4354 Movies

黄金の腕 The Man With the Golden Arm (1955)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1949年に発表された、ネルソン・アルグレン同名小説の映画化。
”黄金の腕”と呼ばれる、ポーカーのディーラーから足を洗おうとする麻薬中毒患者が、再起を目指すものの誘惑に負け人生に絶望する姿を描く、製作、監督オットー・プレミンジャー、主演フランク・シナトラエリノア・パーカーキム・ノヴァク他共演による社会派ドラマの佳作。


ドラマ(社会派)

キム・ノヴァク / Kim Novak / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:オットー・プレミンジャー
製作:オットー・プレミンジャー
原作:ネルソン・アルグレン
脚本
ウォルター・ニューマン

ルイス・メルツァ
撮影:サム・リーヴィット

編集:ルイス・R・ローフラー
タイトルデザイン:ソウル・バス
美術・装置
ジョセフ・C・ライト
ダレル・シルヴェラ
音楽:エルマー・バーンスタイン

出演
フランク・シナトラ:フランキー・マシーン
エリノア・パーカー:ゾシュ
キム・ノヴァク:モリー
ダーレン・マクギャヴィン:ルイ・フォモロウスキー
ロバート・ストラウス:ゼロ・シュワイフカ
アーノルド・スタング:スパロー
ジョン・コンテ:ジョニー
ドロ・メランデ:ヴァイ
エミール・ミーヤー:ベドナー警部
シェリー・マン:本人
ショーティ・ロジャース:本人

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1955年製作 119分
公開
北米:1955年12月15日
日本:1956年5月3日


アカデミー賞 ■
第28回アカデミー賞
・ノミネート
主演男優(フランク・シナトラ)
美術・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
麻薬の更生病院から、地元シカゴに帰ってきたフランキー・マシーン(フランク・シナトラ)は、相棒のスパロー(アーノルド・スタング)の歓迎を受ける。

フランキーは、麻薬の売人ルイ・フォモロウスキー(ダーレン・マクギャヴィン)の誘いを断り自宅に急ぐ。

帰宅したフランキーは、車椅子生活の妻ゾシュ(エリノア・パーカー)を抱きしめて再会を喜ぶ。

病院で習った、ドラムで生活するというフランキーを心配するゾシュは、実は歩けるのだが、彼の気を引くために仮病を使っていたのだった。

ポーカーのディーラーとして、”黄金の腕”と呼ばれていたフランキーに、胴元ゼロ・シュワイフカ(ロバート・ストラウス)が近づくが、足を洗った彼はその誘いを断る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
シカゴ
麻薬更生病院からシカゴに戻ったフランキー・マシーンは、麻薬の売人の誘いを断り自宅に向かう。
帰宅したフランキーは、車椅子生活を送る妻ゾシュとの再会を喜ぶ。
フランキーは、病院で習ったドラムで生計を立てることを考える。
ゾシュはそれに不安を感じるのだが、実は歩ける彼女は、フランキーの気を引くために仮病を使っていたのだった。
ポーカーのディーラーとして、”黄金の腕”と呼ばれていたフランキーは、足を洗うことを決意してドラムに懸ける。
しかし、フランキーはあることで逮捕されてしまい、保釈を条件にディーラーを引き受けることになる。
フランキーには、その後も麻薬の誘惑などは続き、ドラマーの夢も捨てきれない。
それに反対し、自分が起こした事故が原因で歩けなくなったことを、他人に話すゾシュに嫌気が差し、フランキーは、麻薬の売人の元に向かう。
そんな、精神不安を抱えるフランキーの心を、酒場で働くモリーが癒す・・・。
__________

当時としては、その内容が衝撃的で、”異端児”に相応しいオットー・プレミンジャーらしい意欲作だ。

彼とのコンビで有名なソウル・バスのデザインによる、白いラインが”腕”に変形するオープニングとエンディングのタイトル・デザインも印象的だ。

エルマー・バーンスタインの、アカデミー賞にノミネートされた、モダン・ジャズを使った力強い音楽も素晴らしい。

第28回アカデミー賞では、主演男優(フランク・シナトラ)、美術、作曲賞にノミネートされた。

今後、度々登場する薬物依存症からの克服場面は、一晩で正気に戻ってしまうところなどが、「フレンチ・コネクション2」(1975)などに比べるとやや物足りない気はする。

しかし、「地上より永遠に」(1953)で低迷から脱し、迫真の演技を見せるフランク・シナトラの復活を確実なものにした、2度目の黄金期を迎えることになる、彼の俳優としての実力を証明した記念すべき作品とも言える。

貴婦人のような役が似合うエリノア・パーカーだが、嫉妬と哀れみを請う妻役の熱演は見もので、20代前半とは思えないキム・ノヴァクの妖艶な魅力と逞しさも、ドラマに強烈なインパクトを与える。

主人公を、破滅の道に追いやる麻薬密売人のダーレン・マクギャヴィン、強欲な胴元ロバート・ストラウス、特異なキャラクター主人公の相棒アーノルド・スタングなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020