4237 Movies

アザー・ガイズ The Other Guys (2010)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

デスクワークを好む刑事と行動派の相棒が、ウォール街が絡む巨額詐欺事件に巻き込まれながら奮闘する姿を描く、製作、監督、脚本アダム・マッケイ、製作、主演ウィル・フェレルマーク・ウォールバーグエヴァ・メンデスマイケル・キートンサミュエル・L・ジャクソンドゥウェイン・ジョンソン他共演の痛快アクション・コメディ。


コメディ

ドウェイン・ジョンソン / Dwayne Johnson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アダム・マッケイ
製作総指揮
クリス・ヘンチー

デヴィッド・ハウスホルター
ケヴィン・J・メシック
製作
ウィル・フェレル

アダム・マッケイ
パトリック・クローリー
ジミー・ミラー
脚本
アダム・マッケイ

クリス・ヘンチー
撮影:オリヴァー・ウッド
編集:ブレント・ホワイト
音楽:ジョン・ブライオン

出演
アレン・ギャンブル:ウィル・フェレル

テリー・ホイツ:マーク・ウォールバーグ
シーラ・ラモス・ギャンブル:エヴァ・メンデス
ジーン・マウチ:マイケル・キートン
デヴィッド・アーション:スティーヴ・クーガン
ロジャー・ウェズリー:レイ・スティーヴンソン
P・K・ハイスミス:サミュエル・L・ジャクソン
クリストファー・ダンソン:ドゥウェイン・ジョンソン
フランシン:リンゼイ・スローン
クリスティニス:ナタリー・ジー
エヴァン・マーティン:ロブ・リグル
フォッシー:デイモン・ウェイアンズJr.
ジミー:ボビー・カナヴェイル
D・A・ルイス・ラッドフォード:ジョセフ・ソマー
パメラ・ボードマン:アン・ヘッシュ
ドン・ビーマン:アンディ・バックリー
本人:ブルック・シールズ
本人:ロージー・ペレス
本人:デレク・ジーター
本人:トレイシー・モーガン
ナレーター:アイス-T

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2010年製作 107分
公開
北米:2010年8月6日
日本:2011年8月20日
製作費 $100,000,000
北米興行収入 $119,219,980
世界 $170,432,980


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
市警の刑事P・K・ハイスミス(サミュエル・L・ジャクソン)とクリストファー・ダンソン(ドゥウェイン・ジョンソン)のコンビは、派手な捜査で注目を集める。

一方、デスクワークに満足している刑事アレン・ギャンブル(ウィル・フェレル)を、行動派の相棒テリー・ホイツ(マーク・ウォールバーグ)は毛嫌いする。

アレンを相手にしていると、正気を失いそうなテリーは、署内で行われている、同僚達が集うセラピーに参加する。

テリーは巡査時代に、ヤンキースデレク・ジーターを誤って撃ってしまい、左遷されたことなどを語り同僚に非難される。

その頃アレンは、同僚のエヴァン・マーティン(ロブ・リグル)とフォッシー(デイモン・ウェイアンズJr.)にからかわれ、部署内で発砲したため、彼は拳銃をジーン・マウチ警部(マイケル・キートン)に取り上げられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
市警の刑事で、デスクワークを好むアレン・ギャンブルは、行動派の相棒テリー・ホイツに嫌われていた。
署内では、派手な捜査で手柄を上げているハイスミスとダンソンがヒーロー扱いされていた。
そんな時、宝石店襲撃事件が起きて、現場に駆けつけたハイスミスとダンソンは殉職してしまう。
自分達が、ヒーローになるチャンスだと言うテリーだったが、アレンはそれに興味がない。
その後、アレンは無理矢理に現場に連れて行かれ失態を演じる。
そんなアレンは、調べていた、建設現場の足場の許可を取らない、建築主である投資家のアーションを逮捕してしまう。
アーションは、大企業”レンダル・グローバル”に巨額の損失を与え、CEOのボードマンに、それを補填するよう脅されていた。
アレンとテリーは、アーションを署に連行しようとしていたが、ボードマンが差し向けた部下ウェズリーに襲われ、アーションは連れ去られてしまう・・・。

__________

俺たちニュースキャスター」(2004)と続編、「俺たちステップ・ブラザース」(2008)など何作もでコンビを組む、ウィル・フェレルアダム・マッケイが、互いに製作にも参加している作品。

製作費1億ドルをかけた派手なコメディであり、マンハッタンを舞台にしたハード・アクションに加え、大企業が絡む巨額損失事件を扱っているだけに、その金額なども桁外れに大きいところが注目だ。

また、結局は大企業が政府により救済されてしまうという結末と、エンドクレジットで流れる、過去の詐欺事件や傲慢な企業の体質などを、痛烈に批判し皮肉っているところなどが興味深い。

北米興行収入は約1億1900万ドル、全世界では約1億7000万ドルのヒットとなった。

潜在的には悪党の素質も持つという、”温厚”な主人公ウィル・フェレルのキャラクターが実にいい。
相棒のマーク・ウォールバーグが小柄なので長身が際立ち、その巨体を持て余し気味だが、表情や仕草が愉快であり、もちろん得意の歌も聞かせてくれる。

ヒーロー願望のある、行動派刑事を熱演するマーク・ウォールバーグは、実力派らしく主人公のサポート役以上の存在感を示してくれる。

主演の二人に加え、超豪華な共演陣も見逃せない。
相変わらず妖艶な女性を演ずる主人公の妻役エヴァ・メンデス、主人公らの上司のマイケル・キートン、大物投資家スティーヴ・クーガン、彼を脅迫する企業家アン・ヘッシュ、その部下レイ・スティーヴンソン、ど派手な登場をする刑事のサミュエル・L・ジャクソンと相棒のドゥウェイン・ジョンソン、テリー(M・ウォールバーグ)の恋人リンゼイ・スローン、主人公の元恋人ナタリー・ジー、主人公をからかう同僚刑事ロブ・リグルデイモン・ウェイアンズJr.ボビー・カナヴェイル、検事のジョセフ・ソマー、弁護士のアンディ・バックリー、本人役でブルック・シールズロージー・ペレスデレク・ジータートレイシー・モーガン、そして、ナレーターはアイス-Tが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020