4214 Movies

ラスト・ボーイスカウト The Last Boy Scout (1991)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

世間から見放された私立探偵と元プロ・フットボーラーが手を組み巨悪に立ち向かう姿を描く、監督トニー・スコット、主演ブルース・ウィリスデイモン・ウェイアンズ他共演のサスペンス・ハードアクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:トニー・スコット
製作総指揮
シェーン・ブラック
バリー・ジョセフソン
製作
ジョエル・シルバー
マイケル・レヴィー
原案
シェーン・ブラック
グレッグ・ヒックス
脚本:シェーン・ブラック
撮影:ウォード・T・ラッセル
編集:マーク・ゴールドブラット
音楽:マイケル・ケイメン

出演
ジョー・ハレンベック:ブルース・ウィリス
ジェームズ・アレクサンダー”ジミー””デンジャラス”ディックス:デイモン・ウェイアンズ
カルヴィン・ベイナード上院議員:チェルシー・ロス
シェルドン・マルコン:ノーブル・ウィリンガム
ダリアン・ハレンベック:ダニエル・ハリス
サラ・ハレンベック:チェルシー・フィールド
マイロ:テイラー・ネグロン
コリー:ハル・ベリー
マイク・マシューズ:ブルース・マッギル
ベンジャミン・バッサーロ:ジョー・サントス
ビリー・コール:ビリー・ブランクス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1991年製作 105分
公開
北米:1991年12月13日
日本:1991年12月
北米興行収入 $59,509,930


*詳細な内容、結末が記載されています。

ストーリー ■
雨の中のプロ・フットボールの試合、ロサンゼルス・チームのスター選手で、ランニングバック、ビリー・コール(ビリー・ブランクス)は、ハーフタイムに電話を受ける。

電話の主マイロ(テイラー・ネグロン)は、大金のかかった試合でビリーにタッチダウンを迫り、手段を選ばぬ方法でそれを実行するよう強要する。

負けているロサンゼルスのオーナー、シェルドン・マルコン(ノーブル・ウィリンガム)は、終盤のビリーの奮起に期待をかける。

最後のプレイ、ボールを受けたビリーは、立ちはだかる相手選手になんと銃を発砲し、自らフィールドにしゃがみ込み自殺する。

シークレット・サービスを辞職し、今は落ちぶれた私立探偵に成り下がっているジョー・ハレンベック(ブルース・ウィリス)は、仕事仲間のマイク・マシューズ(ブルース・マッギル)から仕事を回される。

ジョーは、別れた妻サラ(チェルシー・フィールド)の元に向かい、彼女と浮気して隠れていたマイクを見つける。

裏切ったマイクに、拳の一撃を食らわせたジョーは、彼から紹介されたストリッパー、コリー(ハル・ベリー)の警護を始めようとするが、その直後、マイクは車ごと爆殺される。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

シェーン・ブラックとグレッグ・ヒックスの原案を基に、ブラック自身が脚本を担当した作品。

*(簡略ストー リー)
シークレット・サービスの落ちぶれた私立探偵ジョー・ハレンベックは、仕事仲間のマイクからストリッパー、コリーの警護の仕事を回される。
妻サラがマイクと浮気していることに気づいたジョーは、彼を懲らしめるものの、マイクは車で爆殺されてしまう。
その後、ジョーはコリーの恋人で元プロ・フットボーラーのジミーに因縁をつけられる。
それを軽くかわしたジョーは、何者かに襲われるもののそれを逃れてコリーの元に向かう。
しかし、コリーはジョーとジミーの目の前で射殺されてしまい、ジミーはショックを受ける。
やがて二人は、プロ・フットボール界の大物と政治家の陰謀に巻き込まれる。
妻子からも軽蔑される落ちぶれた探偵ジョーと、賭博と麻薬絡みでフットボール界から追放されたジミーは、巨悪に立ち向かうため手を組むことになるのだが・・・。
__________

主人公の生き様に”正道”という文字は無く、現代に現れた非社会的なアウトローという雰囲気故に、原題の”・・Boy Scout”という意味(正義漢)が奥深い。

正義漢というより、荒っぽいとてつもないタフガイという意味の方が近いようにも思える。
それは、主演のブルース・ウィリスのヒット・シリーズである「ダイ・ハード」シリーズの主人公”ジョン・マクレーン”に通じるところもあり、当時キャラクターに新鮮味がなかったことが災いしたのか、彼の主演作にしては興行的に成功した作品とは言えない。

北米興行収入 $59,509,930

しかし、彼のイメージをリセットして観直してみると世間に背を向けたタフなヒーロー像は受け入れることができる。

ヒットメイカーであるトニー・スコットの、派手さだけでない歯切れのいい軽快な演出も見応えがある。

元スター選手ではあるが、完全無欠ではなく弱みを見せるところなどが、ブルース・ウィリス演ずる主人公とバランスが取れているデイモン・ウェイアンズも好演している。

スポーツ界の賭博事業のため賄賂を要求する政治家役のチェルシー・ロス、黒幕のノーブル・ウィリンガム、主人公の娘ダニエル・ハリス、妻チェルシー・フィールド、黒幕の右腕テイラー・ネグロン、殺害されるダンサーのハル・ベリー、探偵仲間のブルース・マッギル、刑事のジョー・サントス、そしてスター選手として冒頭で登場するのは、日本で有名になった”ビリーズブートキャンプ”のビリー・ブランクスだ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020