4294 Movies

胸に輝く星 The Tin Star (1957)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

バーニー・スレイターとジョエル・ケインの原案をダドリー・ニコルズが脚色し、ジョージ・シートン製作、名匠アンソニー・マンが監督した、人種問題や人としての倫理感などをストレートに描く、主演ヘンリー・フォンダアンソニー・パーキンスベッツィ・パーマー他共演の正統派西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト ■
監督:アンソニー・マン
製作
ウィリアム・パルバーグ

ジョージ・シートン
原作
バーニー・スレイター
ジョエル・ケイン
脚本:ダドリー・ニコルズ

撮影:ロイヤル・グリッグス
編集:アルマ・マクローリー
音楽:エルマー・バーンスタイン

出演
モーグ・ヒックマン:ヘンリー・フォンダ

ベン・オーエンス:アンソニー・パーキンス
ノナ・メイフィールド:ベッツィ・パーマー
キップ・メイフィールド:マイケル・レイ
バート・ボガーダス:ネヴィル・ブランド

ジョセフ・マッコード医師:ジョン・マッキンタイア
エド・マクギャフィー:リー・ヴァン・クリーフ
ミリー:メアリー・ウェブスター
クレム・ホール:ラッセル・シンプソン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1957年製作 93分
公開
北米:1957年10月23日
日本:1957年12月


アカデミー賞 ■
第30回アカデミー賞
・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ある町に現れた、賞金稼ぎのモーグ・ヒックマン(ヘンリー・フォンダ)は、保安官ベン・オーエンス(アンソニー・パーキンス)に、殺害した指名手配犯を引き渡し賞金を得ようとする。

町の人々は、流れ者のヒックマンを厄介払いしようとするが、犯人の確認をするため彼は翌日まで待たされることになる。

ホテルで宿泊を断られたヒックマンは、町の入り口の納屋に向かい、犯人のいとこバート・ボガーダス(ネヴィル・ブランド)と対面し、そこも追い出される。

その納屋にいた少年キップ・メイフィールド(マイケル・レイ)を、町外れの家まで送ったヒックマンは、彼の母親ノナ(ベッツィ・パーマー)に歓迎され、泊めてもらうことになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
元保安官の流れ者で、賞金稼ぎのモーグ・ヒックマンは、保守的な町にたどり着き、暫く滞在することになる。
ヒックマンは、当然のごとく人々から疎外され、町外れに住む未亡人ノナと息子キップの家に泊めてもらうことになる。
ノナは、当初ヒックマンを歓迎できずにいたのだが、彼が妻子を亡くした身の上と知り同情する。
その後ヒックマンは、若くて非力な保安官オーエンスに加勢して、彼の命を助ける。
そして、オーエンスに見込まれたヒックマンは、彼に、保安官としての心得の伝授を求められるのだが・・・。
__________

第30回アカデミー賞では、脚本賞にノミネートされた。

いかにも人生に影のありそうな、賞金稼ぎの男が、未熟な臨時保安官との親交を深めながら、その成長を見守り、彼の手で町の秩序の回復を果たさせるという、深みのあるストーリー、一つの考えを貫く洞察力のある男の、微動だにしない視線、そして焦点の定まらない若者の心理描写など、派手さを抑えた、アンソニー・マンの繊細な演出は冴え渡る。

1960年代以降に、独特の音楽スタイルでオリジナリティーを発揮する前の、エルマー・バーンスタインの楽曲も新鮮だ。

物腰や目の動き、そして後ろ姿、セリフを語らずとも、その人物の精神的逞しさや、人生の年輪を感じさせる、ヘンリー・フォンダの見事な演技は観る者を唸らせる。

やんちゃな若者が自分なりに考え、そして徐々に成長していく保安官を好演した、若きアンソニー・パーキンスが、その後の町の平和を担うに相応しい人物として描かれる、清々しいラストも実にいい。

亡くなった夫が先住民だったために、町外れでひっそりと暮らすベッツィ・パーマーとその息子マイケル・レイ、保安官の座を狙う人種差別主義者ネヴィル・ブランド、町の人格者として人望の厚い医師役のジョン・マッキンタイア、駅馬車の襲撃犯人役リー・ヴァン・クリーフ、保安官の恋人メアリー・ウェブスター、他、ラッセル・シンプソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020