4314 Movies

エヴァの告白 The Immigrant (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アメリカに移住し辛い思いをしながら懸命に生きようとする女性を描く、製作、監督、脚本ジェームズ・グレイ、主演マリオン・コティヤールホアキン・フェニックスジェレミー・レナー他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・グレイ

製作
グレッグ・シャピロ
クリストファー・ウッドロウ
アンソニー・カタガス
ジェームズ・グレイ
製作総指揮
アニエス・メントレ
ヴァンサン・マラヴァル
ブラヒム・シウア
脚本
ジェームズ・グレイ
リチャード・メネッロ
撮影:ダリウス・コンジ
編集
ジョン・アクセルラッド
カイラ・エンター
音楽:クリストファー・スペルマン

出演
エヴァ・シブルスカ:マリオン・コティヤール
ブルーノ・ワイス:ホアキン・フェニックス
オーランド・ザ・マジシャン/エミール:ジェレミー・レナー
ロージー・ヘルツ:エレーナ・ソロヴェイ
ベルヴァ:ダグマーラ・ドミンスク
エディタ・ビストリッキー:マヤ・ワンパブスキー
ヴォイテック・ビストリッキー:イリア・ヴォロック
マグダ・シブルスカ:アンジェラ・サラフィアン
トーマス・マクナリー:アントニ・コローネ
ロジャー:ディラン・ハーティガン
バンディッツ・ルースト・タート:ディーディー・ルキシー
配達の少年:ガブリエル・ラッシュ
宣教師:ケヴィン・キャノン

アメリカ/フランス 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2013年製作 117分
公開
フランス:2013年11月27日
北米:2014年5月16日
日本:2014年2月14日
製作費 $16,000,000
北米興行収入 $2,013,460
世界 $5,867,690


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1921年1月、ニューヨークエリス島
祖国ポーランド第一次大戦後の混乱(シレジア蜂起)から逃れ、叔母を頼り入国しようとしていたエヴァ・シブルスカ(マリオン・コティヤール)は、医師の診察を前に、具合の悪い妹のマグダ(アンジェラ・サラフィアン)の様子を気にする。

咳をするマグダは肺病を疑われ、半年、隔離されて、回復しない場合は強制送還されると言われる。

入国手続き中もマグダを気にするエヴァは、ポーランドでの職業を聞かれて、イギリス外交官の看護師だったと答える。

船上でトラブルを起こしたことに触れられ、それを否定したエヴァだったが、叔母夫婦の住所も存在しないと言われ、再審査と判断される。

失意のエヴァは、旅行者援助会のブルーノ・ワイス(ホアキン・フェニックス)が、英語が堪能な女性を探していることを知り、彼に声をかける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1921年1月、ニューヨークエリス島
祖国ポーランドの混乱から逃れ、叔母を頼り入国しようとしていたエヴァ・シブルスカだったが、妹のマグダが病気で隔離されてしまう。
船上で問題を起こし、叔母の住所も存在しないと言われたエヴァは再審査となり絶望する。
英語が堪能な女性を探していたブルーノは、エヴァに声をかけられ、働きたいと言う彼女の希望を聞き入れる。
実は劇場の興行主であり、踊り子達に売春もさせていたブルーノは、病気の妹を救うためだと言って説得し、エヴァも劇場で働かせる。
売春も強要されたエヴァは、ある夜、叔母エディタの家を探して見つけ、彼女に助けを求める。
しかし、船で問題を起こしたことなどを叔父に責められたエヴァは警察に連行されてエリス島に送られる。
その場で知り合った芸人のオーランドが、連れ戻しに来たブルーノの従兄だと知ったエヴァは、優しくしてくれる彼が自分を救ってくれる希望だと考えるのだが・・・。
__________

まず、インパクトのある邦題の”告白”に気をとられ過ぎると空振りしてしまう内容だ。

敬虔なカトリック教徒である主人公は、絶望の中で常に神に祈りを捧げているため、原題の”The Immigrant/移民”とするのに抵抗があるなら、せめて”エヴァの祈り”とでもした方がよいと、タイトルを考える方々は思わないのだろうか・・・。

演技、実力、人気共に誰もが認めるマリオン・コティヤールホアキン・フェニックスジェレミー・レナーの共演は注目で、主人公を翻弄する二人の男性の思惑や言動の微妙な変化が見所の作品でもある。

第66回カンヌ国際映画祭では、パルム・ドールにノミネートされた。

ドラマのキーポイントとなるエリス島のロケなども効果的に使われ、モノトーンの映像などが、その時代の雰囲気を出している。

上記のように、主人公三人の演技は見応えあるのだが、製作、脚本を兼ねるジェームズ・グレイの演出はやや単調で、どこかの”名作”を意識し過ぎているオマージュのように思えるのは私だけだろうか・・・。

苦悩する移民女性を深い演技で演ずるマリオン・コティヤール、詐欺師であるか愛ゆえの行動か・・・難しい役柄を彼らしく重々しく演ずる、主人公に手を差しのべる興行主ホアキン・フェニックス、その従兄で、同じように善悪を持ち合わせた芸人を好演するジェレミー・レナー、劇場のオーナー、エレーナ・ソロヴェイ、踊り子のダグマーラ・ドミンスク、主人公の叔母マヤ・ワンパブスキー、叔父イリア・ヴォロック、主人公の妹アントニ・コローネなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020