4354 Movies

激流 The River Wild (1994)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

夫婦、親子間に溝ができていた一家が休暇の川下りで、強盗犯の逃亡に巻き込まれながら危機に立ち向かう姿を描く、監督カーティス・ハンソン、主演メリル・ストリープケビン・ベーコンデヴィッド・ストラザーンジョン・C・ライリージョゼフ・マゼロ他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:カーティス・ハンソン
製作
デヴィッド・フォスター
ローレンス・ターマン

脚本:デニス・オニール
撮影:ロバート・エルスウィット

編集
デヴィッド・ブレナー

ジョー・ハッシング
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ゲイル・ハートマン:メリル・ストリープ

ウェイド:ケビン・ベーコン
トム・ハートマン:デヴィッド・ストラザーン
テリー:ジョン・C・ライリー
ローク・ハートマン:ジョゼフ・マゼロ
ジョニー:ベンジャミン・ブラット
ウィラ・ハートマン:ステファニー・ソーヤー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1994年製作 111分
公開
北米:1994年9月30日
日本:1995年4月
製作費 $45,000,000
北米興行収入 $46,816,340
世界 $94,216,340


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ボストンに住むゲイル・ハートマン(メリル・ストリープ)は、息子ローク(ジョゼフ・マゼロ)の誕生祝に、アイダホの故郷で休暇を過ごす計画を立てる。

しかし、建築家の夫トム(デヴィッド・ストラザーン)は、仕事の都合で同行できず、ゲイルは仕事重視の夫との離婚を考え始める。

ゲイルは汚れる前の川をロークに見せるために、川下りを体験させようと、サルモン川に向かう。

ゲイルとロークは、同じ川下りをする好感の持てる青年ウェイド(ケビン・ベーコン)に出会う。

そこに夫トムが現れ、娘ウィラ(ステファニー・ソーヤー)を祖父母に預け、ゲイルら3人は、愛犬マギーを連れボートを出し出発する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ボストンに住むゲイル・ハートマンは、仕事の都合で同行できない建築家の夫トムを残して、息子ロークの誕生祝にアイダホの故郷で休暇を過ごすことにする。
ゲイルは、仕事重視のトムとの離婚を考え始めていた。
現地に着いたゲイルは、ロークと川下りを体験するためサルモン川に向かう。
やがて、同じ川下りを楽しもうとする、好感の持てる青年ウェイドに出会ったゲイルとロークの前に、トムが現れる。
娘ウィラを祖父母に預けた三人は、愛犬を連れてボートで出発する。
ウェイドも相棒のテリーと川下りを始め、二人は何かとゲイルらに接近してくる。
トムがウェイドの行動を気にし始め、ゲイルと共に若者二人を警戒し始める。
そして、実は強盗殺人犯であった、好青年から変貌したウェイドらは、川に詳しいゲイらを人質に川を下り始める・・・。
__________

逃亡のため、あえて通過困難と言われる激流に挑まされる主人公の恐怖、壊れかけた家族の信頼関係と絆が再び固く結ばれて、犯人に立ち向かおうとする勇気、そして、それを容赦なく踏みにじる犯人達の非情さなどを、前作の「ゆりかごを揺らす手」(1992)で高い評価を得たカーティス・ハンソンが、アクションでありながらも繊細なタッチで、見事に描き切っている。

サスペンスとしての緊迫感を、さらに効果的に盛り上げる激流下りのシーンは圧巻で、CGでない生身の人間が演ずる迫力あるアクションは、下手な特撮映画などより遥かに見応えがある。

美しい大自然をバックに、音楽を担当するのは巨匠ジェリー・ゴールドスミス

実力、演技共にハリウッドを代表する名女優のメリル・ストリープは、本作のためにトレーニングを重ねて役柄に挑み、細かな感情表現も合わせて彼女の役者魂を見せ付けてくれる。

好青年から凶悪犯に変貌するケビン・ベーコンの熱演も光る。

逞しさはないが、妻子のために命を懸けて悪に立ち向かうデヴィッド・ストラザーン、風貌や体格に似合わず気弱でやや頼りない犯人ジョン・C・ライリー、主人公の息子ジョゼフ・マゼロ、監視員ベンジャミン・ブラットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020