4238 Movies

マーシャル・ロー The Siege (1998)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

テロリストの行動を徹底的に洗い攻撃を阻止しようとするFBIテロ対策本部捜査官が、暗躍する身勝手な外交と強行政策に翻弄されながら事件を解決していく姿を描く、製作、監督、脚本エドワード・ズウィック、主演デンゼル・ワシントンアネット・ベニングブルース・ウィリス他共演の社会派サスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

デンゼル・ワシントン / Denzel Washington 作品一覧
ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:エドワード・ズウィック
製作総指揮:ピーター・シンドラー
製作
リンダ・オスト

エドワード・ズウィック
原作:ローレンス・ライト
脚本
メノ・メイエス

エドワード・ズウィック
撮影:ロジャー・ディーキンス
編集:スティーヴン・ローゼンブラム
音楽:グレーム・レヴェール

出演
アンソニー・ハバード:デンゼル・ワシントン

エリース・クラフト/シャロン・ブリジャー:アネット・ベニング
ウィリアム・ダヴロー将軍:ブルース・ウィリス
フランク・ハダッド:トニー・シャローブ
サミール・ナジデ:サミー・ブワジラ
カリル・サラー:アーシフ・マンドヴィ
シーク・アーメッド・ビン・タラル:アーメット・ベン・ラービー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1998年製作 116分
公開
北米:1998年11月6日
日本:2000年4月15日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $40,932,370
世界 $116,672,910


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
サウジアラビア
アメリカ軍基地が爆破されて、犯行の首謀者が、イラクイスラム原理主義者の僧侶シーク・アーメッド・ビン・タラル(アーメット・ベン・ラービー)と断定される。

クリントン大統領は、直ちにそれがテロリストの犯行だとの声明を発表し、その後、ビン・タラルはレバノンで失踪する。

FBIテロ対策本部。
バスに爆発物が仕掛けられたという連絡を受けて、特別捜査官アンソニー・ハバード(デンゼル・ワシントン)とフランク・ハダッド(トニー・シャローブ)は、現場のブルックリンに急行する。

爆破は実行されるが、バスの乗客は爆発した青ペンキを被っただけで済み、その後、ある人物を釈放するように要求される。

爆破されたバスの調査現場でハバードは、CIA情報員でもあるNSC(国家安全保障会議)のエリース・クラフト(アネット・ベニング)が、事件調査を始めているのを知る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
サウジアラビアのアメリカ軍基地でテロが起き、首謀者がイラクイスラム原理主義者ビン・タラルと断定されるものの、彼は失踪する。
ニューヨークでバスに爆破物が仕掛けられて、FBIテロ対策本部の捜査官アンソニー・ハバードは現場に急行する。
爆破は実行されるものの、乗客は無事で、その後、ある人物を釈放するように要求される。
ハバードは、爆破されたバスの調査現場でCIA情報員でもある、国家安全保障会議のメンバー、クラフトの動きを不満に思う。
クラフトに手を引かせたハバートだったが、彼女が、重要な情報を掴んでいることを察知する。
やがて、軍のダヴロー将軍がハバートに接触して、協力を約束する。
しかし、その後も無差別爆破テロは続く状況で、クリントン大統領はついにニューヨークに”戒厳令”(マーシャル・ロー)を発令し、軍隊が配備される。
やがてハバートは、ダヴローがビン・タラルを拉致したこととクラフトのイラクでの諜報活動などを知る・・・。
__________

アラブ人社会を都合よく利用して、政策の転換で、裏切られた彼らが危険分子と化したと見るや、容赦なく壊滅しようとする、アメリカのエゴ的な行動を痛烈に皮肉ったエドワード・ズウィックの切れのいい演出は見応え十分。

FBICIA、そして軍の画策が入り乱れる展開や、現地ニューヨーク・ロケのリアルさが緊迫感を煽る。

公開当時は、ニューヨークの連邦ビルが破壊さる場面などが衝撃的ではあったが、3年後の”911”の規模は、映画を遥かに上回る大惨事となり、同じ地で本当に起きてしまった事件の驚きとその凄まじさは、正に信じ難い出来事だった。

終盤は、罪もなく平和に暮らすアラブ人達への理解を示すドラマとして描かれ、それにより、多民族国家アメリカの社会問題の大きさを見つめ直そうとする、勇気も感じる物語となっている。

テロの犠牲者を出し、それを守れなかった責任を感じ、市民の安全のために死力を尽くすデンゼル・ワシントンの、闘争心を感じる前半と、自分を含めたアメリカの過ちを素直に認め、正義を見つめる姿は感動を呼ぶ。

アラブを愛する謎めいた諜報員を好演して、育てた仲間や祖国を守ろうとして命を落すアネット・ベニング、愛国者としての信念を抱きつつ強行策を貫く将軍役のブルース・ウィリスアラブ人としてアメリカに尽くすFBI捜査官トニー・シャローブ、その協力者を装いながらテロの目的を果たそうとするサミー・ブワジラ、資金の運び屋アーシフ・マンドヴィイスラム原理主義指導者のアーメット・ベン・ラービーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020