4502 Movies

ゴーストライター The Ghost Writer (2010)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2007年に発表された、ロバート・ハリスの小説”The Ghost”を基に製作された作品。
ロバート・ハリス自身と、製作、督を兼ねるロマン・ポランスキーの共同脚色による作品で、イギリスの元首相の自叙伝執筆を依頼された”ゴーストライター”が、国家を揺るがす陰謀に巻き込まれる姿を描く、主演ユアン・マクレガーピアース・ブロスナンキム・キャトラルオリヴィア・ウィリアムズトム・ウィルキンソン他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ロマン・ポランスキー
製作総指揮:ヘニング・モルフェンター
製作
ロベール・ベンムッサ
ロマン・ポランスキー

アラン・サルド
原作:ロバート・ハリスThe Ghost
脚本
ロバート・ハリス

ロマン・ポランスキー
撮影:パヴェル・エデルマン
編集:エルヴェ・ド・ルーズ
音楽:アレクサンドル・デプラ

出演
ゴーストライター:ユアン・マクレガー

アダム・ラング:ピアース・ブロスナン
アメリア・ブライ:キム・キャトラル
ルース・ラング:オリヴィア・ウィリアムズ
ポール・エメット:トム・ウィルキンソン
シドニー・クロール:ティモシー・ハットン
リック・リカルデッリ:ジョン・バーンサル
ストレンジャー:デヴィッド・リントール
リチャード・ライカート:ロバート・パフ
ジョン・マドックス:ジェームズ・ベルーシ
マーサズ・ヴィニヤードの老人:イーライ・ウォラック

イギリス/ドイツ/フランス 映画
配給
サミット・エンターテインメント(北米)
Optimum Releasing(イギリス)
2010年製作 128分
公開
イギリス:2010年4月16日
北米:2010年3月19日
日本:2011年8月27日
製作費 $45,000,000
北米興行収入 $15,541,550
世界 $60,222,300


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン
ゴーストライター(ユアン・マクレガー)は、エージェントのリック・リカルデッリ(ジョン・バーンサル)から、元イギリス首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝の執筆の仕事を知らされる。

ハードな仕事に、前任者がフェリーから転落して溺死したことなどを知らされ、ライターは気が進まない。

”ラインハルト”(出版社)ニューヨーク支部のジョン・マドックス(ジェームズ・ベルーシ)とラングの弁護士シドニー・クロール(ティモシー・ハットン)に、リックと共に面会したライターは、自分の考えを率直に伝え
執筆担当者に決まる。

...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
イギリスの元首相アダム・ラングの、自叙伝  執筆を依頼されたゴーストライターは、ラングの滞在先の、アメリカ東部の島マーサズ・ヴィニヤードに向う。
その頃、任期中のラングが、特殊部隊を使いアルカイダを捕らえてCIAに引渡し、その後、拷問の末に死亡者まで出たという疑惑が発覚する。
ロンドンで暴漢に襲われていたライターは、前任者も謎の溺死を遂げたということもあり、スキャンダルも合わせ、不安を抱えながら、ラングの邸宅で、アシスタントのアメリアや妻ルースに迎えられる。
ラングも出張先から戻り、早速、インタビューを交えて執筆を始めたライターだったが、疑惑は発展し、元外相のライカートが、国際刑事裁判所に、調査を依頼したことが分かる。
窮地に立たされたラングは島を一旦離れるが、その間にライターは、前任者が残した資料を発見する。
そしてライターは、ラングには、隠された過去があることを知り、彼に疑いを抱くのだが・・・。
__________

人気のあった英首相のスキャンダルを発端にした、国家権力の陰謀をスリリングに描く、70歳も半ばの鬼才ロマン・ポランスキーが、力感溢れる演出に加え、皮肉を加えた軽妙なタッチで描く、骨太のドラマにも仕上がっている。

舞台はアメリカではあるが、東部マサチューセッツ州の”マーサズ・ヴィニヤード”という設定が、どことなくイギリス風でもある。
恐ろしい陰謀を描いてはいるが、イギリス人らしい、ウィットに富んだ気の利いたジョークなども楽しめる。

世界を、自分の都合のよいように動かそうとするアメリカが、同盟国イギリスを利用してそれを実行しようとしていたという、両国傲慢さを批判する、強烈な皮肉が込められたクライマックスの展開も興味深い。

名前が明記されないところが、陰謀の渦に巻きこなれていく主人公として、地味な役柄でいて、余計にその存在感が際立つ”ゴーストライター”を好演するユアン・マクレガー、スキャンダルの渦中の中心人物として、全ての陰謀の生贄的に抹殺されるイギリス元首相ピアース・ブロスナン、クライマックスで、衝撃の事実が分かる、その妻オリヴィア・ウィリアムズ、彼女を操る黒幕的存在の教授役トム・ウィルキンソン、元首相のアシスタント、キム・キャトラル、元首相の弁護士ティモシー・ハットン、終始ジョークばかり口にする主人公のエージェント、ジョン・バーンサル、主人公の周辺を探る謎の男で暗殺者のデヴィッド・リントール、元外相ロバート・パフ、出版社のジェームズ・ベルーシ、そして、90歳も半ばで元気な姿を見せてくれるイーライ・ウォラックが、島の老人役で登場するのは実に嬉しい。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021