4354 Movies

ウソから始まる恋と仕事の成功術 The Invention of Lying (2009)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

イギリスの人気コメディアン、リッキー・ジャーヴェイス製作、監督、脚本の意欲作。
世の中にウソが存在しない世界で、ウソをついてしまった脚本家が世の中に変化を与えながら自身に降りかかる騒動を描く、ジェニファー・ガーナージェニファー・ガーナーロブ・ロウ他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督
リッキー・ジャーヴェイス

マシュー・ロビンソン
製作総指揮
テリー・ダガス
テッド・フィールド

スー・ベイデン=パウエル
製作
リッキー・ジャーヴェイス

脚本
マシュー・ロビンソン

リッキー・ジャーヴェイス
撮影:ティモシー・サーステッド
編集:クリス・ギル
音楽:ティム・アタック

出演
マーク・ベリソン:リッキー・ジャーヴェイス

アンナ・マクドーグルス:ジェニファー・ガーナー
ブラッド・ケスラー:ロブ・ロウ
フランク・フォーセット:ジョナ・ヒル
グレッグ・クラインシュミット:ルイス・C・K
アンソニー・ジェームス:ジェフリー・タンバー
マーサ・ベリソン:フィオヌラ・フラナガン
シェリー・ベイリー:ティナ・フェイ
ネイサン・ゴールドフラップ:クリストファー・ゲスト
医師:ジェイソン・ベイトマン
ジム/バーテンダー:フィリップ・シーモア・ホフマン
パトロール警官:エドワード・ノートン
劇場の観客:マイケル・ケイン

アメリカ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ
ワーナー・ブラザーズ(北米)
フォーカス・フィーチャーズ(世界)
2009年製作 99分
公開
北米:2009年9月14日
日本:未公開
製作費 $18,500,000
北米興行収入 $18,439,080
世界 $32,406,510


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ウソが存在しない世界の話。
映画会社の脚本家マーク・ベリソン(リッキー・ジャーヴェイス)は、40代の冴えない男だった。

マークは、魅力的な女性アンナ・マクドーグルス(ジェニファー・ガーナー)とデートするのだが、あからさまに容姿など本音で言われ、二度と会いたくないとも付け加えられる。

翌日、出社したマークは、秘書シェリー・ベイリー(ティナ・フェイ)から、解雇される予定を知らされる。

予定通り、上司のアンソニー・ジェームス(ジェフリー・タンバー)からクビを言い渡されたマークは、アンナからの交際を断るメールも受ける。

そして、シェリーと、同じ脚本家ブラッド・ケスラー(ロブ・ロウ)に、散々嫌味を言えわれ、マークは会社を後にする。

介護施設にいる母マーサ(フィオヌラ・フラナガン)に会いに行ったマークは、解雇されたことと、孤独で希望もないことを彼女に伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ウソのない世界に住む、冴えない中年の脚本家マーク・ベリソンは、周囲から容赦なく本音を言われて落ち込んでしまう。
意中の女性アンナにも相手にされずに、映画会社もクビになったマークは、生活も困窮する。
そんな、時マークは家賃を請求され、預金を引き出す時にウソをついてしまう。
世界で初めてウソをついてしまったマークは快感を感じ、それを親友のグレッグに話して聞かせる。
その後、運が回ってきたマークは、カジノで大金を手に入れ、新しい物語の発想も浮かび、脚本家として復帰する。
やがて、成功したマークは、自信を持ってアンナを誘うが、遺伝子は変わらないと言われてしまう。
そんなマークは、臨終を迎える母に、死後の世界の素晴らしさを語ってしまい、それが世間で話題になり、大騒動になる・・・。
__________

コメディアン、リッキー・ジャーヴェイスの容姿を生かし、ウソのない”理想の世界” で打ちひしがれていく、冴えない男の浮き沈みを、ユーモラスに描いた作品。

日本では劇場未公開で、DVD化などもされていないのは残念。

人気スターというには、余りにも平凡に見える、リッキー・ジャーヴェイスのキャラクターは最高で、彼のワンマン・ショーでありながら、 周囲の味のある多彩なキャラクターも、主人公にうまく絡んでくる、楽しい作品に仕上がっている。

舞台設定はアメリカなのだが、どことなくその雰囲気がイギリスを感じさせるロケーションや、やはりイギリス的な皮肉や風刺がちりばめられた異色作。

主人公に心揺り動かされる女性ジェニファー・ガーナー、彼女を狙う”最高の遺伝子” を持っていそうな脚本家ロブ・ロウ、主人公の隣人ジョナ・ヒル、ヌーボーとしたキャラクターがまた可笑しい、主人公の親友ルイス・C・K、上司ジェフリー・タンバー、母親フィオヌラ・フラナガン、秘書ティナ・フェイ、俳優クリストファー・ゲスト、そしてカメオ出演の医師ジェイソン・ベイトマン、バーテン役のフィリップ・シーモア・ホフマン、警官のエドワード・ノートン、そして劇場の観客で一瞬登場するマイケル・ケインという、超豪華共演陣は注目。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020