4297 Movies

ルーザーズ The Losers (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

DCコミックの”Vertigo”から、2003-2006年にかけて発行されたコミック”The Losers”を基に製作された作品。
CIAや政府に関る男に裏切られた元米陸軍特殊部隊員が、同じ男を狙う謎の女と手を組み復讐を誓い戦いに挑む姿を描く、主演ジェフリー・ディーン・モーガンゾーイ・サルダナクリス・エヴァンス他共演、監督シルヴァン・ホワイトによるハード・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:シルヴァン・ホワイト
製作総指揮
スティーヴ・リチャーズ
アンドリュー・ローナ

サラ・オーブリー
スチュアート・ベッサー

製作
ジョエル・シルバー

アキヴァ・ゴールズマン
ケリー・フォスター
原作:アンディ・ディッグルThe Losers
脚本
ピーター・バーグ

ジェームズ・ヴァンダービルト
撮影:スコット・キーヴァン
編集:デヴィッド・チェセル
音楽:ジョン・オットマン

主題歌:ジャーニーDon’t Stop Believin’

出演
フランクリン・クレイ大佐:ジェフリー・ディーン・モーガン
アイシャ・アル=ファディール:ゾーイ・サルダナ
ジェイク・ジェンセン:クリス・エヴァンス
ウィリアム・ローク:イドリス・エルバ
リンウッド”プーチ”ポルテウス:コロンバス・ショート
カルロス”クーガー”アルヴァレス:オスカル・ハエナダ
マックス:ジェイソン・パトリック
ウェイド:ホルト・マッキャラニー
ヴィクラム:ピーター・マクディッシ
ファディール:ピーター・フランシス・ジェームズ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2010年製作 97分
公開
北米:2010年4月23日
日本:未公開
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $23,580,740
世界 $29,379,720


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ボリビア
アメリカ陸軍特殊部隊員、通信と技術を担当するジェイク・ジェンセン(クリス・エヴァンス)、長距離射撃手カルロス”クーガー”アルヴァレス(オスカル・ハエナダ)、運送と重火器担当のリンウッド”プーチ”ポルテウス(コロンバス・ショート)、爆薬と戦術担当のウィリアム・ローク(イドリス・エルバ)、そして、作戦の式を執るフランクリン・クレイ大佐(ジェフリー・ディーン・モーガン)は、武器の密売人の標的である、ファディール(ピーター・フランシス・ジェームズ)を追っていた。

攻撃目標を見つけたチームは、その場に子供達がいることを確認し、作戦を中止させようとする。

CIAや政府に関係している、指令を出す謎の男”マックス”(ジェイソン・パトリック)に、それを許可されないクレイは、現場に向かい、攻撃寸前で子供達を救い出す。

その後クレイらは、自分達の代わりに子供達をヘリコプターに乗せるものの、爆破されてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
フランクリン・クレイ大佐率いる、各分野のエキスパートを集めた、アメリカ陸軍特殊部隊の5人は、CIAや政府に関る謎の男マックスに裏切られ、その存在を抹消される。
クレイらはボリビアに潜伏していたが、彼の前に謎の女アイシャが現れる。
お互いの目的がマックスだと分かった二人は、アイシャの指示に従い密かにアメリカに入国し、復讐の準備を始める。
行動を開始したクレイらは、あるハードディスクを奪い、その中に、マックスの無記名の電子債券4億ドルが隠されていることを知る。
一方、債権を奪われたマックスは、武器の密売組織と手を組み、破壊兵器を手に入れることを企む。
そして、クレイらはその取引場所を突き止めて、攻撃を仕掛けようとするのだが、アイシャの正体が明らかになる・・・。
__________

有り勝ちな、裏切られた荒くれ者達の復讐劇という感じは脱しきれず、魅力的なキャストの個性も生かされていない、今一歩という思いしか残らない作品。

男臭い各キャラクターや、どこかで見たようなチームの構成も新鮮味がなく、アクションを含め映像的にも平凡な仕上がりに終わっている。

北米興行収入で製作費を上回れず、全世界のトータルでも3000万ドルに達しない結果に終わった。

そんな中で、チームの指揮官であるジェフリー・ディーン・モーガンが、スーパーマン的な強さを発揮することはないのだが、渋さを感じさせる魅力的な男を演じているのが印象的だ。

対照的に、全く彼らしくない悪役ジェイソン・パトリックはミスキャスト気味で、続編での再登場を予感させるクライマックスも、あまり期待できないというところだろうか。
(続編ができればの話だが・・・)

謎の女を無難に演ずるゾーイ・サルダナ、彼らしいユーモア溢れる演技が楽しめる、チーム・メンバーのクリス・エヴァンス、仲間達を裏切るイドリス・エルバ、ひょうきんな運送重火器担当のコロンバス・ショート、百発百中のスナイパー役オスカル・ハエナダ、マックス(J・パトリック)の部下ホルト・マッキャラニー、武器商人ピーター・マクディッシ、ヒロインの父ピーター・フランシス・ジェームズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020