4238 Movies

ボディガード The Bodyguard (1992)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

シークレット・サービスと警護を依頼された大スターの関係、脅迫される彼女を守る,意志を貫く主人公の姿を描く、製作、脚本ローレンス・カスダンケヴィン・コスナーホイットニー・ヒューストン共演 、監督ミック・ジャクソンによるサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ミック・ジャクソン
製作
ローレンス・カスダン

ジム・ウィルソン
ケヴィン・コスナー
脚本:ローレンス・カスダン
撮影:アンドリュー・ダン
編集:リチャード・A・ハリス
音楽:アラン・シルヴェストリ
主題歌:ホイットニー・ヒューストンI Will Always Love You

出演
フランク・ファーマー:ケヴィン・コスナー
レイチェル・マロン:ホイットニー・ヒューストン
サイ・スペクター:ゲーリー・ケンプ
ビル・デヴァニー:ビル・コッブス
グレッグ・ポートマン:トーマス・アラナ
ニッキー・マロン:ミシェル・ラマー・リチャーズ
トニー・シペリ:マイク・スター
ヘンリー:クリストファー・バート
ハーブ・ファーマー:ラルフ・ウェイト
スキップ・トーマス:リチャード・シフ
フレッチャー・マロン:デヴォーン・ニクソン
アカデミー賞司会者:ロバート・ウール
アカデミー賞指揮者:デヴィッド・フォスター
本人:デビー・レイノルズ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1992年製作 129分
公開
北米:1992年11月25日
日本:1992年12月19日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $121,945,700
世界 $410,900,000


アカデミー賞 ■
第65回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲賞
”I Have Nothing”
”Run to You”


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
レーガン大統領の警護官だった、元シークレット・サービスでボディーガードのフランク・ファーマー(ケヴィン・コスナー)は、有名歌手でアカデミー賞候補の呼び声も高い、女優でもあるレイチェル・マロン(ホイットニー・ヒューストン)の護衛を、彼女のマネージャー、ビル・デヴァニー(ビル・コッブス)に依頼される。

レイチェルの屋敷に着いたフランクは、ビルにレイチェル、姉で付き人のニッキー(ミシェル・ラマー・リチャーズ)、他、スタッフのサイ・スペクター(ゲーリー・ケンプ)やトニー・シペリ(マイク・スター)などを紹介される。

傲慢なレイチェルの態度に、気分を害したフランクは屋敷を去ろうとするが、ビルが送られてきた脅迫状や侵入者の痕跡を知らせ彼を引き止める。

警護を引き受けることにしたフランクは、屋敷内のずさんな警備を指摘し、運転手ヘンリー(クリストファー・バート)を助手にして警備を固める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1976年にスティーヴ・マックイーンダイアナ・ロスで、1979年にも彼女とライアン・オニールの主演で企画されていた作品の映画化。

*(簡略ストー リー)
シークレット・サービスのフランク・ファーマーは、脅迫状などが送りつけられていた大スター、レイチェル・マロンの警護を依頼される。
しかし、傲慢なレイチェルと、中途半端な仕事を嫌うフランクは対立する。
その後、ある騒ぎから、レイチェルをフランクが救ったことをきっかけに、二人は心通じ合い愛し合ってしまう。
職務に徹しようとするフランクが、私的関係を断ったため、レイチェルは再び彼に嫌悪感を抱く。
だが、度重なる脅迫や、息子の危険を案ずるレイチェルは、フランクを頼るしかなかった。
フランクらは、レイチェルの命を守るため、人里離れた彼の父親の山荘に身を隠すが、事件には意外な人物が関与していることが分かる・・・。
__________

とにかく、スティーヴ・マックイーン主演の本作を見てみたかったことに尽きる作品で、風貌からして(特にヘアスタイル)マックイーンを意識したケヴィン・コスナーが、いかに彼の魅力に及ばないかが、実感できただけという程度の仕上がりだろうか。

その証拠に、本作を境に、ケヴィン・コスナーの人気は、現在に至るまで低迷を続けている。

しかし、絶頂期のケヴィン・コスナーと、映画初出演のホイットニー・ヒューストンの共演が話題になり、主題歌の”I Will lways Love You”は大ヒットして、興行収入は北米で約1億2200万ドル、全世界ではなんと約4億1100万ドルという結果となった。

I Will Always Love You”は、1974年にドリー・パートンによってリリースされている。

第65回アカデミー賞では、歌曲賞にノミネートされた。
”I Have Nothing” ”Run to You”

また、ラジー賞では、主演の二人をはじめ、作品賞など主要部門にノミネートされてしまった作品でもある。

製作も兼ねるローレンス・カスダンの脚本は、どこかしっくりこないロマンスとサスペンスとしての緊迫感も乏しく、アラン・シルヴェストリの音楽も彼にしては平凡だ。

ファンならば、何をしても許せるのだろうが、ケヴィン・コスナーの”決まり過ぎ”た演技は、見ていて気恥ずかしくなってしまう。
ドラマチックではあるが、バランスの悪いホイットニー・ヒューストンとのロマンスも頂けない。

レイチェル(H・ヒューストン)のスタッフ、ゲーリー・ケンプマイク・スター、マネージャー、ビル・コッブス、姉役のミシェル・ラマー・リチャーズ、運転手クリストファー・バート、息子デヴォーン・ニクソン、犯人トーマス・アラナ、主人公の父ラルフ・ウェイトアカデミー賞授賞式司会者のロバート・ウール、進行係のリチャード・シフ、指揮者のデヴィッド・フォスター、そして、デビー・レイノルズが本人役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020