5168 Movies

ヴァチカンのエクソシスト The Pope’s Exorcist (2023)

ヴァチカンのエクソシスト(悪魔祓い)として活躍した実在の神父ガブリエーレ・アモルトの悪魔との壮絶な戦いを描く、監督ジュリアス・エイヴァリー、主演ラッセル・クロウダニエル・ゾヴァットアレックス・エッソーフランコ・ネロ他共演のオカルト・ホラー。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


スリラー/ホラー

ラッセル・クロウ / Russell Crowe 作品一覧
ラッセル・クロウ / Russell Crowe / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジュリアス・エイヴァリー
製作
ダグ・ベルグラッド
マイケル・パトリック・カチュマレク
ジェフ・カッツ
製作総指揮
ジョー・ホームウッド
ソフィ・キャシディ
エディ・シーバート
原作:ガブリエーレ・アモルト”An Exorcist Tells His Story and An Exorcist: More Stories”
原案
R・ディーン・マクレアリー
チェスター・ヘイスティングズ
ジェフ・カッツ
脚本
マイケル・ペトローニ
エヴァン・スピリオトポウロス
撮影:カリッド・モタセブ
編集:マット・エヴァンズ
音楽:ジェド・カーゼル

出演
ガブリエーレ・アモルト神父:ラッセル・クロウ
トマース・エスキベル神父:ダニエル・ゾヴァット
ジュリア・ヴァスケス:アレックス・エッソー
教皇:フランコ・ネロ
ヘンリー・ヴァスケス:ピーター・デソウザ=フェイオニー
エイミー・ヴァスケス:ローレル・マースデン
ルムンバ司教:コーネル・ジョン
サリヴァン枢機卿:ライアン・オグレイディ
アデラ:キャリー・マンロー
ロザリア役:ビアンカ・バルドー
アスモデウス(声):ラルフ・アイネソン

アメリカ/イギリス/スペイン 映画
配給 Sony Pictures Releasing
2023年製作 103分
公開
イギリス:2023年4月7日
北米:2023年4月14日
日本:2023年7月14日
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $20,009,380
世界 $76,987,620


ストーリー
1987年6月4日、イタリアトロペーア
教皇専属のチーフ・エクソシスト/首席祓悪魔師ガブリエーレ・アモルト神父(ラッセル・クロウ)は、ある家に向かい地元の司祭に迎えられ、悪魔が憑依していると思われる青年がいる部屋に入る。
アモルトは、”聖ベネディクトのメダル”を使い、悪魔に対して豚に憑依してみせるよう挑発する。
悪魔が憑依した豚はショットガンで殺され、アモルトは、正気に戻った青年に話しかけて落ちつかせる。
スペイン
アメリカから旅をしてきた未亡人のジュリア・ヴァスケス(アレックス・エッソー)は、反抗的な娘エイミー(ローレル・マースデン)と息子のヘンリー(ピーター・デソウザ=フェイオニー)と共に、夫の家族が代々所有していた修復中の古い修道院に到着する。
作業員に迎えられたジュリアは、地元のトマース・エスキベル神父(ダニエル・ゾヴァット)を紹介される。
ジュリアは、夫の事故死以後、話さなくなったヘンリーの面倒を見るようエイミーに指示する。
ヴァチカン
トロペーアで許可なく行動したことで、アモルトは教会法廷に呼び出され、今回の悪魔祓いを問題視される。
法廷メンバーのアフリカ人のルムンバ司教(コーネル・ジョン)はアモルトを擁護するものの、悪魔祓いに懐疑的なアメリカ人のサリヴァン枢機卿(ライアン・オグレイディ)は、アモルトの行為を責める。
アモルトは、悪魔祓いをしたのではなく、精神を病んだ者を助けるための心理療法を行っただけだと話し、悪魔は存在すると反論する。
サリヴァンらの真意を探るアモルトは納得できず、自分を任命した教皇フランコ・ネロ)と話せと言い放ち、その場から立ち去る。
神秘的な建物を興味深く見て回ったヘンリーに異変が起きる。
その直後に修道院でガス爆発事故が起き、作業員が火傷を負い救急車で搬送される。
危険を感じた作業員は修復作業を中止してしまい、体が痙攣していたヘンリーは意識が戻る。
突然、話し始めたヘンリーは、ジュリアとエイミーを罵り自分を傷つける。
病院でヘンリーの検査をしたジュリアだったが、身体的な異常はなかった。
ヘンリーは精神疾患を疑われ、その後、修道院内で異常現象が起きる。
異様な言葉を発するヘンリーを見たジュリアは、エスキベル神父に助けを求める。
エスキベルを傷つけたヘンリーは、別の司祭だとジュリアに伝える。
アモルトを呼んだ教皇は、悪魔に憑依されたスペインの少年(ヘンリー)の元に向かうよう指示する。
アモルトは、かつて教会と問題を起こした修道院には邪悪なものを感じると言う教皇の話を聞き、修道院の調査をしてスペインに向かう。
エスキベルに迎えられたアモルトは、教会が自分を派遣したことに戸惑うジュリアと話し、ヘンリーに会うのだが・・・。


解説 評価 感想

ガブリエーレ・アモルトの著書”An Exorcist Tells His Story”(1990)と”An Exorcist: More Stories”(1992)を基に製作された作品。

サマリタン」(2022)などのジュリアス・エイヴァリーが監督し、主演はラッセル・クロウダニエル・ゾヴァットアレックス・エッソーフランコ・ネロなどが共演している。

ヴァチカンのエクソシスト(悪魔祓い)として活躍した実在の神父ガブリエーレ・アモルトの悪魔との壮絶な戦いを描くオカルト・ホラー。

オカルト・ホラーとしては、新鮮味もなく平凡な内容ではあるが、ユーモアをまじえ異端児的な存在のエクソシストを演ずる、ラッセル・クロウの存在感ある演技は見もので、彼を信頼する教皇を貫禄で演ずるフランコ・ネロの出演もファンには嬉しい。

ラッセル・クロウの主演作にも拘わらず、製作費は1800万ドルに抑えられ、北米興行収入は約2000万ドル、全世界では約7700万ドルと健闘し、クライマックスでも分かるように続編が期待され、既にそれが進行中であり、ラッセル・クロウが主人公を演ずることが予想されている。

悪魔祓いの経験もないまま主人公に協力することになる神父ダニエル・ゾヴァット、修道院を所有することになり恐怖の体験をする未亡人のアレックス・エッソー、その反抗的な娘ローレル・マースデン、その弟で悪魔が憑依するピーター・デソウザ=フェイオニー、主人公を擁護する司教コーネル・ジョン、対照的に、悪魔祓いに懐疑的で主人公を非難する枢機卿のライアン・オグレイディ、エスキベルと愛し合った女性キャリー・マンロー、主人公が救えなかった女性ビアンカ・バルドー、悪魔アスモデウスの声ラルフ・アイネソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022