4239 Movies

メリーに首ったけ There’s Something About Mary (1998)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

飛び切りの美女を取り巻く、男達の彼女の争奪戦を描く、監督、脚本ファレリー兄弟、主演キャメロン・ディアスベン・スティラーマット・ディロンリー・エヴァンス他共演によるロマンチック・コメディの快作。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督
ボビー・ファレリー

ピーター・ファレリー
製作総指揮
ボビー・ファレリー

ピーター・ファレリー
製作
フランク・ベッダー

マイケル・ステインバーグ
チャールズ・B・ウェスラー
ブラッドリー・トーマス
原案
エド・デクター

ジョン・J・ストラウス
脚本
エド・デクター

ジョン・J・ストラウス
ボビー・ファレリー
ピーター・ファレリー
撮影:マーク・アーウィン
編集:クリストファー・グリーンベリー
音楽:ジョナサン・リッチマン

出演
メリー・ジェンセン/マシューズ:キャメロン・ディアス

テッド・ストローマン:ベン・スティラー
パット・ヒーリー:マット・ディロン
タッカー/ノーマン・フィップス:リー・エヴァンス
ドム・ウォガノウスキー:クリス・エリオット
シーラ・ジェンセン:マーキー・ポスト
ウォーレン・ジェンセン:W・アール・ブラウン
マグダ:リン・シェイ
サリー:ジェフリー・タンボー
リサ:マーニー・アレクセンバーグ
クレボイ刑事:リチャード・タイソン
ブレンダ:サラ・シルバーマン
チャーリー・ジェンセン:キース・デヴィッド
ナレーター:ジョナサン・リッチマン
ヒッチハイカー:ハーランド・ウィリアムズ
本人:ブレット・ファーヴ
ボブ:ウィリー・ガーソン
ジョアニー:カンディ・アレキサンダー
精神科医:リチャード・ジェンキンス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1998年製作 119分(DC 134分)
公開
北米:1998年7月15日
日本:1999年1月30日
製作費 $23,000,000
北米興行収入 $176,483,810
世界 $369,884,650


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1985年、ロードアイランド州カンバーランド
16歳のテッド・ストローマン(ベン・スティラー)は、注目の転校生メリー・ジェンセン(キャメロン・ディアス)が気になる存在だった。

ある日テッドは、障害を持つメリーの弟ウォーレン(W・アール・ブラウン)が、からかわれるのを助けようとしたのがきっかけに、彼はメリーと親しくなる。

そしてテッドは、なんとメリーにプロムの相手に誘われてしまう。

友人達はそれを信じようとしないが、プロムの当日、テッドはメリーの母シーラ(マーキー・ポスト)と義父のチャーリー(キース・デヴィッド)に歓迎される。

メリーの美しさに驚くテッドは、トイレの窓から着替え中の彼女の姿を見てしまう。

テッドは、驚いた拍子に○×をジッパーに挟んでしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
内気な純情少年テッド・ストローマンは、憧れのメリー・ジェンセンにプロムの相手に誘われるが、大失態をしてしまい、それ以来、彼女とは疎遠になってしまう。
その後、13年間メリーを忘れられないテッドは、保険調査員ヒーリーに、彼女の行方を捜してもらう。
しかし、そのヒーリーもメリーに惹かれてしまい、身辺では彼女に恋した男達の、メリー争奪戦が始まってしまう・・・。
__________

幼さも残るキュートな魅力と愛くるしい笑顔で、キャメロン・ディアスの人気を決定付けた作品。

キャメロン・ディアスの存在ばかりが際立たないように、ボビーピーター・ファレリー兄弟監督の切れのいい演出により、取り巻く男達のキャラクターも、バランス良く描かれている。

とりわけ、純真な好青年ではあるが”ダメ男”でもあるベン・スティラーの、主演ディアス以上の熱演も注目で、彼にとっても出世作となった作品。

日本では、下品なギャグ連発の異色作のように言われているが、それほど極端な内容でもなく、とにかくそのユーモアセンスは抜群で、その辺りが本国アメリカで大いに受けた。

北米興行収入は約1億7650万ドルを記録し、全世界では約3億7000万ドルの大ヒットとなった。

この頃のキャメロン・ディアスは、画面に登場しているだけで嬉しくなるうような雰囲気が漂い、男性はもちろん、女性からも多くの支持を得た。
障害者の弟を優しく見守る、外見の派手さとは違う役どころが、好感度を増している。

彼のお決まりのパターンとも言える、気弱なダメ男風キャラクターがはまっているベン・スティラーは、ディアスがいなくても物語が成立するほどの存在感を示している。

悪ガキ風で登場するものの、人情味も感じる嫌味のない悪役を演ずるマット・ディロン、同じく、主人公に恋して悪巧みをするリー・エヴァンス、主人公の元恋人のストーカー、クリス・エリオット、主人公の弟W・アール・ブラウン、母マーキー・ポスト、義父キース・デヴィッド、隣人リン・シェイ、ヒーリー(M・ディロン)の現地の仲間ジェフリー・タンボーNFLのスター選手でもあるブレット・ファーヴ、ヒッチハイカー役のハーランド・ウィリアムズ、精神科医リチャード・ジェンキンス、主人公の友人サラ・シルバーマン、そして、音楽担当のジョナサン・リッチマンが、ナレーターとして歌いながら随所で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020