5185 Movies

女王陛下のお気に入り The Favourite (2018)

18世紀初頭のイングランド王国を舞台に、統治能力のない女王をコントロールしようとする2人の女官の駆け引きと愛憎を描く、製作、監督ヨルゴス・ランティモス、主演オリヴィア・コールマンエマ・ストーンレイチェル・ワイズニコラス・ホルト他共演の歴史ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト
監督:ヨルゴス・ランティモス
製作
セシ・デンプシー
エド・ギニー
リー・マジデイ
ヨルゴス・ランティモス
脚本
デボラ・デイヴィス
トニー・マクナマラ
撮影:ロビー・ライアン
編集:ヨルゴス・モヴロプサリディス

出演
アン女王:オリヴィア・コールマン
アビゲイル・ヒル/アビゲイル・マシャムエマ・ストーン
マールバラ公爵夫人サラ・チャーチルレイチェル・ワイズ
ロバート・ハーレー初代オックスフォード=モーティマー伯):ニコラス・ホルト
サミュエル・マシャム大佐(初代マシャム男爵):ジョー・アルウィン
シドニー・ゴドルフィン初代ゴドルフィン伯):ジェームズ・スミス
ジョン・チャーチル初代マールバラ公):マーク・ゲイティス
メイ:ジェニー・レインズフォールド
メグ夫人:ジェニファー・ホワイト
サリー:リリー=ローズ・スティーブンス

イギリス/アイルランド/アメリカ 映画
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
2018年製作 120分
公開
イギリス:2019年1月1日
北米:2018年11月23日
日本:2019年2月15日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $34,366,780
世界 $95,918,710


アカデミー賞
第91回アカデミー賞
・受賞
主演女優賞(オリヴィア・コールマン
・ノミネート
作品・監督
助演女優(エマ・ストーン/レイチェル・ワイズ
脚本・撮影・美術・衣装デザイン・編集賞


ストーリー
18世紀初頭。
イングランド王国フランス王国戦争状態にあり、アン女王(オリヴィア・コールマン)は体調を崩していた。
女王は国の統治に関心を示さず、流産や幼児期に亡くなった子供の代代わりに17羽のウサギを飼い、ジョン・チャーチル/初代マールバラ公マーク・ゲイティス)が軍を率いて戦っているのにも拘らず、アヒルのレースなどを楽しむ日々を送っていた。
女王の親友で側近、そしてそれ以上に深い関係にあるマールバラ公爵夫人サラ・チャーチルレイチェル・ワイズ)は、女王への影響力を利用して国を統治していた。
サラの従妹で、上流階級ではあったが今は貧しいアビゲイル・ヒルエマ・ストーン)が、仕事を求めて宮廷を訪れる。
サラに挨拶したアビゲイルは、使用人として雇われる。
戦費を集め女王をコントロールしようとするサラだったが、地主階級の代表として、戦争資金のための固定資産税増額に反対する野党の政治家ロバート・ハーレー初代オックスフォード=モーティマー伯)(ニコラス・ホルト)によって、それを邪魔されそうになる。
ある日アビゲイルは、女王が痛風で苦しむ姿を見て、森の中でハーブを採取し、女王の炎症を起こした脚に塗り傷みを和らげようとする。
それを知ったサラアビゲイルの行為やめさせるものの、女王の傷みが和らいだことを知る。
アビゲイルは罰として鞭打たれるが、それを止めたサラは、女王が楽になったことを伝えれ彼女に感謝する。
上流階級から身を落としたアビゲイルから、15歳の時に父親が彼女を賭けて負けてしまったことを知ったサラは、彼女を気の毒に思う。
アビゲイルが気に入ったサラは、彼女に個室を与えて自分の侍女にする。
アビゲイルは、森でも見かけた若い貴族サミュエル・マシャム大佐/初代マシャム男爵ジョー・アルウィン)が気になる存在になる。
その後サラは、ハーレーに倍額の納税を義務付ける女王の書簡を渡し、激怒する彼を相手にしない。
舞踏会の夜、女王はサラが踊る姿を見て機嫌を損ね、ハーレーに増税は過ちだったと伝える。
女王に謝罪したサラは、彼女と寝室に向かい愛し合い、アビゲイルがそれに気づいてしまう。
ハーレーに出くわしたアビゲイルは、サラ、女王そして首相のシドニー・ゴドルフィン/初代ゴドルフィン伯ジェームズ・スミス)に関する情報を求められるものの、サラには恩があるためにそれを拒む。
アビゲイルからその件を聞いたサラは、秘密を守ると言う彼女が自分と女王の関係を知っていることに気づく。
サラは、裏切りは許されないと言ってアビゲイルに警告すると共に、彼女のことを警戒し始めるのだが・・・。


解説 評価 感想

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア The Killing of a Sacred Deer」(2017)などで知られるギリシャ出身のヨルゴス・ランティモスが製作を兼ねて監督し、主演はオリヴィア・コールマンエマ・ストーンレイチェル・ワイズニコラス・ホルトなどが共演した作品。

18世紀初頭のイングランド王国を舞台に、統治能力のないアン女王をコントロールしようとする2人の女官サラ・チャーチルアビゲイル・ヒルの駆け引きと愛憎を描く歴史ドラマ。

舞台となる宮廷の撮影は”ハットフィールド・ハウス”で行われ、絢爛豪華なセットと共にその映像の美しさは必見だ。

また、衣装の素晴らしさも話題になったが、担当したサンディ・パウエルは、アビゲイルの衣装をより大胆なデザインにすることで、彼女が徐々に権力を手中にしようとする雰囲気を画面で強調しているところも注目だ。

豪華スター競演と共に、上記のようにセットデザインなどのこだわりがうかがえる作品ではあるが、製作費は1500万ドルに抑えられ、北米興行収入は約3400万ドル、全世界では1億ドルに迫る記録を残した。

女王の寵愛を得ようとする2人の女官の熾烈な闘いがテーマの作品の中で、体調を崩しながら2人に翻弄されるアン女王を演じたオリヴィア・コールマンの演技は称賛された。

第91回アカデミー賞では、その オリヴィア・コールマンが主演女優賞を受賞し、作品賞以下9部門にノミネートされた。
・ノミネート
作品・監督
助演女優(エマ・ストーン/レイチェル・ワイズ
脚本・撮影・美術・衣装デザイン・編集賞

女王をコントロールしようとする2人の女官を見事に演ずる、アビゲイル・ヒル/アビゲイル・マシャムエマ・ストーンと、マールバラ公爵夫人サラ・チャーチルレイチェル・ワイズの駆け引きと激しいバトルは見ものだ。

あくまで平和交渉を望み、地主階級の代表として戦費のための増税に反対する政治家ロバート・ハーレー初代オックスフォード=モーティマー伯)のニコラス・ホルトアビゲイル・ヒルと惹かれ合い後に結婚する貴族サミュエル・マシャム大佐(初代マシャム男爵)のジョー・アルウィン、首相シドニー・ゴドルフィン初代ゴドルフィン伯)のジェームズ・スミスサラ・チャーチルの夫であるジョン・チャーチル初代マールバラ公)役マーク・ゲイティス、娼館の女主人ジェニー・レインズフォールドなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022