4237 Movies

大脱走 The Great Escape (1963)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

事実に基づいた物語で、実際にあった脱走計画を基に、1950年に発表された、ポール・ブリックヒルの体験記を映画化した作品。
ナチス・ドイツに抵抗するためのかく乱作戦として、連合軍捕虜達が計画する大量脱走を描く、製作、監督ジョン・スタージェス、主演スティーブ・マックイーンジェームズ・ガーナーリチャード・アッテンボローチャールズ・ブロンソンジェームズ・コバーンジェームズ・ドナルドドナルド・プレザンスデヴィッド・マッカラム他共演の戦争アクション大作。


アクション/アドベンチャー

スティーヴ・マックイーン / Steve McQueen 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督 ジョン・スタージェス
製作 ジョン・スタージェス
原作 ポール・ブリックヒル
脚本
ジェームズ・クラヴェル

W・R・バーネット
撮影 ダニエル・L・ファップ
編集 フェリス・ウェブスター
音楽 エルマー・バーンスタイン

出演
独房王/ヴァージル・ヒルツ:スティーヴ・マックイーン

調達屋/ボブ・ヘンドリー:ジェームズ・ガーナー
ビッグX/ロジャー・バートレット:リチャード・アッテンボロー
先任将校/ラムゼイ大佐:ジェームズ・ドナルド
偽造屋/コリン・ブライス:ドナルド・プレザンス
トンネル王/ダニー・ヴェリンスキー:チャールズ・ブロンソン
製造屋/ルイス・セジウィック:ジェームズ・コバーン
トンネル王/ウィリアム”ウイリー”ディッカース:ジョン・レイトン
収容所長/フォン・ルーゲル大佐:ハンネス・メッセマー
土処理屋/エリック・アシュレー=ピット:デヴィッド・マッカラム
情報屋/サンディ・マクドナルド:ゴードン・ジャクソン
モグラ/アーチボルド・アイヴス:アンガス・レニー
測量屋/デニス・カベンディッシュ:ナイジェル・ストック
仕立屋/グリフ:ロバート・デズモンド
白イタチ/ヴェルナー:ロバールト・グラフ
シュトラハヴィッツ:ハリー・リーヴァウワー
ハー・クーン:ハンス・ライザー

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1963年製作 172分
公開
北米:1963年7月4日
日本:1963年8月10日
製作費 $4,000,000


アカデミー賞 ■
第36回アカデミー賞
・ノミネート
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
第二次世界大戦末期。
ドイツ軍(空軍)が管理する、新設されたルフト第三捕虜収容所に、ドイツ中から集められた捕虜が到着する。

彼らは、ドイツ軍の撹乱を目的に、脱走を使命とする札付きの脱走兵の集団だった。

そして、到着するなり捕虜達は、早速、収容所の下見をして脱走の準備にとりかかる。

収容所長のフォン・ルーゲル大佐(ハンネス・メッセマー)は、 捕虜の代表、先任将校ラムゼイ大佐(ジェームズ・ドナルド)に、収容所が脱走不可能な設備だということを説明し、高待遇を約束する。

そんなトップのやり取りとは関係なく、捕虜達は早くも脱走を企てる。

調達屋のアメリカ人兵士ボブ・ヘンドリー(ジェームズ・ガーナー)は、トラックから盗める物があるかを探り、トンネル堀りのプロ、ダニー・ヴェリンスキー(チャールズ・ブロンソン)とウィリアム”ウイリー”ディッカース(ジョン・レイトン)、それにオーストラリア人の製造屋ルイス・セジウィック(ジェームズ・コバーン)や、小柄なアーチボルド・アイヴス(アンガス・レニー)らは、ソ連兵に紛れ込み脱走を企てる。

