4504 Movies

ゴールデン・リバー The Sisters Brothers (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

殺し屋の兄弟と彼らに追われる黄金採掘の新手法を考え出した化学者らの運命を描く、監督、脚本ジャック・オーディアール、製作、主演ジョン・C・ライリーホアキン・フェニックスジェイク・ギレンホールリズ・アーメッドルトガー・ハウアー他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト
監督:ジャック・オーディアール

製作
ジョン・C・ライリー
パスカル・コシュトゥー
グレゴワール・ソルラ
ミヒェル・メルクト
マイケル・デ・ルカ
アリソン・ディッキー
製作総指揮
ミーガン・エリソン
チェルシー・バーナード
サミー・シアー
原作:パトリック・デウィットThe Sisters Brothers
脚本
ジャック・オーディアール
トマ・ビデガン
撮影:ブノワ・デビエ
編集:ジュリエット・ウェルフラン
音楽:アレクサンドル・デスプラ

出演
イーライ・シスターズ:ジョン・C・ライリー
チャーリー・シスターズ:ホアキン・フェニックス
ジョン・モリス:ジェイク・ギレンホール
ハーマン・カーミット・ウォーム:リズ・アーメッド
メイフィールド:レベッカ・ルート
売春婦:アリソン・トルマン
提督:ルトガー・ハウアー
シスターズ夫人:キャロル・ケイン
シスターズ:イアン・レディントン
イーライ・シスターズ(少年期):アルド・マランド
チャーリー・シスターズ(少年期):テオ・エグザルコプロス
レックス:リチャード・ブレイク
クォーレル:クリード・ブラットン

フランス /アメリカ 映画
配給
Mirror Releasing(北米)
UGC Distribution(フランス )
2018年製作 121分
公開
フランス :2018年9月19日
北米:2018年9月21日
日本:2019年7月5日
製作費 $38,000,000
北米興行収入 $3,143,060
世界 $13,143,060


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1851年、オレゴン準州
ガンマンのイーライ(ジョン・C・ライリー)とチャーリー(ホアキン・フェニックス)のシスターズ兄弟は、”提督”と呼ばれる男(ルトガー・ハウアー)に雇われる殺し屋だった。

提督と話したチャーリーは、ハーマン・カーミット・ウォーム(リズ・アーメッド)という男を殺すよう指示され、彼を追っている連絡係のジョン・モリス(ジェイク・ギレンホール)の元にイーライと共に向かう。

モリスは、幌馬車隊と共にゴールドラッシュに沸くサンフランシスコに向かうウォームを監視しながら後を追い、マートル・クリークに着く。

ウルフ・クリーク
ウォームから話しかけられたモリスは、マートル・クリークにいたことを伝えて、彼と意気投合して親しくなり行動を共にすることになる。

モリスは、そのことをシスターズ兄弟に知らせて、ジャクソンビルに向かう。

化学者のウォームは、化学的に金を探す方法をモリスに話す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
1851年、オレゴン準州
殺し屋の兄弟イーライ・シスターズとチャーリーは、”提督”と呼ばれる男に雇われていた。
連絡係のモリスからの情報を受けながら、金採掘の新手法を考案した化学者ウォームを追うイーライとチャーリーは、ゴールドラッシュで湧くサンフランシスコに向かおうとする。
モリスは、ウォームを監視している間に親しくなり、理想のコミュニティーを作る考えのある彼に賛同し、提督の指示を無視して手を組むことにする。
その件を知ったイーライとチャーリーは、その後も2人を追のだが・・・。
__________

2011年に発表された、パトリック・デウィットの小説”The Sisters Brothers”を基に製作された作品。

主演のジョン・C・ライリーの制作会社の作品で、ジャック・オーディアールが脚本を兼ねた西部劇であり、実力派スター豪華競演も話題になった。

作品は各方面で好評価を受け、ジャック・オーディアールは、第75回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)を受賞し、金獅子賞にもノミネートされた。

殺し屋がターゲットを追う単純な内容の物語ではなく、追う身と追われる側が協力し合う展開に発展する異色の西部劇は、ジャック・オーディアールの繊細な人物描写とメリハリのある演出と共に、見応えある作品に仕上がっている。

上記のように、実力派スターそれぞれが個性を活かし、見事な演技を見せている。

主演のジョン・C・ライリーは、殺し屋ではあるものの実は平凡な人生を望み、危険人物である弟の監視役として仕方なく仕事を請け負う男う好演し、その弟を演ずるホアキン・フェニックスは、飲んだくれで荒っぽい男を熱演している。

2人の連絡係としてターゲットを追うものの、彼の人間性に惹かれて協力者となるジェイク・ギレンホール、3人のターゲットである化学者で、理想社会を実現するコミュニティーを作ろうとするリズ・アーメッドメイフィールドの町の支配者レベッカ・ルート、彼女に雇われている売春婦のアリソン・トルマン、主人公らに指示を出すルトガー・ハウアー、主人公の母親キャロル・ケイン、父親のイアン・レディントン、主人公らの少年期アルド・マランドとテオ・エグザルコプロス、主人公らの仲間だが終盤で対決するリチャード・ブレイク、酒場の客クリード・ブラットンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021