4214 Movies

クレイジーズ The Crazies (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1973年に公開された、ジョージ・A・ロメロのホラー映画「ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖」のリメイク。
ある事故が原因で細菌兵器のウィルスが蔓延してしまった田舎町の恐怖を描く、主演ティモシー・オリファントラダ・ミッチェルジョー・アンダーソン他共演、監督ブレック・アイズナーによるホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:ブレック・アイズナー
製作総指揮
ジョージ・A・ロメロ

ジェフ・スコール
ジョナサン・キング
製作
マイケル・アグィラー

ディーン・ジョーガリス
ロブ・コーワン
脚本
レイ・ライト

スコット・コーサー
ジョージ・A・ロメロ
撮影:マキシム・アレクサンドル
編集:ビリー・フォックス
音楽:マーク・アイシャム

出演
デヴィッド・ダットン:ティモシー・オリファント

ジュディ・ダットン:ラダ・ミッチェル
ラッセル・クランク:ジョー・アンダーソン
ベッカ・ダーリング:ダニエル・パナベイカー
ディアドラ・ファーナム:クリスティー・リン・スミス
ビル・ファーナム:ブレット・リッカビー
ニコラス・ファーナム:プレストン・ベイリー
ホッブス市長:ジョン・アイルウォード
ビリー・バブコック:ジョー・リーガン
情報局員:グレン・モーシャワー
ベン・サンドボーン:ラリー・セダー
ケヴィン・ミラー:チェット・グリッソム
ローリー・ハミル:マイク・ヒックマン

アメリカ 映画
配給 Overture Films

2010年製作 101分
公開
北米:2010年2月26日
日本:2010年11月13日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $39,123,590
世界 $54,806,820


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アイオワ州、オグデンマーシュ。
保安官のデヴィッド・ダットン(ティモシー・オリファント)は、保安官補ラッセル・クランク(ジョー・アンダーソン)と共に高校生の野球の試合を観戦していた。

そこに、ショットガンを持った住民ローリー・ハミル(マイク・ヒックマン)がグラウンドに現れる。

デヴィッドは、ローリーに近づき銃を置くよう説得するが、銃口を向けられたため彼を射殺する。

ローリーが酒を飲んでいた可能性を指摘しつつ、デヴィッドは、彼の妻子に謝罪するものの、妻は夫が酒を止めていたと語り納得しなかった。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アイオワ州、オグデンマーシュ。
田舎町の保安官デヴィッド・ダットンは、銃を持ち野球場に突然現れた住民を射殺してしまう。
デヴィッドは、原因がアルコールだと思っていたが、その反応はでなかった。
その頃、デヴィッドの妻で町医者のジュディは、ある患者の妻に夫の異変の相談を受け、その夜、患者は妻子を襲い家ごと焼き殺してしまう。
沼地では操縦士の変死体も見つかり、飛行機は川で発見される。
デヴィッドは、川に沈んでいた軍用機の積荷の影響で、それを飲料水に使う町の住民に、異変が起きたのではないかと考え始める。
そしてデヴィッドは、市長に反対されながらも、独断で町への給水を止めてしまうのだが・・・。
__________

リメイクということなので、あまり追求し過ぎるのは酷だが、ウィルスによる人々の異変と、その原因を隠滅しようとする国家の陰謀など、目新しい内容ではない。

しかし、そのウィルスによりゾンビ化する住民達の異常さなどの描写は、本作の製作に参加するジョージ・A・ロメロらしさが十分に出ている。

もしくは、同等の内容の、その後の作品の多くは、旧作の影響を受けているとも言える。

いずれにしても、そのようなことを踏まえて観ると、より興味深く感じられる作品だ。

住民と妻の安全を確保するために、命を懸ける保安官ティモシー・オリファント、その妻で町医者のラダ・ミッチェル、ウィルスに感染してしまうものの保安官らの逃亡を助ける保安官補ジョー・アンダーソン、病院の助手ダニエル・パナベイカー、感染する住民のブレット・リッカビー、妻のクリスティー・リン・スミス、息子のプレストン・ベイリー、市長役のジョン・アイルウォード、兵士ジョー・リーガン、政府の情報局員グレン・モーシャワー、高校の校長役ラリー・セダー、最初に感染する住民マイク・ヒックマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020