4214 Movies

喝采 The Country Girl (1954)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1950年にブロードウェイ初演されたクリフォード・オデッツによる舞台劇の映画化。
息子の事故死に対する責任を苦に酒におぼれ落ちぶれてしまった元スターと彼を支える妻、そして若手演出家の関係を描く、製作、監督、脚本ジョージ・シートン、主演ビング・クロスビーグレイス・ケリーウィリアム・ホールデン共演によるヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョージ・シートン
製作
ジョージ・シートン

ウィリアム・パールバーグ
原案:クリフォード・オデッツ(戯曲)
脚本:ジョージ・シートン

撮影:ジョン・F・ウォーレン
編集:エルスワース・ホーグランド
美術・装置
ハル・ペレイラ

ロナルド・アンダーソン
サム・コマー

グレース・グレゴリー
音楽:ヴィクター・ヤング

出演
ビング・クロスビー:フランク・エルジン
グレイス・ケリー:ジョージー・エルジン
ウィリアム・ホールデン:バーニー・ドッド
アンソニー・ロス:フィル・クック
ジーン・レイノルズ:ラリー
ジョージ・チャキリス:ダンサー
ヴィクター・ヤング:指揮者

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1954年製作 104分
公開
北米:1954年12月15日
日本:1955年4月17日


アカデミー賞 ■
第27回アカデミー賞
・受賞
主演女優(グレイス・ケリー)
脚本賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ビング・クロスビー)
撮影(白黒)・美術(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークブロードウェイ
若手演出家バーニー・ドッド(ウィリアム・ホールデン)は、往年のミュージカル・スター、フランク・エルジン(ビング・クロスビー)を、新作の主演に起用するつもりで準備を進めていた。

しかし、今では酒に溺れ、かつての芸が期待できないエルジンの起用に、プロデューサーのフィル・クック(アンソニー・ロス)は苦言を呈する。

バーニーはクックを説得して、エルジンをテストするものの、彼は主役だと聞いて戸惑ってしまう。

芸の出来は良くもなかったが、バーニーはそれでもクックを説得して押し切り、エルジンの出演で納得させる。

しかし、主演の重責に耐えられる自信のないエルジンは、結果も聞かずその場を立ち去ってしまう。

その後、バーニーはエルジンの自宅を訪ね、彼の妻にしては若いジョージー(グレイス・ケリー)に迎えられる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ブロードウェイの若手演出家バーニー・ドッドは、新しい舞台に、自分が憧れた往年のミュージカル・スター、フランク・エルジンを起用しようとする。
プロデューサーのクックは、酒に溺れ、落ちぶれたエルジンの起用を渋るが、バーニーはそれを押し切る。
テストを受けたエルジンは、自分が主演だと聞き怖気づいてしまいう。
エルジンの家に向かい、彼の妻ジョージーに会ったバーニーは、どこか支配的な彼女の態度を気にする。
エルジンは、ジョージーの説得で出演を決めるものの、満足できる稽古が出来ずにいた。
バーニーは何とか舞台を成功させるのだが、妻ジョージーが、エルジンの演技の障害になっているものと決め付けてしまう・・・。
__________

本作は、不幸な事故で子供を亡くしたアル中の役者が、献身的な妻と野心のある演出家の支えで立ち直るという、よくありがちな単純な物語ではない。

年の釣り合わない夫婦の心の葛藤や、やがて惹かれ合うようになってしまう、その妻と演出家の複雑な人間関係など、ジョージ・シートンの深みのある脚本と演出が見所でもある。

第27回アカデミー賞では、主演女優(グレイス・ケリー)、脚本賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ビング・クロスビー)
撮影(白黒)・美術(白黒)

舞台劇の映画化らしい、主演の三人の演技のぶつかり合いが、非常に見応えある。

落ちぶれた役者を演じたビング・クロスビーは、彼には珍しく笑いを誘うような場面は殆どない、シリアスな演技に徹している。
ビング・クロスビーらしくないとも言えなくもないが、唄も披露してくれるし、苦しみぬく役者役は、彼の演技者としてのベストに近いパフォーマンスとも言える。

グレイス・ケリーも、クライマックス以外は、苦悩しながら夫の支えとなる、やつれた妻役という彼女としては異質とも言える役柄を演じて、アカデミー主演賞を受賞した。

ウィリアム・ホールデンは、信念を貫く野心家として、堂々と役者の妻グレイス・ケリーを奪おうとする。
最後にはそれを潔く諦めるという、厳しい世界に生きる演出家らしい人物を見事に演じきっている。

主人公の才能を、最後の成功まで認めないステージ・プロデューサーのアンソニー・ロスジョージ・チャキリスがダンサーとして端役で、本作の音楽担当ヴィクター・ヤングが、主人公がスタジオ録音する際の指揮者役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020