4238 Movies

スパイダーウィックの謎 The Spiderwick Chronicles (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

妖精観察図鑑を見つけた少年が、要請に誘拐されたという大叔父の謎を探ろうとする姿を描く、監督マーク・ウォーターズ、主演フレディ・ハイモアサラ・ボルジャーメアリー=ルイーズ・パーカーニック・ノルティジョーン・プロウライトデヴィッド・ストラザーン他共演のファンタジー。


ファンタジー


スタッフ キャスト ■
監督:マーク・ウォーターズ
製作総指揮
フランク・マーシャル
キャスリーン・ケネディ
製作
マーク・キャントン

エレン・ゴールドスミス=ヴィーン
ラリー・J・フランコ
キャリー・カークパトリック
原作
ホリー・ブラック
トニー・ディテルリッジ
脚本
キャリー・カークパトリック

デヴィッド・バレンバウム
ジョン・セイルズ
撮影:キャレブ・ デシャネル
編集:マイケル・カーン

音楽:ジェームズ・ ホーナー

出演
ジャレッド/サイモン・グラース:フレディ・ハイモア
マロリー・グレース:サラ・ボルジャー
ヘレン・グレース:メアリー=ルイーズ・パーカー
マルガラス:ニック・ノルティ
ルシンダ叔母:ジョーン・プロウライト
アーサー・スパイダーウィック:デヴィッド・ストラザーン
シンブルタック(声):マーティン・ショート
ホグスクイール(声):セス・ ローゲン
リチャード・グレース:アンドリュー・マッカーシー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

2008年製作 95分
公開
北米:2008年2月14日
日本:2008年4月26日
制作費 $90,000,000
北米興行収入 $71,148,700
世界 $162,839,670


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
双子のジャレッドとサイモン(フレディ・ハイモア/ニ役)、姉マロリー(サラ・ボルジャー)は、母ヘレン・グレース(メアリー=ルイーズ・パーカー)と4人で、ニューヨークから、叔母ルシンダ(ジョーン・プロウライト)の家に引っ越してくる。

ルシンダは、父親アーサー・スパイダーウィック(デヴィッド・ストラザーン)が、妖精に誘拐されたと言って精神病院に入れられていたため、その家は空き家だった。

母や姉に心を開かかず、一人浮いた存在のジャレッドは、壁の中に何かがいる気配を感じ、ほうきの枝でつつくがヘレンに止められる。

マロリーとサイモンもそれに気づき、3人は壁の中から食事用のリフトを見つける。

マロリーとサイモンは、そそくさとその場を離れ、鍵を見つけたジャレッドは、興味本位でリフトに乗り階上に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
双子のジャレッドとサイモン姉マロリーは、母ヘレンと4人で、ニューヨークから引っ越して来る。
そこは叔母ルシンダの家であり、彼女は、父親アーサー・スパイダーウィックが、妖精に誘拐されたと言って精神病院に入れられてため、その家は空き家だった。
その後、ジャレッドは何か異変を感じ、隠されていた屋根裏部屋を見つける。
ジャレッドはそこで、字が書ける妖精シンプルタッグに遭遇し、”この図鑑を読むべからず・・”という警告書と共に、封印されていた妖精観察図鑑を見つける。
そしてジャレッドは、その図鑑の封印を解いてしまい、それが大叔父アーサーが、妖精について記録した資料だと知るのだが・・・。
__________

エンドロールの妖精達の映像や、ジェームズ・ホーナーの音楽がとても美しいファンタジーだが、結構グロテスクな怪物のような妖精が出てくるので、小さなお子様にはきついかもしれない。

実際親子連れで見に来ていた観客は、劇場を出たり入ったりで忙しそうだった。

北米興行収入は約7100万ドルに留まるが、全世界では、約1億6300万ドルのヒットとなった。

フレディ・ハイモアの双子の二役が、とても合成に見えないところは見事。
顔は似ているが(似ていて当たり前)、全く違う俳優が演じているように見える。

シリアスな演技を得意とするデヴィッド・ストラザーンが、珍しくファンタジーに出演ということで注目していたが、さすが実力派だけに、冷静な人物を抑えた雰囲気で好演している。

ニック・ノルティの出演も楽しみにしていたが、こちらは、ほんのわずかな特別出演程度で、ややがっかり。
彼もファンタジーというイメージでないので、怪物妖精という役どころがまずまず似合ってはいる。

本作には、二つの親子愛が描かれている。

いかにも現代風のジャレッドの、両親の仲違いによる母子に生じる亀裂と和解、そして、80年振りに再会して幸せを取り戻す父娘の絆は涙を誘う。

また、お気づきだと思うが、製作者のフランク・マーシャルと妻キャスリーン・ケネディが、自ら手がけた「E.T.」(1982)を意識したであろうラスト・シーンは、四半世紀前の感動を想い出し、思わずホロリとさせてくれる。

全く予備知識がなく見たもので、少年の父親役で、いい中年になってしまったアンドリュー・マッカーシーが登場したのにも驚いてしまった。

主人公を、わがままだと決め付けている姉サラ・ボルジャー、母メアリー=ルイーズ・パーカー、深い演技を見せる叔母のジョーン・プロウライト、妖精の声を担当するマーティン・ショートセス・ローゲンなどが登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020