4218 Movies

私がクマにキレた理由 The Nanny Diaries (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2002年に発表された、エマ・マクローリンニコラ・クラウスの、ベストセラー同名小説の映画化。
先の人生が見えない女性が、ひょんなことから富豪夫人に”ナニー”(子守兼教育係)として雇われ、利己的な雇い主に家族の絆の大切さを理解させるまでの奮闘を描く、主演スカーレット・ヨハンソンローラ・リニポール・ジアマッティクリス・エヴァンス他共演、監督、脚本シャリ・スプリンガー・バーマンロバート・プルチーニによる痛快コメディ。


ドラマ(コメディ)

スカーレット・ヨハンソン / Scarlett Johansson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督
シャリ・スプリンガー・バーマン

ロバート・プルチーニ
製作
リチャード・N・グラッドスタイン

ダニー・ウルフ
原作
エマ・マクローリン

ニコラ・クラウス
脚本
シャリ・スプリンガー・バーマン

ロバート・プルチーニ
撮影:テリー・ステイシー
編集:ロバート・プルチーニ
音楽:マーク・スオッゾ

出演
アニー・ブラドック:スカーレット・ヨハンソン

アレグサンドラ・X:ローラ・リニー
スタン・X:ポール・ジアマッティ
ヘイデン”ハーバード・ホッティ”:クリス・エヴァンス
グレイヤー・アディソン・X:ニコラス・アート
リネット:アリシア・キーズ
ジュディ・ブラドック:ドナ・マーフィー
タニヤ:ブランド・ロデリック
マリア:ローザ・ニノ

アメリカ 映画
配給
MGM

ザ・ワインスタイン・カンパニー
2007年製作 104分
公開
北米:2007年8月24日
日本:2008年10月11日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $25,925,200
世界 $47,732,820


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニュージャージーの大学を卒業し、ニューヨークでの就職を考えるアニー・ブラドック(スカーレット・ヨハンソン)、21歳。

優秀な成績で大学を卒業したものの、アニーは就職の面接で、自分がどんな人物なのかも答えられない。

自分の将来図を思い描きながら、今後の方向がつかめないでいたアニーは、セントラルパークで物思いに耽っていた時に、ある事件が起きる。

少年グレイヤー(ニコラス・アート)を事故から救ったアニーは、彼の母親のミセスX/仮名(ローラ・リニー)に気に入られてしまう。

自分の名前”アニー”を名乗るものの、ミセスXに”ナニー”(子守兼教育係)と聞き間違えられてしまう。

アニーは、ミセスXに見込まれて、グレイヤーのナニーを依頼され、名刺を渡される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
マンハッタン
優秀な成績で大学を卒業したアニー・ブラドックは、就職の面接で失敗してしまい、自分自身を見定められないでいた。
そんなアニーは、セントラルパークで物思いにふけっていた時、富豪夫人ミセスXの息子グレイヤーを事故から救う。
アニーは、名前を”ナニー”(子守兼教育係)と間違えられ、夫人にナニーとして雇われることになる。
利己的なミセスXと夫は育児に関心がなく、アニーは住み込みでグレイヤーの世話をすることになり悪戦苦闘する。
しかし、孤独なグレイヤーの寂しさを知り、しれを理解したアニーは、次第に彼と心を通わせていく。
その一方、アニーは、同じアパートに住む青年ヘイデンと親密になっていく。
そしてアニーは、冷め切った夫婦関係や、バラバラになった家庭を何とか修復するために、必死に努力するのだが・・・。
__________

富豪達の、人間味のない身勝手で傲慢な生活と行動を皮肉り、そこに飛び込んだ、社会に出たばかりの女性の、直向さと成長を描いた爽やかな雰囲気のコメディ。
設定やセリフなどを注意して見ていると分かるように、ディズニー映画の名作「メリー・ポピンズ」(1964)へのオマージュ的な作品でもある。

嫌味に見える程の、ニューヨークのセレブの極めつけの生活ぶりなども興味深く、対照的に、初々しく素朴なスカーレット・ヨハンソンの熱演も注目だ。

夫婦でいる意味がない冷め切ったセレブ・カップル、地味な役も多いローラ・リニーはなかなかのはまり役で、対する、いつもはナイスガイが似合うポール・ジアマッティが、やや憎まれ役として控えめに登場する。

主人公アニー(S・ヨハンソン)を支え、根気よく口説く上流の好青年クリス・エヴァンス、やんちゃで腕白な”お坊ちゃま”ニコラス・アート、アニーの友人アリシア・キーズ、母ドナ・マーフィー、セクシーモデルのブランド・ロデリックなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020