4216 Movies

ショーシャンクの空に The Shawshank Redemption (1994)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1982年に発表された、スティーヴン・キングの中編集「恐怖の四季」の春の物語として収められている「刑務所のリタ・ヘイワース」を基に製作された作品。
無実の罪で投獄されたエリート銀行員が、夢や希望が持てない囚人仲間に喜びを与えながら支配する権力に立ち向かう姿を描く、監督、脚本フランク・ダラボン、主演ティム・ロビンスモーガン・フリーマンウィリアム・サドラー他共演による感動のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:フランク・ダラボン
製作総指揮
リズ・グロッツァー
デイヴィッド・レスター
製作:ニキ・マーヴィン

原作:スティーヴン・キング刑務所のリタ・ヘイワース
脚本:フランク・ダラボン

撮影:ロジャー・ディーキンス
編集:リチャード・フランシス=ブルース
音楽:トーマス・ニューマン

出演
ティム・ロビンス:アンディ・デュフレーン
モーガン・フリーマン:エリス・ボイド”レッド”レディング
ウィリアム・サドラー:ヘイウッド
ボブ・ガントン:サミュエル・ノートン刑務所長
ジェームズ・ホイットモア:ブルックス・ヘイトレン
クランシー・ブラウン:バイロン・ハドレー
ギル・ベローズ:トミー・ウィリアムズ
マーク・ロルストン:ボッグス・ダイアモンド
ジェフリー・デマン:検事(1947年)

アメリカ 映画
配給
コロンビア・ピクチャーズ(1994-1999)
ワーナー・ブラザーズ(1999-)
1994年製作 142分
公開
北米:1994年9月23日
日本:1995年6月3日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $28,341,470
世界 $58,500,000


アカデミー賞 ■
第67回アカデミー賞
・ノミネート
作品
主演男優(モーガン・フリーマン)
脚色・撮影・編集・作曲・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1947年。
大銀行の副頭取アンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)は、妻と浮気相手を殺した罪を着せられてしまう。

アンディは、無実を訴えるものの終身刑となり、ショーシャンク刑務所に服役することになる。

アンディは、他の服役囚との接触を避けたが、20年間服役して模範囚ではあるものの、仮保釈が許可されない”調達屋”エリス・ボイド”レッド”レディング(モーガン・フリーマン)に、鉱物マニアだと言ってロック・ハンマーの調達を依頼する。

所内の囚人達とは物腰が違うアンディを、人間的に気に入ったレッドは、彼の要望通りロック・ハンマーを調達する。

その後アンディは、ゲイの囚人ボッグス・ダイアモンド(マーク・ロルストン)らに痛めつけられながら、悪夢の2年間を過ごす。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

エリート銀行員アンディ・デュフレーンは、妻と浮気相手を殺した罪を着せられ、終身刑となり刑務所入りとなる。
服役囚らとの接触を避けていたアンディは、模範囚ながら、仮釈放が認められない調達屋のレッドに気に入られ、次第にその仲間達とも交流を深めていく。
ゲイの囚人に、痛い目に遭わされながらも、アンディは、看守達の貯蓄や節税相談に乗り、銀行家としての才能を生かしていく。
それに目を付けたノートン所長は、私腹を肥やすためにアンディを利用する。
そんな時、刑務所入りした囚人トミーの情報で、アンディは、彼が妻らを殺した真犯人の存在を知る。
そしてアンディは、自分の無実が証明できることを所長に伝えるのだが・・・。
__________

批評家、一般の評価は非常に高かったにも拘らず、興行的には振るわず、公開後、時を経て、徐々に人気が高まった作品。

その理由には、本作が公開(9/23)される直前の6月に「スピード」、7月に「フォレスト・ガンプ」、そして直後の10月には「パルプ・フィクション」など、超話題作が相次いで公開されたことも影響している。

第67回アカデミー賞では、作品賞以下7部門にノミネートされるものの、受賞は逃すことになる。
・ノミネート
作品
主演男優(モーガン・フリーマン)
脚色・撮影・編集・作曲・録音賞

フランク・ダラボンスティーヴン・キングのコンビは、5年後にも刑務所ものの「グリーンマイル」(1999)、2007年に「ミスト」を発表し、本作に出演するウィリアム・サドラージェフリー・デマンが両作にも出演している。

フランク・ダラボンは、絶望感溢れる刑務所内の生活から、希望の光を見つけようとする者と、数十年をそこで過ごし、外の世界に順応できなくなった人間の哀れで孤独な姿を対比しながら、囚人達を人間扱いしない権力への批判、そして些細な事がきっかけで、希望が持てる人間の逞しさなどを見事に描いている。

主人公の夢や希望をイメージさせる、清らかで美しいトーマス・ニューマンの音楽も素晴しい。

原作の小柄な主人公とは対照的な、長身(2m弱)のティム・ロビンスは、堂に入った演技で元エリート銀行員を演じている。

やんちゃな若者のようなイメージだった彼は、本作で一気に演技派としても認められることになる。

クレジットでは2番目だが、好演したティム・ロビンスを上回る存在のモーガン・フリーマンは、その落ち着き払った物腰と安定感で、キャリア最高とも言っていい、見事な演技を見せてくれる。

また、本作で「ドライビング Miss デイジー」(1989)に続き、2度目のアカデミー主演賞候補になった。

・助演男優賞受賞
ミリオンダラー・ベイビー」(2004)
・主演男優賞ノミネート
インビクタス」(2009)

嫌味な男に見えたが、人間味のある囚人を好演するウィリアム・サドラー、権力を利用し私腹を肥やす悪徳刑務所長ボブ・ガントン、刑務所外の社会に順応できず自ら死を選ぶジェームズ・ホイットモア、どちらが悪党かわからない、暴力看守クランシー・ブラウン、所長のエゴの犠牲になる若い囚人ギル・ベローズ、ゲイの囚人集団のボス、マーク・ロルストン、そしてフランク・ダラボン作品の常連ジェフリー・デマン(検事)など、ベテラン実力派が脇を固めている。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020