4238 Movies

アイズ The Eye (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2002年の香港シンガポール合作映画「The EYE」のハリウッド版リメイク作品。
視力を回復した盲目のバイオリニストが、霊視能力のあった角膜のドナーの細胞記憶による幻覚に悩まされる姿を描く、主演ジェシカ・アルバアレッサンドロ・ニヴォラパーカー・ポージーラデ・シェルベッジアクロエ・グレース・モレッツ他共演、監督ダヴィド・モローザヴィエ・パリュによるサスペンス・ホラー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

クロエ・グレース・モレッツ / Chloë Grace Moretz / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督
ダヴィド・モロー

ザヴィエ・パリュ
製作
ポーラ・ワグナー
ドン・グレンジャー他
製作総指揮
マイケル・エリオット

ピーター・チャン
ロイ・リー
原作
オキサイド・パン
ダニー・パン
ジョージョー・ホイ
脚本:セバスチャン・グティエレス

撮影:ジェフリー・ジャー
編集:パトリック・ルシエ
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
ジェシカ・アルバ:シドニー・ウェルズ
アレッサンドロ・ニヴォラ:ポール・フォークナー
パーカー・ポージー:ヘレン・ウェルズ
ラデ・シェルベッジア:サイモン・マキュロー
フェルナンダ・ロメロ:アナ・クリスティナ・マルティネス
レイチェル・ティコティン:ローザ・マルティネス
オッバ・ババタンデ:ハスキンズ医師
クロエ・グレース・モレッツ:アリシア・マイルストン
タムリン・トミタ:チェン夫人

アメリカ 映画
配給
ライオンズゲート
Paramount Vantage
2008年製作 96分
公開
北米:2008年2月1日
日本:2008年11月1日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $31,397,500
世界 $56,964,640


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
シドニー・ウェルズ(ジェシカ・アルバ)は、5歳で失明するもののバイオリニストとして成功し、現在は何不自由ない生活を送っていた。

姉ヘレン(パーカー・ポージー)に勧められた、角膜移植手術を明日に控え、シドニーは眠れない夜を過す。

無事手術が成功したシドニーは、脳手術をする予定の少女アリシア・マイルストン(クロエ・グレース・モレッツ)と親しくなる。

やがて、目にあてがっていたガーゼが取れたシドニーは、ぼんやりとではあるが視力は回復し、ヘレンと共に全快に希望を抱く。

その夜シドニーは、同じ病室の患者が誰かに連れて行かれ、女性の姿も目撃するが、現実か幻覚かが不明のままだった。

順調に回復するシドニーは、担当医のハスキンズ医師(オッバ・ババタンデ)から、専門医ポール・フォークナー(アレッサンドロ・ニヴォラ)を紹介される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
幼い頃に視力を失ったものの、バイオリニストとして成功したシドニー・ウェルズは、現在では何不自由ない生活を送っていた。
姉ヘレンに勧められた、角膜移植手術に成功し、シドニーは全快への希望を抱く。
視力は回復するものの、シドニーには幻覚のようなものが見えてしまい、演奏活動にも集中できなくなってしまう。
その後も、次々と現れる幻覚に悩まされるシドニーは、角膜のドナーの細胞記憶が、移植された者に伝わるとい情報を入手する。
そしてシドニーは、自分に角膜を提供したドナーを捜し、メキシコに向かうことになるのだが・・・。
__________

トム・クルーズが製作権を得て、主演レニー・ ゼルウィガーで製作が決まっていたのだが、ゼルウィガーの降板で、映画会社他全てが変更された経緯がある。

恐怖を煽るシーンは多々あるが、それほど強烈ではなく、自分に起きる奇怪な現象に、真正面から立ち向かう、主人公の人間的成長も繊細に描いているところも注目だ。

細胞記憶が物語のキーポイントとなり、セクシー女優のジェシカ・アルバが、体当たりの演技を見せるところが興味深い。

有名なバイオリニストという設定だが、その役作りなどハリウッド作品にしては、やや徹底さを欠いている。
シリアスな役柄を無難にこなしたジェシカ・アルバだが、ラジー賞にノミネートされてしまった。

最初は懐疑的だったものの、主人公を献身的に支える専門医アレッサンドロ・ニヴォラ、姉役のパーカー・ポージー、指揮者のラデ・シェルベッジア、ドナーのフェルナンダ・ロメロ、その母レイチェル・ティコティン、執刀医役のオッバ・ババタンデ、病院で出会う少女クロエ・グレース・モレッツ、幻覚で出てくる少年の母親でタムリン・トミタも端役として登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020