4237 Movies

ダーティハリー5 The Dead Pool (1988)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

サンフランシスコ市警のはみだし刑事ハリー・キャラハンが、謎のゲーム”デッド・プール”が絡む連続殺人のを解決するまでを描く、主演クリント・イーストウッド、監督バディ・ヴァン・ホーンパトリシア・クラークソンリーアム・ニーソンジム・キャリー共演による犯罪アクション・シリーズの第5作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧
クリント・イーストウッド / Clint Eastwood / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:バディ・ヴァン・ホーン
製作:デヴィッド・ヴァルデス
原案
ダーク・ピアソン

サンディ・ショウ
脚本:スティーヴ・シャロン
撮影:ジャック・N・グリーン
編集:ロン・スパング
音楽:ラロ・シフリン

出演
ハリー・キャラハン:クリント・イーストウッド

サマンサ・ウォーカー:パトリシア・クラークソン
ピーター・スワン:リーアム・ニーソン
アル・クワン:エヴァン・C・キム
ハーラン・ルーク:デヴィッド・ハント
ジョニー・スクエアーズ:ジム・キャリー
ドネリー警部:マイケル・キュリー
アッカーマン警部補:マイケル・グッドウィン
ルー・ジァネロ:アンソニー・チャルノータ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1988年製作 91分
公開
北米:1988年7月13日
日本:1988年9月
北米興行収入 $37,903,300


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
サンフランシスコ市警察殺人課の刑事ハリー・キャラハン(クリント・イーストウッド)は、マフィアのボス、ルー・ジァネロ(アンソニー・チャルノータ)を捕らえ刑務所送りにする。

その結果、キャラハンはギャングに狙われ、それに対抗し容赦なく相手を倒す彼は、騒動を起し続けることを上司のドネリー警部(マイケル・キュリー)に非難される。

内勤に回されるところだったキャラハンは、ジャネロ逮捕の功労者でもあったために粗末にも扱えず、ドネリーとアッカーマン警部補(マイケル・グッドウィン)は、中国系のアル・クワン刑事(エヴァン・C・キム)と組ませて彼にキャラハンの監視をさせる。

映画監督のピーター・スワン(リーアム・ニーソン)は、ドラッグ中毒のロック・シンガー、ジョニー・スクエアーズ(ジム・キャリー)に手を焼いていた。

そのジョニーが、トレーラー・ハウス内で何者かに殺害され、捜査を始めたキャラハンは、スワンから彼の様子などを聞く。

キャラハンは、テレビ・リポーターのサマンサ・ウォーカー(パトリシア・クラークソン)らの取材をかわすが、しつこい彼女らのカメラを奪い壊してしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
ダーティハリー」(1971)
・「
ダーティハリー2」(1973)
・「
ダーティハリー3」(1976)
・「
ダーティハリー4」(1983)
・「
ダーティハリー5」(1988)

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ市警殺人課の刑事ハリー・キャラハンは、マフィアのボス、ジャネロを逮捕し刑務所送りにして功労者となる。
その結果、キャラハンはジャネロの部下に命を奪われて騒動を起し、上司ドネリー警部らにその行過ぎた行動を非難される。
キャラハンは、中国系の刑事クワンを監視役につけられ、映画監督スワンが手を焼いていた、ロック・シンガー殺害事件の捜査を始める。
キャラハンはスワン及びその周辺に探りを入れ、マスコミの加熱取材が続く中、彼は女性テレビ・リポーターのウォーカーと親交を持つようになる。
やがて、ウォーカーの取材で、スワンらが、”デッド・プール”という、有名人の死亡予想のゲームをしていたことが分かり、ジョニーもそのリストに載っていた。
スワンを怪しむキャラハンだったが、次の殺人が起き、彼はそのリストに自分の名も載っていることを知る・・・。
__________

もはや、クリント・イーストウッド、そして”ハリー・キャラハン”の存在のみが、初期作品の余韻を残す内容であるものの、年齢を重ね、さらに過熱気味の主人公の荒っぽい行動など、見せ場も多い作品でもある。

60歳に近づくイーストウッドは、ギャングの襲撃にも全く動じない、相変わらずのタフ振りで、自分が刑務所に放り込んだ、マフィアのボスに脅しをかける場面などは痛快だ。

それに加え、公開当時は若手だったパトリシア・クラークソンリーアム・ニーソン、そしてわずかな出演ながら印象に残るジム・キャリーの出演は、今見ると実に興味深い。

美しいパトリシア・クラークソンは、まだ20代にも拘らず、大スターのイーストウッドを相手に貫禄さえ感じる演技を見せる。

既にキャリア十分ではあったリーアム・ニーソンを初めて注目したのは本作で、演技よりも、線はまだ細いが、長身のイーストウッド(193cm)とほぼ同じ体格だったことなどが、当時、妙に印象に残った。

ジム・キャリーはメイクをしているので、今見ても気づかない人がいるかもしれないが、その後の彼の活躍を思うと、そのキャラクターを窺い知れる演技を見せる。

主人公の相棒エヴァン・C・キム、狂信的な映画監督のファンだった犯人デヴィッド・ハント、前作に続く主人公の上司で、警部補から警部に昇進しているマイケル・キュリー、警部補マイケル・グッドウィン、マフィアのボス、アンソニー・チャルノータなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020