4215 Movies

ダーケストアワー The Darkest Hour (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

姿の見えない侵略者に襲われた人類、それから逃れようとする青年グループの生き残りを懸けた戦いを描く、出演エミール・ハーシュオリヴィア・サールビーマックス・ミンゲラ他共演、監督クリス・ゴラックによるSFスリラー・アクション。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:クリス・ゴラック
製作総指揮:モニー・ウィルズ
製作
ティムール・ベクマンベトフ

トム・ジェイコブソン
原案
レスリー・ボーム

M・T・アーン
ジョン・スペイツ
脚本:ジョン・スペイツ
撮影:スコット・キーヴァン
編集
フェルナンド・ヴィレナ

プリシラ・ネッド・フレンドリー
音楽:タイラー・ベイツ

出演
ショーン:エミール・ハーシュ

ナタリー:オリヴィア・サールビー
ベン:マックス・ミンゲラ
アン:レイチェル・テイラー
スカイラー:ヨエル・キナマン
マトヴェイ:ゴーシャ・クツェンコ
ヴィカ:ヴェロニカ・ヴェルナドスカヤ
セルゲイ:デイト・バクタゼ

アメリカ/ロシア 映画
配給
サミット・エンターテインメント(北米)
20世紀フォックス(世界)
2011年製作 89分
公開
北米:2011年12月25日
日本:2012年12月1日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $21,426,810
世界 $64,626,790


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アメリカ人のショーン(エミール・ハーシュ)とベン(マックス・ミンゲラ)は、SNSを使ったソフトウェアを売り込むためにモスクワに向かう。

機内の停電で怖い思いをした二人は、無事に現地に到着する。

プレゼンに向かった二人だったが、ビジネス・パートナーのスウェーデン人スカイラーが、彼らのアイデアを既に売り込んでいた。

二人はその場から追い出されてしまい、仕方なく祝勝会を開く予定だったナイトクラブに向かう。

スカイラーがその場にいることを知ったショーンは、彼に嫌味を言う。

アメリカ人のナタリー(オリヴィア・サールビー)と、友人でオーストラリア人のアン(レイチェル・テイラー)に声をかけた二人は、ネット上でお互いの情報を見ていたため意気投合する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
モスクワ
SNSを利用したソフトウェアの売り込みのため、現地入りしたアメリカ人ショーンとベンだったが、ビジネス・パートナーのスカイラーにそのアイデアを奪われてしまう。
その夜、気落ちしてナイトクラブに向かったショーンとベンは、その場にスカイラーがいることを知る。
アメリカ人のナタリーと友人でオーストラリア人のアンと意気投合したショーンとベンだったが、突然の停電で店の外に出る。
その後出現した、夜空から降下する浮遊物体は、人々を襲い始めて消滅させる。
目に見えない物体は攻撃を続け、建物に戻ったショーンらは、ある部屋に数日間身を潜める。
そした、外部が静かになったことを確認したショーンらは、アメリカ大使館に向かうことを考えるのだが・・・。
__________

よくありがちな、侵略者(エイリアン)の襲撃から逃れようとする、若者達の戦いを描いた単純な作品。

それほどの恐怖、緊迫感もなく淡々と進む展開、人類は戦いに勝利し始めた・・・と締めくくられる呆気ない結末、どう見ても”B級”程度の内容だ。

しかし、赤の広場など、モスクワ市全面協力のロケは実に新鮮で、場所的には見慣れてはいるものの、無人で撮影された現地の映像など努力は窺える。

その甲斐あってか、評価はかなり低かったものの、3000万ドルの製作費を北米では回収できなかったが、全世界では約6400万ドルとまずまず健闘した。

北米興行収入 $21,426,810

若手期待の実力派として、深い演技ができるエミール・ハーシュには、役を選んでもらいたいと言いたくなるが熱演はしている。

主人公の友人マックス・ミンゲラ、主人公と共に生き残る女性オリヴィア・サールビー、その友人レイチェル・テイラー、主人公のビジネス・パートナーヨエル・キナマン侵略者に抵抗する組織のリーダー役のゴーシャ・クツェンコ、生存者の少女ヴェロニカ・ヴェルナドスカヤ、電磁波砲を発明するデイト・バクタゼなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020