5250 Movies

丘の羊飼い The Shepherd of the Hills (1941)

家族を捨てて去った父親を憎む青年の苦悩を描く、監督ヘンリー・ハサウェイ、主演ジョン・ウェインベティ・フィールドハリー・ケリービューラ・ボンディウォード・ボンドマージョリー・メインジョン・クォーレン他共演のドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ヘンリー・ハサウェイ
製作:ジャック・モス
原作:ハロルド・ベル・ライトThe Shepherd of the Hills
脚本
スチュアート・アンソニー
グローヴァー・ジョーンズ
撮影
W・ハワード・グリーン
チャールズ・ラング
編集:エルズワース・ホーグランド
音楽:ジェラード・カーボナラ

出演
マット・マシューズ:ジョン・ウェイン
サミー・レーン:ベティ・フィールド
ダニエル・ハウィット:ハリー・ケリー
モリー・マシューズ:ビューラ・ボンディ
オールド・マット・マシューズ:ジェームズ・バートン
アンディ・ビーラー:サミュエル・S・ハインズ
ベッキー:マージョリー・メイン クートの祖母
ウォッシュ・ギブス:ウォード・ボンド
ピート:マーク・ローレンス
クート・ロイヤル:ジョン・クォーレン 隣人
パレストロム:ファジー・ナイト
ジム・レーン:トム・ファデン
コーキー:オリン・ハウランド
エルヴィ・ロイヤル:ドロシー・アダムス クートの妻
クートの娘:ヴィリータ・キャンベル
医師:セルマー・ジャクソン(クレジットなし)

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1941年製作 98分
公開
北米:1941年7月18日
日本:未公開


ストーリー
青年マット・マシューズ(ジョン・ウェイン)は、おばのモリー(ビューラ・ボンディ)、その夫オールド・マット(ジェームズ・バートン)や仲間のウォッシュ・ギブス(ウォード・ボンド)らと共に密造酒を作っていた。
マットらの見張りをしていたジム・レーン(トム・ファデン)は、密造者を探すアンディ・ビーラー(サミュエル・S・ハインズ)と役人たちに撃たれてしまう。
傷ついたジムを気遣う娘のサミーは、訪ねて来たダニエル・ハウィット(ハリー・ケリー)に、父の手当てをしてもらう。
サミーは、ダニエルが密造者を捕まえに来たと考えるが、彼がこの土地に住みたいだけだということを知る。
そこに現れたマットは、ジムを巻き込んだことで彼女に非難される。
サミーと惹かれ合うマットは、ジムが撃たれたことを知り驚き、彼のことを心配しながらアンディらのことを恨む。
マットは、その場にいたサミーのいとこだというダニエルがこの地に住みたいことを知り、歓迎できないことを伝てその場を去る。
亡き母の墓に向かったマットは、自分たちを捨てた父に復讐しようとしていた。
サミーは、呪われているマシューズ家のせいでマットは心を病み、父親を殺す気にさせているとダニエルに話す。
そこに隣人のクート・ロイヤル(ジョン・クォーレン)が現れ、幼い娘が呼吸困難に陥ったことを知ったサミーは、ダニエルと共にクートの家に向かう。
ダニエルは、喉にものを詰まらせていたクートの娘を助け、クートと妻エルヴィ(ドロシー・アダムス)、そして祖母で盲目のベッキー(マージョリー・メイン)に感謝される。
数日後ダニエルは、サミーと共にコーキー(オリン・ハウランド)の店に向かい、小切手を切り現金を受け取る。
ダニエルはサミーと共にマシューズ家に向かい、モリーとオールド・マットと話をする。
ダニエルは、1000ドルもの大金で、呪われた土地と言われるモーニング・メドウを買う。
モーニング・メドウを恐れるサミーは引き返してしまい、その先に向かったダニエルは、家に入り思いを巡らせるのだが・・・。


解説 評価 感想

1907年に発表された、ハロルド・ベル・ライトの小説”The Shepherd of the Hills”を基に製作された作品。

1919年の同名映画1928年の映画(いずれもサイレント)に続く3度目の映画化。

本作後、30年弱で6度コンビを組むことになる、ヘンリー・ハサウェイジョン・ウェインにとっての最初の作品。

原作とは登場人物の設定などがかなり異なった内容であり、よりドラマチックにアレンジされているように感じられる。

神秘的な雰囲気を漂わせる訪問者の描写に重点が置かれ、彼の影響による、人々、そして主人公の心の変化を、ヘンリー・ハサウェイが繊細なタッチで見事に描いている。

主演のジョン・ウェインは、家族を捨てた父親を恨む青年を感情豊かに演じている。

主人公と惹かれ合う女性を魅力的に演ずるベティ・フィールド、謎の訪問者として登場し物語の重要人物を深く演ずるハリー・ケリー、主人公のおばである一家の家長ビューラ・ボンディ、その夫ジェームズ・バートン、町の役人サミュエル・S・ハインズ、主人公の隣人一家の盲目の老女マージョリー・メイン、主人公一家の仲間ウォード・ボンド、主人公が可愛がるいとこのマーク・ローレンス、隣人のジョン・クォーレン、その妻ドロシー・アダムス、その娘ヴィリータ・キャンベル、住人ファジー・ナイト、ヒロインの父親トム・ファデン、雑貨店の店主オリン・ハウランド、医師のセルマー・ジャクソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022