4216 Movies

三銃士 The Three Musketeers (1948)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

何度も映画化されている、1844年に発表されたアレクサンドル・デュマ・ペールの小説”三銃士”を基に製作された作品。
銃士となることを心に誓った青年が、最高の銃士と言われるアトス、ポルトス、アラミスと共に、国王の宰相の陰謀に立ち向かう姿を描く、監督ジョージ・シドニー、主演ラナ・ターナージーン・ケリージューン・アリソンヴァン・ヘフリンヴィンセント・プライス他豪華スター競演のMGMによるアクション大作。


アクション/アドベンチャー
ジーン・ケリー / Gene Kelly / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョージ・シドニー
製作:パンドロ・S・バーマン
原作:アレクサンドル・デュマ・ペール三銃士
脚本:ロバート・アードリー
撮影:ロバート・H・プランク
音楽:ハーバート・ストサート

出演
ミレディ/ウィンター伯爵夫人:ラナ・ターナー
ダルタニアン:ジーン・ケリー
コンスタンス・ボナシュー:ジューン・アリソン
アトス:ヴァン・ヘフリン
ルイ13世フランク・モーガン
アンヌ・ドートリッシュアンジェラ・ランズベリー
リシュリューヴィンセント・プライス
ポルトス:ギグ・ヤング
アラミス:ロバート・クート
プランシェ:キーナン・ウィン
バッキンガム公ジョン・サットン
トレヴィル:レジナルド・オーウェン
キティ:パトリシア・メディナ
ジュサック:ソル・ゴース
王妃の侍女:マリー・ウィンザー

アメリカ 映画
配給 MGM
1948年製作 125分
公開
北米:1948年10月20日
日本:1952年1月17日
製作費 $4,474,000
北米興行収入 $8,412,000


アカデミー賞 ■
第21回アカデミー賞
・ノミネート
撮影賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1625年、フランス王国
イングランドではウィリアム・シェイクスピアが活躍し、アメリカが未開拓だった時代、ガスコーニュの村ではある若者が旅立とうとしていた。

青年ダルタニアン(ジーン・ケリー)は、銃士になるためにパリに向かう。

途中ダルタニアンは、ミレディ/ウィンター伯爵夫人(ラナ・ターナー)の従者に侮辱され、父から渡された剣を抜こうとする。

貴婦人は、ダルタニアンが王のスパイであるかを確かめさせる。

痛めつけられたダルタニアンは剣を奪われ、その後、銃士隊の本部に到着する。

最高の銃士アトス(ヴァン・ヘフリン)、ポルトス(ギグ・ヤング)、アラミス(ロバート・クート)の報告を受けていた隊長トレヴィル(レジナルド・オーウェン)と面会したダルタニアンは、銃士に志願するものの相手にされない。

トレヴィルは、ダルタニアンがウィンター伯爵夫人を目撃したことを知り、彼を候補生にすることを伝えて国王の元に向かう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1625年、フランス王国
ガスコーニュの村から旅立った青年ダルタニアンは、銃士になるためにパリに向かう。
銃士隊の本部に着いたダルタニアンは候補生になり、最高の銃士アトス、ポルトス、アラミスと諍いを起こすものの、剣の腕を認められ銃士となる。
その後ダルタニアンは、家主の娘で、国王ルイ13世の后アンヌの侍女コンスタンスに恋してしまう。
その頃、宰相でもある枢機卿リシュリューは、権力を手中にするため、謎の伯爵夫人ミレディを使い陰謀を企てていた・・・。
__________

有名な物語の映画化で、国王の護衛銃士隊の活躍を描く内容は、美しいテクニカラーの映像と共に活劇映画として十分に楽しめる。

第21回アカデミー賞では、撮影賞(カラー)にノミネートされた。

ジョージ・シドニーの演出はやや単調だが、銃士の活躍を単純に描いているのではなく、権力を手中にようとする悪魔のような宰相が、これまた魔女のような妖艶な美女を使い繰り広げる展開は盛り上がり、スパイ劇を見ているような面白さがある。

タイトルは”三銃士”だが、ファースト・クレジットは謎の伯爵夫人である悪女を妖艶に演ずるラナ・ターナーで、当時のトップスターである彼女の魅力を十分に生かしている。

主人公を演ずるジーン・ケリーの、歌わない体を張ったパフォーマンスは圧巻で、ユーモアを交えた愛嬌のある表情、曲芸のようなアクロバチックな身のこなし、そして見事な剣術など、正に最高のエンタティナーとして大活躍する。

主人公ダルタニアンと愛を深める王妃の侍女ジューン・アリソン、三銃士アトスのヴァン・ヘフリン、ポルトスのギグ・ヤング、アラミスのロバート・クート、国王ルイ13世フランク・モーガン、王妃アンヌ・ドートリッシュアンジェラ・ランズベリー、宰相である枢機卿リシュリューヴィンセント・プライス、主人公の召使キーナン・ウィンバッキンガム公ジョン・サットン、銃士隊隊長レジナルド・オーウェン、伯爵夫人のメイド役パトリシア・メディナ、宰相の家臣で剣客のソル・ゴース、王妃の侍女である宰相のスパイ、マリー・ウィンザーなど、豪華スター競演も注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020