家でないマクベスに代わり、ダンカン王の暗殺を考える。
王を迎えての宴が開かれ、計画実行に戸惑うマクベスだったが、妻に促されてそれを実行し、手を地に染めて予言を実現させるのだが・・・。
__________

本作は、1970年の11月から撮影は始まるのだが、ロマン・ポランスキーは、その前年の8月、妊娠中の妻シャロン・テートを、チャールズ・マンソンらに殺害されている。

衝撃的な事件による、心の傷を負ったまま撮影に臨んだロマン・ポランスキーの作風は、事件の影響か、ホラー映画のような残虐シーンが多く見られるところに注目したい。

また、シェイクスピアの舞台劇という考えにこだわらない、ポランスキーの現実的な映像表現も見どころの一つだ。

製作には男性誌”PLAYBOY”の発行者ヒュー・ヘフナーも参加している。

イギリス各地で行われた、自然や城を生かした撮影、セットなども見事で、重厚感のある作品に仕上がっている。

007シリーズの”ジェームズ・ボンド”役の候補にもなった、主人公のマクベスを演じたジョン・フィンチは、魔女の預言に翻弄されながら、武将としての勇気も併せ持つ人物を、情感溢れる演技で熱演している。

夫を王にするために暗殺計画を考える強かな妻フランセスカ・アニス、主人公の盟友であるバンクォーマーティン・ショウダンカン王ニコラス・セルビー、その下臣ジョン・ストライド、王子マルコムステファン・チェイスドナルベインポール・シェリー、貴族マクダフのテレンス・ベイラー、その妻役ダイアン・フレッチャーバンクォーの息子キース・チェグウィンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020