4240 Movies

ロング・グッドバイ The Long Goodbye (1973)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1953年に発表された、レイモンド・チャンドラー同名小説を基に製作された作品。
友人が妻を殺害して従犯扱いされ、ギャングからも大金を隠していると疑われた私立探偵が、友情を信じて真相を追求しようとする姿を描く、監督ロバート・アルトマン、主演エリオット・グールドニーナ・ヴァン・パラントスターリング・ヘイドンデヴィッド・キャラダイン、端役でアーノルド・シュワルツェネッガー共演のハードボイルド犯罪サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アーノルド・シュワルツェネッガー / Arnold Schwarzenegger 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・アルトマン
製作総指揮:エリオット・カストナー
製作:ジェリー・ビック
原作:レイモンド・チャンドラー
脚本:リー・ブラケット
撮影:ヴィルモス・シグモンド
編集:ルー・ロンバルド
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
フィリップ・マーロウ:エリオット・グールド

アイリーン・ウェイド:ニーナ・ヴァン・パラント
ロジャー・ウェイド:スターリング・ヘイドン
マーティ・オーガスティン:マーク・ライデル
テリー・レノックス:ジム・バウトン
ヴァーリンジャー医師:ヘンリー・ギブソン
ハリー:デヴィッド・アーキン
オーガスティンの手下:アーノルド・シュワルツェネッガー
デイヴ/ソクラテス:デヴィッド・キャラダイン

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1973年製作 112分
公開
北米:1973年3月7日
日本:1974年2月23日
製作費 $1,700.000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス郡
私立探偵のフィリップ・マーロウ(エリオット・グールド)は、夜中だというのに、餌を欲しがる猫に起こされる。

餌を買いに行き戻ったマーロウは、夫婦喧嘩をしたと言う、怪我をした親友のテリー・レノックス(ジム・バウトン)の訪問を受ける。

レノックスは、ある者達に追われていると言って、メキシコティファナへの逃亡の協力をマーロウに頼む。

テリーをティファナに送ったマーロウはアパートに戻るが、待っていた刑事二人にレノックスのことで尋問を受ける。

何も答えようとしないマーロウは、警察に連行されてしまい、レノックスの妻殺しの従犯容疑で逮捕され、再び尋問を受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス郡
私立探偵フィリップ・マーロウは、妻と喧嘩をし、男達に追われていると言う親友レノックスに頼まれ、彼をメキシコティファナに連れて行く。
しかし、マーロウは、妻を殺したレノックスの共犯者として逮捕されてしまう。
一件を信じないマーロウだったが、レノックスが、殺人を自白して自殺したために釈放される。
戸惑うマーロウは、小説家ロジャー・ウェイドの妻アイリーンに呼ばれる。
アイリーンは、行方のわからないアルコール依存症のロジャーの捜索をマーロウに依頼する。
マーロウは、病院にいたロジャーを難なく連れ戻すのだが、同時にギャングのオーガスティンに、レノックスが奪った金を隠していることを疑われてしまう。
ところが、マーロウは、ロジャーやアイリーンがオーガスティンと関係していることを知り、複雑な事件の真相を探ろうとするのだが・・・。
__________

名匠ロバート・アルトマンが、1950年代の原作を現代(1970年代)を舞台にして描く、シャープな演出は今観ても斬新で、一級のサスペンスに仕上がっている。

優柔不断な作家や、どこか謎めいた存在のその妻、ただ脅しをかけるだけでない、ユーモラスなギャングなど、個性豊かな登場人物それぞれが、実に印象深い役柄として描かれている。

キャリアは十分であり、いよいよ軒並み話題作を担当し、第一人者となるジョン・ウィリアムズが音楽を担当している。

魅力的な主人公を演ずるエリオット・グールドは、キャリア・ベストと言ってもいい熱演を見せる。

こちらもヘミングウェイをモデルにした作家を好演する、際立つ長身のスターリング・ヘイドンと、エリオット・グールドが体格で引けを取らないことに気づき、終盤に登場する端役のアーノルド・シュワルツェネッガーが小柄に見えるのには驚いた。

陰謀に加担していた小説家の妻ニーナ・ヴァン・パラント、ギャングのボスを怪演するマーク・ライデル、主人公を裏切る友人ジム・バウトン、医師ヘンリー・ギブソン、ギャングのデヴィッド・アーキン、同じく、筋肉だけは凄いアーノルド・シュワルツェネッガー、そして、デヴィッド・キャラダインが、主人公と同じ留置場内で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020