4219 Movies

ラブリーボーン The Lovely Bones (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2002年に発表された、アリス・シーボルトのベストセラー同名小説の映画化。
惨殺された少女が、自分の死が原因で崩壊しかけた家族を見捨てられずに、別世界でそれを見守りながら、に困難を乗り越えようとする姿を描く、製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、製作、監督ピーター・ジャクソン、主演シアーシャ・ローナンマーク・ウォールバーグレイチェル・ワイズスタンリー・トゥッチスーザン・サランドン他共演のファンタジー・サスペンス。


ドラマ

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧
シアーシャ・ローナン / Saoirse Ronan / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ピーター・ジャクソン
製作総指揮
スティーヴン・スピルバーグ

テッサ・ロス
製作
キャロリン・カニンガム

フラン・ウォルシュ
ピーター・ジャクソン
原作:アリス・シーボルト

脚本
フラン・ウォルシュ

フィリッパ・ボウエン
ピーター・ジャクソン
撮影:アンドリュー・レスニー
編集:ジャベス・オルセン
音楽:ブライアン・イーノ

出演
スーザン”スージー”サーモン:シアーシャ・ローナン

ジャック・サーモン:マーク・ウォールバーグ
アビゲイル・サーモン:レイチェル・ワイズ
ジョージ・ハーヴィー:スタンリー・トゥッチ
リン:スーザン・サランドン
リンジー・サーモン:ローズ・マクアイヴァー
バックリー・サーモン:クリスチャン・トーマス・アシュデール
レン・フェナーマン:マイケル・インペリオリ
レイ・シン:リース・リッチー
ルース・コナーズ:キャロリン・ダンド
クラリッサ:アマンダ・ミシュルカ
ブライアン・ネルソン:ジェイク・アベル
デニース”ホリー”ル・アン:ニッキー・スーフー
ケイデン:トム・マッカーシー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

2009年製作 135分
公開
北米:2009年12月11日
日本:2010年1月29日
製作費 $65,000,000
北米興行収入 $43,818,840
世界 $93,621,300


アカデミー賞 ■
第82回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優賞(スタンリー・トゥッチ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1973年。
14歳のスーザン”スージー”サーモン(シアーシャ・ローナン)は、父ジャック(マーク・ウォールバーグ)、母アビゲイル(レイチェル・ワイズ)、妹のリンジー(ローズ・マクアイヴァー)、そして弟バックリー(クリスチャン・トーマス・アシュデール)とで、幸せな生活を送っていた。

ある日、スージーは弟バックリーの呼吸が止まったのを知り、慌てて車を運転して、病院に運び彼の命を救う。

スージーは、祖母リン(スーザン・サランドン)から、弟を救った自分が長生きすると言われるのだが・・・。

クリスマスも近づく頃、ショッピングセンターに家族で買い物に行ったスージーは、同級生のレイ・シン(リース・リッチー)をみかけて心奪われてしまう。

1973年12月6日。
スージーは学校でレイに声をかけられ、彼が自分に好意を持っていることを知る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
幸せなサーモン家の長女スーザン”スージー”が、隣人ハーヴィーに殺されてしまう。
スージーの遺体は見つからず、諦めきれない父ジャックは彼女を見つけ出そうとする。
しかし、現実を受け入れた母アビゲイルは精神的に不安定になり、家族の絆に亀裂が入り始める。
その頃スージーは、あまりにも早い自分の死を受け入れられずに、天国を前にした世界で家族にメッセージを送り続ける。
一方、犯人のハーヴィーは、自分を疑い始めたスージーの妹リンジーを襲う行動にでる。
そしてスージーのメッセージを感じたジャックは、ハーヴィーが犯人だと確信するのだが・・・。
__________

残忍な少女惨殺事件のサスペンスにファンタジーを絡めたピーター・ジャクソンの斬新な演出、そして期待のアイルランド人子役シアーシャ・ローナン他の魅力的な出演者なども話題になった作品。

おぞましい殺人が起きる現実とは余りにも対照的な、VFXポストプロダクションWATAデジタル”による、天国(の手前)の世界観など脅威の映像が楽しめる。

原作を読んでいないと解りにくい”ラブリーボーンが育つ(成長)していく・・・”というセリフの意味は、単純に、家族の絆がより強くなっていくという解釈であろう。

序盤から引き込まれるストーリーなのだが、中盤までに祖母の存在を強調して描く割には、後半に、期待していたほどの彼女の絡みや、スージーの存在を感じる弟の霊感などについての言及もなく、やや消化不良的な感じもする。

そのせいか、北米興行収入も前評判を下回り約4400万ドル弱、全世界でも1億ドルに達しないという、ピーター・ジャクソン作品にしては、やや寂しい結果に終わってしまった。

つぐない」(2007)でアカデミー助演賞候補になった、主演の大役を任されたシアーシャ・ローナンは、その直後の撮影でもあり、当時まだ13歳とは思えない、物語をリードする貫禄さえ感じる見事な演技を見せてくれる。

大物スターながら、主人公の娘を控えめな演技で支える両親役マーク・ウォールバーグレイチェル・ワイズ、他の作品とは全く違う雰囲気で、平静を装う残虐な殺人鬼を好演するスタンリー・トゥッチ、上記のように、その存在を期待しただけに、地味な役柄に徹する祖母役のスーザン・サランドン、中盤から重要な役として活躍する、主人公の妹役ローズ・マクアイヴァー、弟クリスチャン・トーマス・アシュデール、刑事役のマイケル・インペリオリ、主人公が思いを寄せるリース・リッチー、霊感を持つ少女キャロリン・ダンド、主人公の友人アマンダ・ミシュルカ、その恋人のジェイク・アベル、殺人の犠牲者で別世界の案内役のニッキー・スーフー、校長トム・マッカーシーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020