4551 Movies

赤い靴 The Red Shoes (1948)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1845年に発表された、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話”赤い靴”を基に製作された作品。
最高のダンサーを目指す女性が、才能ある作曲家とプロデューサーと共に歩む運命を描く、製作、監督、脚本マイケル・パウエルエメリック・プレスバーガー、主演モイラ・シアラーマリウス・ゴーリングアントン・ウォルブルック他共演による傑作ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督
マイケル・パウエル

エメリック・プレスバーガー
製作
マイケル・パウエル

エメリック・プレスバーガー
原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン赤い靴
脚本
マイケル・パウエル

エメリック・プレスバーガー
撮影:ジャック・カーディフ
編集:レジナルド・ミルズ
美術・装置
ハイン・ヘックロス

アーサー・ローレンス
音楽:ブライアン・イースデイル

出演
ヴィクトリア”ヴィッキー”ペイジ:モイラ・シアラー

ジュリアン・クラスター:マリウス・ゴーリング
ボリス・レルモントフ:アントン・ウォルブルック
イワン・ボレスラウスキー:ロバート・ヘルプマン
セルゲイ・ラトフ:アルバート・バッサーマン
グリシャ・リュボフ:レオニード・マシーン
イリーナ・ボロンスカヤ:リュドミラ・チェリーナ
リヴィングストン”リヴィー”モンターニュ:エスモンド・ナイト
ネストン夫人:イレーネ・ブラウン
パルマー教授:オースティン・トレヴァー

イギリス 映画
配給
General Film Distributors

Eagle-Lion Films
1948年製作 133分
公開
イギリス:1948年9月6日
北米:1948年10月22日
日本:1950年3月14日
製作費 £500,000
北米興行収入 $5,000,000


アカデミー賞 ■
第21回アカデミー賞
・受賞
美術(カラー)・音楽賞(ドラマ・コメディ)
・ノミネート
作品・原案・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン
レルモントフ・バレエ団の公演会場で席に着いた学生のジュリアン・クラスター(マリウス・ゴーリング)は、恩師であるパルマー教授(オースティン・トレヴァー)の曲を聴くのが目的だった。

リヴィングストン”リヴィー”モンターニュ(エスモンド・ナイト)の指揮で演奏が始まり、ジュリアンはそれが自分の曲だと気づき驚く。

無名のダンサー、ヴィクトリア”ヴィッキー”ペイジ(モイラ・シアラー)は、幕が開き始まったバレエに見入る。

ジュリアンは、曲の途中で席を立ってしまう。

ヴィッキーのおばネストン夫人(イレーネ・ブラウン)はパーティーを催し、パルマーとバレエ団のオーナー、ボリス・レルモントフ(アントン・ウォルブルック)を招待し、姪ヴィッキーを紹介しようとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロンドン
バレリーナとして成功することを夢見るヴィクトリア”ヴィッキー”ペイジは、バレエ団のオーナー、レルモントフに気に入られる。
作曲家のジュリアンも副指揮者として招かれ、積極的な活動を続ける。
パリ公演を前に、プリマドンナのイリーナが結婚を発表し、ダンサーとの両立が不可能であると判断したレルモントフは彼女を解雇する。
ジュリアンを呼んだレルモントフは、今の仕事に満足していない様子の彼に、温めていた企画であるアンデルセンの童話”赤い靴”をテーマにした編曲を任せる。
その後バレエ団はモンテカルロに向い、レルモントフは、新作”赤い靴”の主役をヴィッキーに任せる。
それを知ったジュリアンも、全精力を傾けて作曲に取り組み、ヴィッキーと共に”赤い靴”を成功させるのだが・・・。
__________

イギリス映画界に多大な功績を残したマイケル・パウエルエメリック・プレスバーガーのコンビにより製作された作品。
ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話”赤い靴”を題材にしてエメリック・プレスバーガーが原案を書き下ろした、世界映画史上に残る名作と言っていい作品。

戦後間もない時代に、考えられる最高の英知を結集した、マイケル・パウエルエメリック・プレスバーガーのプロデューサーとしての手腕には驚くばかりだ。

作品全体が正に”芸術”であり、ジャック・カーディフによる撮影とその色彩感覚、役者の演技、バレエのパフォーマンス、舞台装置や美しいロケーションなど、あらゆる映像が見逃せない作品とはこのことではないだろうか。

バレエ・シーンは度々登場するが、中盤の15分間にも及ぶ”赤い靴”の優美なパフォーマンスは圧巻だ。

第21回アカデミー賞では、美術(カラー)、音楽賞(ドラマ・コメディ)を受賞し、作品、原案、編集賞にノミネートされた。

バレエの世界、その分野のプロが集結して演ずる役柄も注目で、頂点を目指し悲劇のヒロインで終わる、美しい若きダンサーのモイラ・シアラー、彼女と恋に落ち幸せの絶頂から苦悩する身となるマリウス・ゴーリング、ストイックなまでにバレエと才能を育てることに執着するプロデューサーを好演するアントン・ウォルブルック、ダンサーで振付師でもある、ドラマの役でもそれを生かすロバート・ヘルプマン、これが遺作となる名優で、舞台装置の担当者を演ずるアルバート・バッサーマン、ダンサーで振付師としてドラマでも同じ役を演ずるレオニード・マシーン、プリマドンナのリュドミラ・チェリーナ、指揮者エスモンド・ナイト、ヒロインのおばイレーネ・ブラウン、大学の音楽教授オースティン・トレヴァーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021