しかし、看守長シュトラハヴィッツ(ハリー・リーヴァウワー)に見つかり、その企みは失敗する。

アメリカ人兵士のヴァージル・ヒルツ大尉(スティーヴ・マックイーン)は、監視塔に死角があることに気づき、鉄条網に近づく。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
第二次世界大戦末期。
苦戦するドイツ軍は、合理化のため各地に散らばっていた捕虜を収容する、巨大施設を建設する。
そこに集められたのは脱走のプロ集団で、彼らは脱走計画のプロ”ビッグX”の指揮下で綿密な大量脱走計画を立てる。
戦地での後方撹乱は捕虜の義務であり、彼らは、昼夜の作業で脱出用のトンネルを掘り、計画は実行される。
しかし、当初の計画よりトンネルが短かったために、目標人数の1/3以下しか脱走できなかった。
脱走した捕虜達は次々に捕まり、ゲシュタポは見せしめのために50名を射殺し、自由の身となれたのは、わずか数名という結果に終わる。
しかし、後方撹乱の目的を達した捕虜達は、収容所に戻った勇者達を迎える・・・。
__________

私がまだ少年時代、映画の世界にのめり込むきっかけになった作品。

リアルタイムでは、幼すぎて見ることはできなかったものの、リバイバル公開時に劇場で見た感激は一生忘れられない。

DVDもビデオもない、テレビの洋画劇場が最盛の時代、前編後編ニ週に分けて放映されて桁外れの視聴率を記録し、紅白歌合戦に対抗できる番組などなかった頃、その裏番組にまでなったこともある、絶大な人気を誇る作品。

捕虜収容所からの生死の懸かった脱走計画を、まるでスポーツのように、軽快そして痛快に描いた、ジョン・スタージェスの演出も見事な作品。

荒野の七人」(1960)のスタッフ・キャストの多くが再び結集する中、勇ましくもテンポの良いエルマー・バーンスタインのテーマ曲は、強烈に心に残る、永遠の名曲だ。

第36回アカデミー賞では、編集賞にノミネートされた。

何度捕えられても怯まない、”クーラー・キング”独房王 、今は亡きスティーヴ・マックイーンの魅力は一言では語れない。

小柄ながら、彫りの深い精悍な顔立ち、動きに無駄のないシャープな身のこなし、寡黙さに加え、ユーモアを兼ね備えた、永遠のアクション・ヒーローだ。

レーサーでもある彼は、作品中ドイツ兵を装いバイクで逃走するが、それだけでは飽き足らず、ドイツ兵を演じて、自分を追跡する役までこなしている。
(注意していると、仕草などで彼だと分かる)

因みに、マックイーンの走りに対して、ドイツ軍用BMWバイクは重過ぎるということで、トライアンフを改造したバイクが使われた。

大柄で頼もしいアメリカ人の調達屋ジェームズ・ガーナーが、偽造屋で視力を失ったドナルド・プレザンスを気遣う優しさも胸を打つ。

脱走を指揮する”ビッグX”ことバートレット役のリチャード・アッテンボローの名演も、ドラマを引き締める。

頑強に見えながら、 閉所恐怖症で弱音も吐く、トンネル・キングのチャールズ・ブロンソンは、元炭鉱夫の経験がある苦労人ならではの適役だった。

いつもマイペース、ひょうひょうとした製造屋のジェームズ・コバーンは、コミカルな演技でいい味を出している。

非情なゲシュタポ親衛隊とは対照的に、捕虜に友好的な収容所長ハンネス・メッセマーも、敵ではあるが好感が持てる役柄だった。

*他の出演者
先任将校/ラムゼイ大佐:ジェームズ・ドナルド
偽造屋/コリン・ブライス:ドナルド・プレザンス
トンネル王/ウィリアム”ウイリー”ディッカース:ジョン・レイトン
土処理屋/エリック・アシュレー=ピット:デヴィッド・マッカラム
情報屋/サンディ・マクドナルド:ゴードン・ジャクソン
モグラ/アーチボルド・アイヴス:アンガス・レニー
測定屋/デニス・カベンディッシュ:ナイジェル・ストック
仕立屋/グリフ:ロバート・デズモンド
白イタチ/ヴェルナー:ロバールト・グラフ
シュトラハヴィッツ:ハリー・リーヴァウワー
ハー・クーン(ゲシュタポ):ハンス・ライザー


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020