4239 Movies

王子と踊子 The Prince and the Showgirl (1957)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ローレンス・オリヴィエと妻ヴィヴィアン・リー主演で1953年ロンドンウエスト・エンドで初演され、その後、ブロードウェイでも上演されたテレンス・ラティガンの舞台劇の映画化。
製作、監督、主演ローレンス・オリヴィエマリリン・モンロー共演によるロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

マリリン・モンロー / Marilyn Monro / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ローレンス・オリヴィエ
製作:ローレンス・オリヴィエ
原作:テレンス・ラティガン
脚本:テレンス・ラティガン
撮影:ジャック・カーディフ
編集:ジャック・ハリス
音楽:リチャード・アディンセル

出演
摂政チャールズ大公:ローレンス・オリヴィエ

エルシー・マリーナ/エルザ・ストルゼンバーグ:マリリン・モンロー
ニコラス:ジェレミー・スペンサー
皇太后:シビル・ソーンダイク
ノースブルック:リチャード・ワッティス
ホフマン:エスモンド・ナイト
サニングデール夫人:マクシーヌ・オードリー
コールボーイ:ハロルド・グッドウィン
メイシー・スプリングフィールド:ジーン・ケント
ファニー:ダフニー・アンダーソン
支配人:チャールズ・ヴィクター
外交官:デヴィッド・ホーン

イギリス 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1957年製作 116分
公開
北米:1957年6月13日
日本:1957年10月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1911年6月21日、ロンドン
イギリス国王ジョージ5世の戴冠式に出席する予定である、カルパチア王国ニコラス8世国王(ジェレミー・スペンサー)、皇太后(シビル・ソーンダイク)、そして、国王の父親である摂政チャールズ大公(ローレンス・オリヴィエ)一行が到着する。

大公の侍従役ノースブルック(リチャード・ワッティス)は、全く知識のなかったカルパチアや、気難しい大公についてを知らされ、イギリス外務省から派遣されて接待を始める。

その夜、ミュージカル”ココナッツ・ガール”を観劇した大公は、出演者のエルシー・マリーナ(マリリン・モンロー)に目を留め、夜の夕食会に招待する。

ノースブルックがエルシーを迎えに行くのだが、大公についての説明が、彼女には全く理解できない。

カルパチア大使館を訪れたエルシーは、大公と二人きりの食事だと知り、その場を去ろうとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ヨーロッパの小国カルパチア国王ニコラス一行が、イギリス国王ジョージ5世の戴冠式出席のためロンドンを訪れる。
ニコラス国王の父で摂政のチャールズ大公は、気難しい性格でありながら、寂しさを紛らすために、舞台女優のエルシー・マリーナを大使館に招く。
ほんの遊びのつもりの大公は、用の済んだエルシーを返そうとするが、上品さのかけらもない彼女は、意外にも国王や皇太后に気に入られてしまう。
何とかエルシーに別れを告げようとする大公だったが、彼の愛情や、公務に対する考えに率直に意見する彼女に、大公は次第に心を奪われていく。
そして、立場上スキャンダルを避けようとする大公は、エルシーとの愛を手に入れる秘策を考える・・・。
__________

ローレンス・オリヴィエ自身のための舞台劇だけに、製作、監督、主演を兼ねた彼の意欲作で、ロンドンという土地柄に全くそぐわない雰囲気ではあるが、とてつもないインパクトのあるヒロイン、マリリン・モンローを起用した異色のロマンチック・コメディ。

本作製作の舞台裏を描いた「マリリン 7日間の恋」(2011)を参考にすると一層興味深く観れる。

重厚さの中からユーモアを醸し出す絶妙な演技を見せるローレンス・オリヴィエは圧巻で、厳格さと気品漂う、彼の物腰やセリフ回しは、見事としか言いようがない。

本作で癇癪を起こす場面が多々あるオリヴィエだが、「マリリン 7日間の恋」でも描かれているように、トラブル続きのマリリン・モンローに対して怒りをぶつけているようにも見える・・・。

場所がロンドンに変わっても、ほとんどいつもの彼女そのもののイメージで登場するところがポイントであるマリリン・モンローの、愛らしい笑顔は輝いている。
前年の「バス停留所」(1956)で演技派としての評価を得て挑んだ、彼女の魅力を堪能できる。

少年国王のジェレミー・スペンサー、皇太后を貫禄で演ずる大ベテランのシビル・ソーンダイクイギリス外務省から派遣される大公の接待役であるリチャード・ワッティス、侍従役のエスモンド・ナイト、大公と親しい婦人マクシーヌ・オードリー、ヒロインのダンサー仲間ジーン・ケントダフニー・アンダーソン、劇場支配人役のチャールズ・ヴィクター、外交官デヴィッド・ホーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020