4506 Movies

ウェールズの山 The Englishman Who Went Up a Hill But Came Down a Mountain (1995)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

地元の誇りを”丘”と判断された村人達が、一致団結してそれを”山”にしようとする奮闘を描く、監督、脚本クリストファー・マンガー、主演ヒュー・グラントタラ・フィッツジェラルドコルム・ミーニイイアン・マクニース他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:クリストファー・マンガー
製作:サラ・カーティス
製作総指揮:サリー・ヒビン
脚本:クリストファー・マンガー

撮影:ヴァーノン・レイトン
編集:デヴィッド・マーティン
音楽:スティーヴン・エンデルマン

出演
レジナルド・アンソン:ヒュー・グラント

”ベティ”エリザベス:タラ・フィッツジェラルド
”好色”モーガン:コルム・ミーニイ
ジョージ・ガラード:イアン・マクニース
”戦争ショック”ジョニー:イアン・ハート
”石油店”ウィリアムズ:ロバート・パフ
ロバート・ジョーンズ牧師:ケネス・グリフィス

イギリス 映画
配給 ミラマックス

1995年製作 99分
公開
イギリス:1995年8月4日
北米:1995年5月12日
日本:1996年5月11日
北米興行収入 $10,904,930


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1917年、ウェールズ
日曜日、イングランド人の測量技師レジナルド・アンソン(ヒュー・グラント)と上司ジョージ・ガラード(イアン・マクニース)がある村に到着する。

男達は戦場に行き、残った村人は”好色”モーガン(コルム・ミーニイ)以外は礼拝堂にいた。

礼拝堂にいた子供達はなぜかモーガンに似ていたが、皆は気にしなかった。

ロバート・ジョーンズ牧師(ケネス・グリフィス)は、説教で、戦争と名前は出さなかったがモーガンを批判した。

アンソンとガラードは、パブも経営するモーガンの宿に泊まることになり、地図を作るために測量に来たことを伝える。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1917年、ウェールズ
イングランド人の測量技師レジナルド・アンソンと上司ガラードは、ある村に到着し、人々が誇りに思う”山”フュノン・ガルウを知る。
305mないと山とは認められないことを知った宿屋とパブの経営者モーガンは、1回目の測量で280mというガラードの推測を聞きショックを受ける。
その後の二人の測量の結果、フュノン・ガルウは299.9mの”丘”であると断定される。
村の誇りが失われる緊急事態になり、ジョーンズ牧師は嘆願書の提出を考えるが、モーガンは、フュノン・ガルウの高さを上げることを提案する。
村人全員の作業参加を条件に牧師はそれに賛成し、モーガンは、アンソンとガラードの足止め工作を実行する。
更にモーガンは、関係のあるメイドのベティをカーディフから呼び寄せ、アンソンとガラードの相手をさせる。
そんな村人の考えを知ったアンソンは、人々の考えに共感し始めるのだが・・・
__________

監督と脚本を担当するクリストファー・マンガーが、幼い頃に聞いたという話を基に製作された作品。

イギリス映画お得意の”住民奮闘人情”ドラマとして非常に楽しい作品で、同じイギリスでありながら、イングランド人に対するウェールズ人の対抗心や、双方の気質などが軽妙に描かれた内容になっている。

ラストの感動を一言で表現する、原題の”The Englishman Who Went Up a Hill But Came Down a Mountain”(丘を登り山を下りたイングランド人)というタイトルが実にいい。

”大”は必ずしも”小”に勝るとは考えず、権力などに屈しない、自分達の”誇り”を大切にする国民性などを参考にしたい作品でもある。

測量技師であり、誠実なはにかみ屋の青年を好感度抜群で演ずるヒュー・グラント、彼と親交を深めるメイドのタラ・フィッツジェラルド、女好きの宿屋の主人として出色の怪演見せるコルム・ミーニイ、主人公の上司イアン・マクニース、戦争でショックを受けた青年イアン・ハート、石油店の主人ロバート・パフ、そして、命懸けで村の誇りを守ろうとするケネス・グリフィスの名演も光る。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021