4214 Movies

メカニック The Mechanic (1972)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

”メカニック”の異名を持つ凄腕の殺し屋の生き様を描く、監督マイケル・ウィナー、主演チャールズ・ブロンソンジャン=マイケル・ヴィンセントジル・アイアランド他共演の犯罪アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・ウィナー
製作
ロバート・チャートフ

アーウィン・ウィンクラー
脚本:ルイス・ジョン・カリーノ
撮影
リチャード・Hクライン

ロバート・ペインター
編集:フレデリック・ウィルソン
音楽:ジェリー・フィールディング

出演
アーサー・ビショップ:チャールズ・ブロンソン

スティーヴ・マッケンナ:ジャン=マイケル・ヴィンセント
コールガール:ジル・アイアランド
ハリー・マッケンナ:キーナン・ウィン
組織のボス:フランク・デ・コヴァ
ルイーズ:リンダ・リッジウェイ
キャム:ケヴィン・オニール

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1972年製作 100分
公開
北米:1972年11月17日
日本:1973年6月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
殺し屋アーサー・ビショップ(チャールズ・ブロンソン)は、あるターゲットの男を監視し、アパートの部屋に忍び込みコンロがガス漏れするように細工する。

アパートに戻った男は、ビショップが摩り替えた紅茶を飲み眠ってしまい、やがて夜になる。

向かいのアパートから、その様子を監視していたビショップは、爆薬を挟んでおいた書棚の本を狙撃し、その部屋は大爆発を起す。

その後ビショップは、父親の部下だった友人ハリー・マッケンナ(キーナン・ウィン)に呼ばれて悩みを聞かされ、彼の息子であるスティーヴ(ジャン=マイケル・ヴィンセント)とも顔を合わせ言葉を交わす。

やがて、ビショップの元に次のターゲットの資料が届くのだが、それはハリーだった。

ビショップは、心臓の弱いハリーを、計画通り銃ではなく発作を起させて殺害する。

仕事を終えたビショップは、コールガール(ジル・アイアランド)の元でひと時を楽しみ、ハリーの葬儀に出席する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

:参考
・「メカニック」(1972)
・「メカニック」(2011)
・「メカニック:ワールドミッション」(2016)


*(簡略ストー リー)
殺し屋アーサー・ビショップは、組織内で目障りな存在となった友人のハリーの抹殺指令を受けてそれを実行する。
ビショップは、父の死を悲しむこともない、ハリーの息子スティーヴの大胆さに興味を持ち、”メカニック”(殺し屋)の素質があることを見抜き組むことにする。
スティーヴに、殺し屋の極意を教え込んだビショップだったが、組織は、無断で彼と組んだことをよく思わない。
次の仕事を受けたビショップは、スティーヴが自分の殺害指令を受けていることを知る。
平静を装い、次のターゲットを追いナポリに向かった二人だったが、彼らには、組織からの抹殺命令が出ていた・・・。
__________

1970年代を代表するアクションスター、チャールズ・ブロンソンの魅力が堪能できる作品。

2011年、ジェイソン・ステイサム主演により同名作品「メカニック」がリメイクされた。

ブロンソンよりかなり年下ではあるが、盟友としてコンビを組み、”デス・ウィッシュ”シリーズ(狼よさらば/1974)などでもお馴染みのマイケル・ウィナーが、サスペンスとしてはやや物足りないものの、派手なアクションも取り入れ、ブロンソンの個性を生かした作品として十分に楽しめる。

ストーリーの内容よりも、1970年代の雰囲気が漂う、作品そのもののイメージが、当時、劇場に足を運んだ者にとっては、なんとも言えない郷愁を誘う。

無駄のない身のこなし、必要以上に言葉を発しない寡黙な男、その表情で、優れた洞察力と深い人生を感じ取れる、魅力溢れるブロンソンは、正に絵になるスターだ。

主人公に殺し屋としての素質を見出される若きジャン=マイケル・ヴィンセント、当時のブロンソンの妻で、コールガール役のジル・アイアランド、主人公の友人でもありターゲットとなるキーナン・ウィン、組織のボス、フランク・デ・コヴァ、自殺願望者リンダ・リッジウェイ等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020