4506 Movies

パラダイン夫人の恋 The Paradine Case (1947)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー
★ヒッチコック登場場面
★★★☆☆

1933年に発表された、ロバート・S・ヒチェンスの小説”The Paradine Case”を基に製作された作品。

夫殺害容疑で裁かれる夫人に魅了されてしまう敏腕弁護士の苦悩を描く、製作デヴィッド・O・セルズニック、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演グレゴリー・ペックアン・トッドアリダ・ヴァリルイ・ジュールダンチャールズ・ロートンエセル・バリモアチャールズ・コバーン他共演、フィルム・ノワールである法廷劇。


ドラマ

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest
グレゴリー・ペック / Gregory Peck / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:デヴィッド・O・セルズニック
原作:ロバート・S・ヒチェンス”The Paradine Case”
脚本
デヴィッド・O・セルズニック

ジェームズ・ブライディー
撮影:リー・ガームス
音楽:フランツ・ワックスマン

出演
アンソニー・キーン:グレゴリー・ペック

ゲイ・キーン:アン・トッド
マッダレーナ・アン・パラダイン夫人:アリダ・ヴァリ
アンドレ・ラトゥール:ルイ・ジュールダン
トーマス・ホーフィールド判事:チャールズ・ロートン
ソフィー・ホーフィールド:エセル・バリモア
サイモン・フラクアー卿:チャールズ・コバーン
ジュディ・フラクアー:ジョアン・テッツェル
ジョセフ検事:レオ・G・キャロル
コリンズ:ジョン・ウィリアムズ

アメリカ 映画
配給 Vanguard Films

1947年製作 114分
公開
北米:1947年12月29日
日本:1953年2月19日
製作費 $4,258,000


アカデミー賞 ■
第20回アカデミー賞
・ノミネート
助演女優賞(エセル・バリモア)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1946年、ロンドン
若くて美しいイタリア人女性マッダレーナ・アンナ・パラダイン夫人(アリダ・ヴァリ)は、警部の訪問を受け。

夫人は、目が不自由だった夫の毒殺に関与した疑いで逮捕される。

警察署に現れたパラダイン夫人の顧問弁護士サイモン・フラクアー卿(チャールズ・コバーン)は、尋問を前にして、それに対する心構えを彼女に語る。

尋問でサイモン卿の指示通り何も言うことはないと答えた夫人は、裁判で弁護を担当するのが有能なアンソニー・キーン(グレゴリー・ペック)であることを知らされる。

その後、身体検査を受けた夫人は監房に向かう。

帰宅したキーンは、妻ゲイ(アン・トッド)に迎えられ、パラダインの事件を担当することになったことを伝える。

翌日、サイモン卿と共に刑務所を訪れたキーンは、パラダイン夫人に面会する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

★ヒッチコック登場場面
上映から約37分、スコットランドグラスゴーの”カンバーランド駅”に到着した主人公グレゴリー・ペックの後に現れる、タバコを吸いながらチェロ・ケースを持つ男性がアルフレッド・ヒッチコック
彼にしては珍しくややオーバーアクションなの比較的に分かり易い。

*(簡略ストー リー)
1946年、ロンドン
若くて美しいイタリア人女性パラダイン夫人は、目が不自由であった夫の毒殺容疑で逮捕される。
夫人の顧問弁護士サイモン卿は、有能なアンソニー・キーンに弁護を担当させる。
パラダイン夫人に面会したキーンは、その美しさに魅了されてしまう。
夫人の夫が自殺したと考えるキーンは、被害者の世話をしていたラトゥールがその手助けをしたと確信する。
しかし、夫人はそれを好意的に捉えず、キーンは、彼女を救う手段だと言って考えを変えない。
その後、キーンのパラダイン夫人に対する態度を、彼の妻ゲイだけでなく周囲も気にし始める。
それを察したキーンは、夫人への想いと周囲の考えの狭間で苦悩する・・・。
__________

アルフレッド・ヒッチコックによる心理サスペンス的な内容ではあるが、大筋では法廷劇に徹した、彼にしては異色作と言ってよい作品。

主人公や周囲の者達の考えに一貫性がなく頭をかしげてしまう場面があるが、これが、混乱を誘うヒッチコックの”罠”であったのかと考えると興味津々と言ったところだろうか。

法廷シーンのやり取りを見ていると少々、疲れてしまい、裁かれる者の明かす真実なども想像がついてしまい、ヒッチコックにしては評価も低い作品。
また、彼の”仕掛け”があるとしても、それが理解できない苛立ちも感じてしまう。

他のヒッチコック作品を意識し過ぎているからとも言えるので、豪華キャストなどを単純に楽しむことをお勧めします。

第20回アカデミー賞では、短い出演ながらエセル・バリモアが助演女優賞にノミネートされた。

主演のグレゴリー・ペックは「白い恐怖」(1945)に続くヒッチコック作品で、撮影当時30歳になったばかりであり、貫録を出すために白髪交じりのメイクで敏腕弁護士を熱演している。

主人公の妻を好演する、実際にはグレゴリー・ペックよりも7歳も年上のアン・トッド、美しさだけでなく、その表情だけの演技が非常に印象的な殺人の容疑者アリダ・ヴァリ、彼女との関係や被害者である主人への忠誠心のため苦悩するルイ・ジュールダン、曲者的な役柄で存在感を発揮する判事チャールズ・ロートン、その妻役であり、実は彼より20歳も年上のエセル・バリモア、主人公を見守る弁護士チャールズ・コバーン、その娘ジョアン・テッツェルヒッチコック作品の常連、検事役のレオ・G・キャロル、同じく弁護士役のジョン・ウィリアムズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021