4310 Movies

柔らかい殻 The Reflecting Skin (1990)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

田舎に住む少年の妄想とそれに関連する惨劇を描く、監督、脚本フィリップ・リドリー、主演ヴィゴ・モーテンセンリンジー・ダンカン、ジェレミー・クーパー他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:フィリップ・リドリー
製作
ドミニク・アンチアーノ
レイ・バーディス
脚本:フィリップ・リドリー
撮影:ディック・ポープ
編集:スコット・トーマス
音楽:ニック・ビカット

出演
キャメロン・ダヴ:ヴィゴ・モーテンセン
ドルフィン・ブルー:リンジー・ダンカン
セス・ダヴ:ジェレミー・クーパー
ルース・ダヴ:シーラ・ムーア
ルーク・ダヴ:ダンカン・フレイザー

イギリス/カナダ 映画
配給
Virgin Films
ミラマックス
1990年製作 95分
公開
イギリス:1990年11月9日
北米:1991年6月28日
日本:1992年3月13日
製作費 $1,500,000
北米興行収入 $17,040


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1950年代。
巨大なカエルを見つけた8歳の少年セス・ダヴ(ジェレミー・クーパー)は、それを友人のイーブンとキムに見せる。

カエルの腹を空気で膨らませたセスは、イギリス人の未亡人ドルフィン・ブルー(リンジー・ダンカン)が歩いて来たために、カエルを道路に置いて隠れる。

ドルフィンがカエルに気づいたと当時に、セスはスリングショットで膨らんだ腹を撃ち抜く。

飛び散った血を浴びたドルフィンは叫び声を上げて、セス達はその場から逃げる。

セスは、小さなガソリンスタンドを経営している物静かな父ルーク(ダンカン・フレイザー)と、小言ばかり言っている母ルース(シーラ・ムーア)と暮らしていた。

ルースは、軍人として太平洋に赴任している息子キャメロン(ヴィゴ・モーテンセン)の帰りを待っていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1950年代。
小麦畑が広がる田舎に住む8歳の少年セスは、小さなガソリンスタンドを経営する物静かな父ルークと、小言ばかり言う母ルースと暮らしていた。
友人のイーブンとキムと共に、カエルを破裂させて未亡人のドルフィンにイタズラしたセスは、ルースに叱られて謝りに行く。
ドルフィンに迎えられたセスは、動物の骨などが飾られている部屋で、自分が200歳だと言う彼女を気味悪く思う。
家に戻り彼女はヴァンパイアだと思い込んだセスは、行方不明になったイーブンを連れ去ったのは彼女だと考える。
その後、イーブンはセスの家の水槽で死体で発見され、少年にイタズラしたことがあるルークが疑われる。
それを苦にしたルークは、セスの前で焼身自殺してしまい、その報せを受けた、太平洋の核実験に参加していた軍人であるセスの兄キャメロンが帰郷する。
キャメロンの帰りを喜ぶセスだったが、兄がドルフィンに惹かれて愛し合う中になってしまう。
ドルフィンをヴァンパイアだと思うセスは、何とかキャメロンを守ろうとするだが・・・。
__________

画家や小説家としても知られる、若き才人フィリップ・リドリーが脚本を兼ねた初監督作品。

8歳の少年が体験する誘拐殺人事件と共に、エスカレートする妄想と、大人には平凡な出来事が子供の目には異常な世界に見えてしまうという人間心理を描く異色のホラー。

少年がバンパイアと思い込む未亡人の容姿、黄色い小麦畑が広がる中に現れる黒い”キャデラック”、朽ち果てそうな歪んだ建物など、アーティストでもあるフィリップ・リドリーのセンスが光る映像が見どころの作品でもある。

北米では、わずか2館でしか上映されず1週間で打ち切りになった小作ではあるが、批評家からは高い評価を得た作品。

主演のヴィゴ・モーテンセンは、太平洋での核実験に参加した軍人であり、”急性放射線症候群”を疑いながら、弟がヴァンパイアだと思い込む未亡人リンジー・ダンカンに心の安らぎを感じて愛し合う青年を好演している。

物語の主人公である、友人の誘拐殺人事件と、未亡人をヴァンパイアだと思うことで恐怖体験をする少年ジェレミー・クーパー、その両親シーラ・ムーアとダンカン・フレイザーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020