4218 Movies

ローン・レンジャー The Lone Ranger (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

フラン・ストライカージョージ・W・トレンドルによる創作キャラクターであり、テレビ・ドラマ、映画化された西部のヒーロー”ローン・レンジャー”を基に製作された作品。
テキサス・レンジャーの兄を殺された地方検事が、同じ復讐相手を追う悪霊ハンターと共に悪に立ち向かう姿を描く、製作ジェリー・ブラッカイマー、製作、監督ゴア・ヴァービンスキー、製作総指揮、主演ジョニー・デップアーミー・ハマートム・ウィルキンソンルース・ウィルソンヘレナ・ボナム=カーターウィリアム・フィクナー他共演による、コメディ・タッチのウエスタン・アクション超大作。


西部劇

ジョニー・デップ / Johnny Depp 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ゴア・ヴァービンスキー
製作
ジェリー・ブラッカイマー

ゴア・ヴァービンスキー
製作総指揮
ジョニー・デップ

エリック・マクレオド
エリック・エレンボーゲン
テッド・エリオット

チャド・オマン
マイク・ステンソン
テリー・ロッシオ

原作
フラン・ストライカー

ジョージ・W・トレンドル
ローン・レンジャー
原案
テッド・エリオット

テリー・ロッシオ
ジャスティン・ヘイス
脚本
ジャスティン・ヘイス

テッド・エリオット
テリー・ロッシオ
撮影:ボジャン・バゼリ
編集
ジェームズ・ヘイグッド

クレイグ・ウッド
音楽:ハンス・ジマー

出演
トント:ジョニー・デップ

ジョン・リード/ローン・レンジャー:アーミー・ハマー
レイサム・コール:トム・ウィルキンソン
レベッカ・リード:ルース・ウィルソン
レッド・ハリントン:ヘレナ・ボナム=カーター
ブッチ・キャヴェンディッシュ:ウィリアム・フィクナー
ダン・リード:ジェームズ・バッジ・デール
ダニー・リード:ブライアント・プリンス
ジェイ・フラー大尉:バリー・ペッパー

チーフ・ビッグ・ベア:サギノー・グラント
ウィル:メイソン・クック
フランク:ハリー・トレッダウェイ
ヘスース:ホアキン・コシオ
コリンズ:レオン・リッピー
ハバーマン:スティーヴン・ルート
バレット:ジェームズ・フレイン
レッド・ニー:ギル・バーミンガム
ウェンデル:JD・カラム
レイ:デイモン・ヘリマン
スキニー:マット・オリアリー
ナヴァロ:ロバート・ベイカー
ホリス:リュー・テンプル

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

2013年製作 149分
公開
北米:2013年7月3日
日本:2013年8月2日
製作費 $215,000,000
北米興行収入 $89,302,120
世界 $260,502,120


アカデミー賞 ■
第86回アカデミー賞
・ノミネート
メイクアップ&ヘアスタイリング・視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1933年、サンフランシスコ
ローン・レンジャー”のコスチュームの少年ウィル(メイソン・クック)は、カーニバルのオールドウエストの展示物を見て回る。

ウィルは、コマンチの先住民で、頭にカラスを乗せた悪霊ハンターである年老いた”トント”(ジョニー・デップ)が自分を見たことに驚き、おもちゃの拳銃を向けて撃つ。

トントは”キモサベ?”と言って、ウィルが落としたポップコーンとお守りを交換する。

自分を誰と思ったのかとトントに尋ねるウィルはマスクを外す。

トントはマスクを外すなと言って、なぜだと質問するウィルを睨む・・・。

ローン・レンジャー(アーミー・ハマー)と銀行を襲ったことをトントから聞いた少年は、ローン・レンジャーはいい人ではなかったのかと尋ねる。

トントは、善人がマスクをつける時が来ると答える。
__________

1869年、テキサス州、コルビー。
地方検事のジョン・リード(アーミー・ハマー)は、完成途中の”大陸横断鉄道”に乗り故郷に向かう。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1869年、テキサス州。
コマンチの先住民で悪霊ハンターのトントは、かつての痛ましい思い出を胸に無法者ブッチを追っていた。
地方検事ジョン・リードは故郷に戻るものの、ブッチにテキサス・レンジャーの兄ダンを殺され自分も重傷を負う。
ジョンに逮捕されていたトントは牢屋を脱出して、襲われて生き延びたジョンを助ける。
トントは、死んだと思われているジョンにマスクを渡しローン・レンジャーとなることを提案し、協力し合いブッチを捕らえようと考えるのだが・・・。
________

お馴染のテーマ曲に乗り登場する、西部のヒーローの活躍に胸躍らされるファンは多いはずで、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの、ジェリー・ブラッカイマーゴア・ヴァービンスキージョニー・デップという超ビッグな組み合わせで製作された、とてつもないスケールのディズニー作品ということで大変な話題になった。

しかし、アメリカ人が愛して止まない伝説的ヒーロー物語は意外にも受け入れられず不評に終わってしまった。

2億1500万ドルをかけた超大作なのだが、北米興行収入は約8900万ドル、全世界では何とか健闘して約2億6000万ドルを稼ぎ出すものの、成功したとは言えない結果となった。

タイトル通りいけば”ローン・レンジャー”が完全な主役でなければいけないのだが、あくまでジョニー・デップ作品であり、彼とアメリカン・ヒーローの描き方のバランスが良くなかったとも言える。

ジョニー・デップは、全く素顔を見せない悪霊ハンター”トント”を怪演するが、キャラクターが「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの”ジャック・スパロウ”的でもある。
魅力的で楽しく演じているのだが新鮮味を考えると物足りない。

”ローン・レンジャー”演ずるアーミー・ハマーも、顔立ちが整った際立つ長身は見栄えはするが、一歩間違えば単なる”木偶の坊”になりかねない程度でインパクトに欠ける。

とは言え、西部劇ファンには嬉しいロケーションや、往年の作品を意識したようなオマージュ的なシーンもあり、ドタバタ喜劇の要素も含めたまずまずの仕上がりにはなっている。

大金をかけただけあり、メイク、セット、衣装などはなかなか凝っていて、アクションや特撮他スケール感もあり豪華キャストも注目だ。

第86回アカデミー賞では、メイクアップ&ヘアスタイリング、視覚効果賞にノミネートされた。

鉄道事業を支配しようとする悪の黒幕トム・ウィルキンソン、ジョン・リード/ローン・レンジャーのかつての恋人で、兄(ジェームズ・バッジ・デール)の妻ルース・ウィルソン、その息子ブライアント・プリンス、主人公らをサポートする娼館のマダム、ヘレナ・ボナム=カーター、無法者のリーダー、ウィリアム・フィクナー、騎兵隊大尉バリー・ペッパーコマンチの酋長サギノー・グラント、老トントと話す少年メイソン・クック、無法者一味のハリー・トレッダウェイホアキン・コシオレオン・リッピー、鉄道会社会長スティーヴン・ルートなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020