4352 Movies

幽霊西へ行く The Ghost Goes West (1935)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

一族の恥と思われ戦死しても昇天できない城主の息子が幽霊となって巻き起こす騒動を描く、監督、脚本ルネ・クレール、主演ロバート・ドーナットジーン・パーカーユージン・パレット他共演による、ファンタジー・タッチのロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ルネ・クレール
製作:アレクサンダー・コルダ
原作:エリック・コウン”Sir Tristram Goes West”
脚本
ルネ・クレール

ジェフリー・カー
ラヨス・ビロ
ロバート・E・シャーウッド
撮影:ハロルド・ロッソン
編集
ヘンリー・コーンリウス

ハロルド・アール=フィッシュバッカー
音楽:ミシャ・スポリアンスキー

出演
マードック・グローリー/ドナルド・グローリー:ロバート・ドーナット

ペギー・マーティン:ジーン・パーカー
マーティン:ユージン・パレット
エド・ビグロー:ラルフ・バンカー
シェパートン:エルザ・ランチェスター

マーティン夫人:イヴリン・グレッグ
科学者:ヴィクター・リエッティ
ギャヴィン・グローリー:モートン・セルテン
マクラゲン:ヘイ・ペトリー
召使い:マーク・デイリー
羊飼いの女性:パトリシア・ヒリアード

イギリス 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1935年製作 95分
公開
イギリス:1935年12月17日
北米:1936年2月7日
日本:1936年5月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
18世紀、スコットランド
グローリー家の城主ギャヴィン・グローリー(モートン・セルテン)は、マクラゲン(ヘイ・ペトリー)親子が押し入ってきたために、戦場に向かうと言う彼らに息子マードック(ロバート・ドーナット)が出征すると伝える。

息子達と共にマードックを軽蔑し、戦場に向かうのは遠慮してもらいたいと言うマクラゲンは、マードックは女遊びに忙しいはずと指摘して嘲り笑う。

息子共々、腰抜けだと言われたグローリーは、マクラゲン親子を追い払う。

マクラゲンの言う通り女達と戯れていたマードックは、父に呼ばれたため城に戻る。

グローリーから剣と盾を渡されたマードックは、敵のイングランドよりもマクラゲン家の者達を倒すよう父に言われて戦場に向かう。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
18世紀、スコットランド
女遊びに夢中の城主の息子マードック・グローリーは、イングランドとの戦いには祖国の恥となるため、出征を遠慮するようにとマクラゲン親子に言われる。
憤慨した城主グローリーはマードックを呼び、敵よりもマクラゲンを倒すよう命じ息子を出征させる。
ところが、マードックは戦場であえなく戦死してしまい、情けない死に方をしたため、幽霊となり下界をさ迷うよう先に逝った父に命ぜられる。
マクラゲンに謝罪させるまで昇天させないと言われたマードックは、幽霊として城に留まることになる。
20世紀、アメリカの大手食品企業のオーナー、マーティンは、グローリー城を購入して解体し移送して帰国することを考える。
幽霊に興味を持つマーティンの娘ペギーとドナルドは惹かれ合うようになる。
そして、解体された城と共に、幽霊のマードックもアメリカに向かうことになるのだが・・・。
__________

アレクサンダー・コルダに招かれたルネ・クレールイギリスで撮った作品。

18世紀のスコットランドを舞台にして、互いに頑固なライバル一族の対立から始まる物語は、時代が変わり20世紀のアメリカに場所を移し、物事全てをビジネスとして考える商魂逞しい者達の対立となる展開が実に面白い。

また、一族同士ののどかな対立が、200年が経過した近代国家アメリカで巻き起こる騒動により、一気にハリウッド的なゴージャスな雰囲気になるサービス精神満載の作品でもある。

常に微笑みながら鑑賞できる観客の気持ちが伝わってくるような、全てが丸く収まるクライマックスに至るまで、ルネ・クレールの流れるような軽快な演出が堪能できる作品。

主人公の幽霊と現代の城主を飄々と演ずるロバート・ドーナット、主人公を愛する富豪令嬢で、ジーン・アーサーを思わせる顔立ち、またその笑顔が印象的なジーン・パーカー、その父親を愉快に演ずるユージン・パレット、彼のライバルであり主人公と対立する一族の末裔だったラルフ・バンカー、城の完成披露パーティーに出席する女性エルザ・ランチェスター、マーティン(ユージン・パレット)の妻イヴリン・グレッグ、科学者ヴィクター・リエッティ、主人公の父で先祖でもある城主モートン・セルテン、対立する一族の家長ヘイ・ペトリー、グローリー家の召使いマーク・デイリー、羊飼いの女性パトリシア・ヒリアードなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020