4354 Movies

レリック The Relic (1997)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1995年に発表された、ダグラス・プレストンリンカーン・チャイルドによる小説”Relic”を基に製作された作品。
未知の”種”から変異したモンスターに襲われる人々の恐怖を描く、監督、撮影ピーター・ハイアムズ、主演ペネロープ・アン・ミラートム・サイズモアリンダ・ハントジェームズ・ホイットモア他共演のSFホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:ピーター・ハイアムズ
製作
ゲイル・アン・ハード

サム・マーサー
製作総指揮
マーク・ゴードン

ゲイリー・レヴィンソン
原作
ダグラス・プレストン

リンカーン・チャイルド
Relic
脚本
エイミー・ホールデン・ジョーンズ

ジョン・ラッフォ
リック・ジャッファ

アマンダ・シルヴァー
撮影:ピーター・ハイアムズ
編集:スティーブン・ケンパー
音楽:ジョン・デブニー

出演
マーゴ・グリーン:ペネロープ・アン・ミラー

ヴィンセント・ダガスタ警部補:トム・サイズモア
アン・カスバート博士:リンダ・ハント
アルバート・フロック博士:ジェームズ・ホイットモア
ホリンズワース:クレイトン・ローナー
グレッグ・リー:チ・ムオイ・ロー
トム・パーキンソン:トーマス・ライアン
ブライスデール:フランシス・X・マッカーシー

ブライスデール夫人:コンスタンス・タワーズ
ロバート・オーウェン市長:ロバート・レッサー
オーウェン夫人:ダイアン・ロビン
ジョン・ホイットニー:ルイス・ヴァン・バーゲン

エヴァンズ:トーマス・ジョセフ・キャロル
マクナリー:ジョン・カペロス

ベイリー:ティコ・ウェルズ
ブラッドリー:マイク・バカレラ
ウートン:ジョン・ディサンティ
ジョンソン:デヴィッド・プローヴァル

フレデリック・フォード:ジョフェリー・C・ブラウン

アメリカ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ
パラマウント・ピクチャーズ
1997年製作 110分
公開
北米:1997年1月10日
日本:1997年5月31日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $33,956,610


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ブラジル
ある部族の儀式に参加していた人類学者ジョン・ホイットニー(ルイス・ヴァン・バーゲン)は、目の前に現れた”レリック”に怯える。

シカゴに送る予定の荷物を貨物船”サントス・モラレス”から降ろそうとしたホイットニーは、それを船長に断られる。

船に侵入して荷物の中を確認したホイットニーは、叫び声をあげる。

6週間後、シカゴ
ブラジルの貨物船”サントス・モラレス”が、ミシガン湖を漂流中に曳航されて到着する。

無人の船内を調べるシカゴ市警のヴィンセント・ダガスタ警部補(トム・サイズモア)とホリンズワース巡査部長(クレイトン・ローナー)は、船員のものと思われる血液などを確認する。

ホリンズワースは麻薬絡みの事件だと考え、二人は惨殺体を発見する。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
シカゴ、”フィールド自然史博物館”。
無人のブラジルの貨物船から移送された、人類学者ホイットニー宛の荷物を確認した進化生物学者のマーゴ・グリーンは、葉に付着していた菌のような物を調べそれがホルモンであることを知る。
博物館の警備員が惨殺される事件が起き、シカゴ市警のダガスタ警部補は、貨物船との関係などを考えながらマーゴから話を聞く。
その後ダガスタは、警備員の破損した脳の脳下垂体が失われていることを知り、葉のホルモンがそれで作られていることに気づいていたマーゴは疑問に思う。
その頃、地下では、突然変異によりモンスター化した”コソガ”が、イベントを控えて博物館に集まる人々に襲いかかろうとしていた・・・。
__________

科学的根拠と神秘性、更には伝説などが入る物語で、専門用語などの解説が分かり難いが、モンスター・ホラーの醍醐味を味わえるピーター・ハイアムズの演出はまずまず楽しめる。

期待した以上に狂暴で小恐竜のようなモンスターはなかなか迫力があるが、物語に新鮮味がなく他の作品で観たようなシーンの連続は今一物足りない。

製作費に6000万ドルをかけたものの、北米興行収入は約3400万ドルに終わった。

歴史ある”フィールド自然史博物館”全面協力によるロケは見応えがある。

事件解決に協力する進化生物学者ペネロープ・アン・ミラー、狂暴なモンスターから人々を救おうとする警部補トム・サイズモア、その同僚クレイトン・ローナー、博物館館長リンダ・ハント、人類学者ジェームズ・ホイットモア、主人公の同僚博士チ・ムオイ・ロー、警備主任トーマス・ライアン、街の有力者フランシス・X・マッカーシー、夫人コンスタンス・タワーズ、市長ロバート・レッサー、夫人ダイアン・ロビン、モンスターに変異していた人類学者ルイス・ヴァン・バーゲン、警官ジョン・カペロスティコ・ウェルズ、警備室担当のデヴィッド・プローヴァルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020