4263 Movies

第九軍団のワシ The Eagle (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1954年に発表された、ローズマリー・サトクリフの歴史冒険小説”第九軍団のワシ”(児童文学)を基に製作された作品。
ローマ帝国及びブリタニア民族を描く一連作品の第一作目。
西暦120年に忽然と消息を絶ったローマ帝国第九軍団の指揮官を父に持つ兵士が、家名の名誉回復のために、ローマ、そして軍団の象徴である紋章の”ワシ”を取り戻すまでを描く、監督ケヴィン・マクドナルド、主演チャニング・テイタムジェイミー・ベルドナルド・サザーランドマーク・ストロング他共演の歴史サスペンス・ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

マーク・ストロング / Mark Strong / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ケヴィン・マクドナルド
製作総指揮
テッサ・ロス

マイルズ・ケトリー
チャールズ・ムーア
製作:ダンカン・ケンワージー
原作:ローズマリー・サトクリフ第九軍団のワシ
脚本:ジェレミー・ブロック

撮影:アンソニー・ドッド・マントル
編集:ジャスティン・ライト
音楽:アトリ・オーヴァーソン

出演
マーカス・フラヴィウス・アクイラ:チャニング・テイタム

エスカ:ジェイミー・ベル
アクイラ:ドナルド・サザーランド
グアーン/ルキウス・カイウス・メテラス:マーク・ストロング
シール族の息子:タハール・ラヒム
ルトリウス:デニス・オヘア
クローディアス・マルセリウス:デイキン・マシューズ
セリヴィウス・プラシダス:ピップ・カーター
シール族の族長:ネッド・デネヒー

アメリカ/イギリス 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(北米)
フォーカス・フィーチャーズ(イギリス)
2011年製作 114分
公開
北米:2011年2月11日
イギリス:2011年3月25日
日本:2012年3月24日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $19,490,040
世界 $27,122,000


*詳細な内容、結末が記載されています。

ストーリー ■
西暦120年。
ローマ帝国第九軍団は、ブリタニア北部に出撃するものの、帰還しなかった。

5000人の兵士と共に、軍団の紋章のワシも消えた。

ローマ皇帝ハドリアヌス”は、北部との断絶を決めて”長城”を建設し、その先はこの世の果てと呼ばれた。

20年後、ブリタニア
第九軍団を指揮した父と同じく兵士となった、第二軍団第四大隊長(百人隊長)マーカス・フラヴィウス・アクイラ(チャニング・テイタム)は、現地の砦に到着する。

守備隊長代理ルトリウス(デニス・オヘア)は、部隊の到着が待てずに、隊長が出発したことをマーカスに伝える。

砦の兵士達は、ワシと5000人もの軍団兵と共に消えた、不名誉な指揮官を父に持つマーカスを見下す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
西暦120年、アクイラ率いるローマ帝国第九軍団ブリタニア北部に出撃して、5000名の兵士と紋章の”ワシ”と共に消息を絶つ。
20年後、アクイラの息子マーカスは、父と同じ軍人となり、百人隊長としてブリタニアに赴任する。
マーカスは、汚名を着せられた父の名誉回復を誓うのが、蛮族との戦いで負傷し名誉除隊となる。
叔父アクイラの元で静養していたマーカスは、ブリガンテス族の奴隷エスカの命を助ける。
その後、回復したマーカスは、第六軍団軍団長クローディアスから、ワシが蛮族の神殿に飾られているという噂を聞く。
マーカスは、父の汚名を晴らすべく、エスカを伴い”ハドリアヌスの長城”を越え、この世の果てと言われる北の地に向かい、ワシを取り戻そうとするのだが・・・。
__________

原作が児童文学だけあり、勇気、民族を越えた友情や冒険などが描かれて入るが、第九軍団や、その象徴である紋章”ワシ”が消息を絶った謎に向かって進行する、サスペンスとして楽しめる作品。

若手や実力派、ベテランが揃った魅力的なキャスティングも含め、史劇としては異色作ではあるがファンには嬉しい内容だ。

舞台となるスコットランド及びハイランド地方の自然を映し出す、美しい映像なども注目。

また、ローマ軍団伝統の戦術や衣装なども見事に再現され、大作ではないが手抜きのない仕上がりになっている。

第九軍団の記録が消えるは、本作の舞台設定、ローマ皇帝ハドリアヌス”より後年の”マルクス・アウレリウス”の時代と言われるが、”ハドリアヌスの長城”を絡め北部民族との対立、この世の果てで起きる事件が、ドラマにミステリアスな雰囲気を漂わせる。

続編ができそうな、ラストの主人公二人のやり取りが気になる。

父の汚名を晴らすために戦い続ける、誇り高きローマ軍団兵を熱演するチャニング・テイタム、彼を決して裏切らない奴隷を好演するジェイミー・ベル、主人公の叔父役ドナルド・サザーランド第九軍団の生き残りマーク・ストロング、主人公らを襲う部族長(ネッド・デネヒー)の息子タハール・ラヒムローマ軍団守備隊長代理デニス・オヘア、第六軍団の軍団長のデイキン・マシューズ、その部下ピップ・カーター等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020